プロメテウスのジャケット写真

映画「プロメテウス」はリドリー・スコット監督によるエイリアン作品のリブート第1弾。人類の起源を求めて、宇宙の果てに旅立ったプロメテウス号。彼らを襲ったまさかの事態とは一体何か?気になるストーリーを最後までお楽しみください!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:リドリー・スコット
脚本:ジョン・スペイツ デイモン・リンデロフ
出演:ノオミ・ラバス(エリザベス・ショウ博士) マイケル・ファスベンダー(デヴィッド) ガイ・ピアース(ピーター・ウェイランド) シャーリーズ・セロン(メレディス・ヴィッカーズ)

新たな惑星を発見

遥か昔、全身が真っ白く体が大きい巨人が崖の上でケースに入っている黒い液体を飲むと、目が黒くなり体全体が溶け始めました。そして巨人は激流の中に落ち、溶けてバラバラになった肉体のDNAが惑星に散りばめられました。

それから長い年月が過ぎ、西暦2089年考古学者のエリザベス・ショウとチャーリー・ホロウェイは壁画の遺跡を発見します。二人はこれまで発見した古代文明の壁画と見比べ、同じ惑星の位置が示されていることに気づきます。そこは人類の起源となる惑星で場所を示すメッセージの意味が込められていると二人は確信します。

ウェイランド・コーポレーションから選ばれた科学者たちは宇宙探査船「プロメテウス号」に乗り、目的の惑星に向けて出発します。乗組員が冷凍休眠をしている間はアンドロイドのデイヴィッドが航行し到着まで古代文明の言語や研究をしていました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=3x2Ufp4KaUI

LV-223に降り立った乗組員

冷凍休眠から目を覚ましたのは2093年12月21日。プロメテウス号には調査員の他にウェイランド・コーポレーションの重役で航行の責任者:メレディス・ヴィッカーズが乗っていて、彼女は乗組員に惑星で見つけた物は直ぐに報告するようにと念入りに忠告をします。

12月25日にプロメテウス号は目的地の惑星に到着します。そこは滑走路がいくつかあり、巨大な岩山を発見します。日没まであまり時間が無いと船長は制止しますが、乗組員たちは早く岩山の中を見たいという好奇心を止められず岩山へ向かいます。

中に入ってみると、そこは自然にできた構造ではなく明らかに造られたものでした。そこでデイヴィッドは映像記録装置を見つけ、見てみると全身が白く人間より大きい人物が映り込んでいました。さらに奥へと進んだ乗組員は映像に移っていた巨人の死体を発見します。そして巨大な頭の像や円筒形の容器がたくさん置かれている場所にたどり着きます。

デイヴィッドの企み

調査員たちは天候悪化のため、いったん船に戻ることになりました。その時デイビッドは他の乗組員には知らせず黙って円筒形の容器を持ち帰ります。容器の中には黒い液体が入っていて、なんとデイヴィッドはその液体をシャンパンに混ぜてホロウェイに飲ませてしまうのです。

その後部屋に戻ったホロウェイは恋仲だったショウと性交をします。翌朝、ホロウェイは身体の異変に気付きながらも調査員たちと再び岩山の中へ行きました。しかし自分で歩けないほど体調が悪化し始め調査員たちと一緒に一旦船へ戻ろうとします。しかしホロウェイの姿を見たビィッカーズは「助からない」と判断し、彼を焼き殺してしまいます。

ホロウェイが焼き殺されている場面を見たショウはそのまま気絶。その頃、単独行動をしていたデイビッドは巨人の宇宙船を発見し、冷凍休眠している巨人がいることを知ります。戻ってきたデイヴィッドは目覚めたショウに妊娠していることを知らせます。

惑星に来た本当の理由

デイヴィッドから妊娠3ヶ月と言われたショウですが、不妊体質でしかも冷凍休眠から目を覚ましたばかり、いくら10時間前に性交したからといって妊娠するのはおかしいと思いますが、ショウの体内で急速に「何か」が成長していたのです。

人間以外の生命体が宿っていると確信したショウは自動手術装置で苦しみながらその生命体を摘出をします。取り出された物体は色は白くタコのような物体で、ショウは得体の知れない生物を見て叫びながら自動手術装置の中に閉じ込めました。

