ヘアスプレー (2007)のジャケット写真

映画「ヘアスプレー」は人気ブロードウェイ・ミュージカルの映画版。スターを夢見るおデブな女の子のサクセスストーリーを軸に、シリアスな面と笑える一面がうまく散りばめられた傑作です!ジョン・トラヴォルタの演技にも是非注目してみてください!

監督:アダム・シャンクマン、脚本:レスリー・ディクソン、出演:ジョン・トラヴォルタ(エドナ・ターンブラッド) ミシェル・ファイファー(ベルマ・フォン・タッスル) ニッキー・ブロンスキー(トレーシー・ターンブラッド) クリストファー・ウォーケン(ウィルバー・ターンブラッド) クイーン・ラティファ(モーター・マウス・メイベル) ザック・エフロン(リンク・ラーキン) アマンダ・バインズ(ペニー・ピングルトン) ジェームズ・マースデン(コーニー・コリンズ)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

明るくてダンス大好き、ちょっと太めの女の子トレーシー

1962年のアメリカ・ボルチモア、ちょっと太めだけどおしゃれ大好き、元気で明るいトレーシーは、ダンスに夢中です。いつか地元のTV番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出て、憧れのリンクと共演をするのが夢です。いつものように、親友のベニーと学校から帰り「コーニー・コリンズ・ショー」を見ながらダンスをしている二人。そこに番組から新メンバー募集オーディションのお知らせがありました。

ダンスでは誰にも負けない自信があるトレーシーは、学校をさぼりベニーと共にオーディション会場へ。しかしルックス重視のプロデューサー・ベルマは、トレーシーを門前払いしてしまいます。学校をさぼったことで居残りの罰を受けたトレーシー。ところが、居残った教室には最新のステップでダンスを踊るシーウィードをはじめとした黒人生徒がたくさんいました。

※小太りながらもオシャレでキュートなトレーシー、天真爛漫で見ているだけでも元気が出ます。トレーシーの母親役は、なんと女装したジョン・トラボルタ!これは必見ですよ。

トレーシー、レギュラーの座をつかむ!

ちょっとイカしたR&Bのリズムとステップ、トレーシーは黒人生徒たちにダンスステップの教えを請います。明るい屈託のないトレーシーにシーウィードたちも意気投合、みんなノリノリでダンスを踊っていました。その姿を、「コーニー・コリンズ・ショー」のアイドルで、同じ高校に通うリンクが偶然見かけます。

リンクも大のダンス好きです。イカしたダンスを踊るトレーシーを、番組司会者コーニー主催のダンスパーティーに誘いました。有頂天になるトレーシー、パーティーでもトレーシーのダンスは際立っています。コーニーの目に留まったトレーシーは、ついに彼のスカウトで憧れ番組のレギュラーの座を掴み取りることができました。

※ヘアスプレーで髪を流行のスタイルにガチガチに固めたトレーシー、楽しそうに踊る彼女の姿につい微笑んでしまいます。

トレーシー人気をねたむ親子

レギュラー入りしたトレーシーは、その明るいキャラクターとオシャレなダンスで、あっという間に人気者になっていきます。そしてトレーシーの髪型を真似したい女の子により、スポンサー会社のヘアスプレーもバカ売れ、トレーシーグッズを売り出した父親ウィルバーの店も大繁盛です。

そんなトレーシーの活躍を良く思っていないのは、プロデューサー・ベルマと、親の威光でスターの座を保ってきたアンバー。好きだったリンクの心もトレーシーに奪われてしまったアンバーは、母親に泣きつき、トレーシーを蹴落とすために様々な手を使います。

ベルマもまた、色仕掛けでトレーシーの父親を誘惑しようとします。が、すべて失敗に終わってしまいます。見た目を気にして長年引きこもりだったトレーシーの母親エドナも、トレーシーに勇気をもらい、表に出られるようになりました。

※濃いキャラクターの母親が、トレーシーに引っ張り出され元気になっていく様子も、見ていて楽しくなります。

「ブラック・デー」撤廃を訴えるトレーシー

シーウィードの母親メイベルは、「コーニー・コリンズ・ショー」の黒人枠「ブラック・デー」の司会者です。人種差別が色濃く残っている時代、黒人が踊れるのが月に一度の「ブラック・デー」しかないことに疑問をもったトレーシーは、黒人枠・白人枠の撤廃を訴えました。

これをチャンスとみたベルマは、全ての黒人枠を消滅させメイベルたちを追い出そうとしました。

怒ったトレーシーは、メイベル・シーウィード親子を中心とした黒人たちと共に抗議デモを起こしました。しかし差別が当たり前と思っている警察に、トレーシーは終われる身となってしまいます。ベニーのところに身を隠したトレーシーでしたが、保守的なベニーの母親に地下室に閉じ込められてしまいました。

※この時代背景で勇気あるトレーシーの行動は、ちょっと社会派的な雰囲気も醸し出します。しかし正しいことは正しいと訴えるトレーシーに「頑張れ」と応援を送りたくなってしまうのです。

ミス・ヘアスプレーコンテスト、優勝は・・・?

トレーシーが警察に追われていると聞かされても、トレーシーを信じるリンク。彼は自分のトレーシーへの想いに改めて気づきますが、自分の無力さに落ち込んでいました。そのころトレーシーとベニーは、ベニーと恋仲になっていたシーウィードに救出され、メイベルたちの黒人集会所にいました。

翌日は「ミス・ヘアスプレーコンテスト」、アンバーを優勝させたいベルマはトレーシーの侵入を阻止するため、厳重な警備を敷きます。いよいよ優勝者がアンバーに決定しようとした瞬間、家族や仲間に助けられて現れたトレーシー。シーウィードの妹アイネスたちとコンテストに乗り込み、素晴らしいダンスをリンクと一緒に披露します。

そしていよいよ優勝者の発表です。「優勝者はアイネス」コーニーは高らかに発表し、今後コーニーの番組は差別撤廃することを宣言しました。優勝しなくても正しいことが通った喜び、リンクとトレーシーは熱いキスを交わしました。

※最後のシーンは、アイネスが優勝するという意外な結果でしたが、それでも彼らの勇気とトレーシーのめげない元気に拍手を送りたくなります。この映画を見ると元気が出ますよ。

ヘアスプレーの作品情報

ヘアスプレーのジャケット写真
レンタル開始日
2008/04/04
監督
アダム・シャンクマン
キャスト
ジョン・トラヴォルタ(エドナ・ターンブラッド) ミシェル・ファイファー(ベルマ・フォン・タッスル)
上映時間
117分
GEOで購入!
ヘアスプレーのユーザ評価

評価数:1275件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 前から名前は知っていて、でもミュージカル映画は…と二の足を踏んでいた作品。でも、そうしていたのを後悔するくらい最高の作品だった!
  • テーマ重いのに最高にハッピー!元気もらえるミュージカル。パワフルな歌声とノリノリなダンス見てると気分上がる!歌詞も面白くてどの曲も好き!「愛のない人生」の歌詞いいな。
  • タイトルだけ見ると、何の映画?という感じですが、中身は素敵なミュージカルでした。サイズ