その後、亡くなったと思われていた社長のウェイランドがプロメテウス号に乗っていたことが判明。姿を現したウェイランドは乗組員たちにこの惑星に来た本当の理由を明らかにします。その理由は巨人の力によって自身を老衰から救ってもらうという、なんとも身勝手なミッションだったのです。

乗組員たちもこの惑星は人類の起源を作った惑星ではなく、一瞬で死に追いやる黒い液体を実験する惑星なのではないかと感じ始めます。ショウは惑星に来たことを後悔しながらもウェイランドと調査員たちと冷凍休眠している巨人の元へ向かいます。

巨人 VS エイリアン VS 人間

デイヴィッドが冷凍休眠している巨人を目覚めさせ、ウェイランドの延命を巨人に伝えますが、突然巨人はデイヴィッドの頭部を引きちぎり、ウェイランドも殺されてしまいます。

さらに巨人は宇宙船に乗り離陸しようとします。生き残った乗組員たちは逃げようとします。ところが、ショウはデイヴィッドから「巨人は黒い液体を地球にばら撒くつもりだ」という事実を聞きます。ショウはプロメテウス号に残っていた船長に飛び立とうとする宇宙船を阻止するように説得し、船長たちも飛び立とうとしますがヴィッカーは拒否したため彼女だけ移住モジュールで脱出します。

船長たちは見事撃墜に成功し、宇宙船を破壊することに成功します。しかし、宇宙船の残骸が、脱出したヴィッカーズに当たり押しつぶされてしまいます。奇跡的に生きていたショウは酸素を求め船へ向かうと、生き残っていた巨人がショウに襲い掛かります。

ショウは閉じ込めておいた白い物体が巨大化していることに気づき、その白い物体に巨人を襲わせることに成功。なんとか、生き延びることができました。そしてショウはデイヴィッドを助け、残っていた小型宇宙船へ共に乗り、巨人たちの星を探しに向かいます。

プロメテウスの作品情報

プロメテウスのジャケット写真

レンタル開始日
2013/01/09
監督
リドリー・スコット
キャスト
ノオミ・ラバス(エリザベス・ショウ博士) マイケル・ファスベンダー(デヴィッド)
上映時間
124分
さらに詳しく見る>
プロメテウスのユーザ評価

評価数:14357件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • リドリースコットはサイコー!エンジニアの星を目指す理由が古代遺跡だったり、ストーリーの細部に納得出来ない箇所はあるが、全体的に楽しめる。宇宙船やエンジニアのエイリアン1とのつながりは完璧。
  • 女は強い!痛痛しい帝王切開バケモンの成長の早さエイリアンシリーズも大好きでCGも綺麗になってワクワクしながら観れましたきもちわるい感じも良かった。
  • かつてエイリアンで人々を恐怖の底へ突き落としたリドリー・スコット監督!プロメテウスにて再びその座に舞い戻って来てくれたが、完成した作品は残念ながらこれだ。なぜなのか理解に苦しむが、少なくともこんな映画はエイリアンファンが望んで無かった。唯一映像は素晴らしい。それだけの映画だ。

最新作「エイリアン コヴェナント」もみよう!

プロメテウスは1979年に公開された「エイリアン」より過去のストーリーです。まだエイリアンシリーズを観たことがない方は初代の大人気映画「エイリアン」も観ることをおすすめします。映像は時代を感じますが、エイリアンに人間がどんどん追い詰められていくシーンは何度観ても楽しめます。
プロメテウスはエイリアンの起源を基にしたストーリーで全3作品に分かれていて第1作品目の映画となっています。第1作目のプロメテウスから始まり第2作目「エイリアン: コヴェナント」は2017年9月15日より公開予定となっています。キャッチコピーは「絶望の、産声」。まだまだ謎に包まれたエイリアンの起源についてコヴェナントでは更に解明されていくとも言われています。第2作目のコヴェナントもお見逃しなく。

エイリアン:コヴェナントの作品情報

エイリアン:コヴェナントのジャケット写真

公開日
2017/09/15
監督
リドリー・スコット
キャスト
ジェームズ・フランコ(Branson) ガイ・ピアース(Peter Weyland)
上映時間
122分
さらに詳しく見る>
エイリアン:コヴェナントのユーザ評価

評価数:628件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

参考URL
・youtube.com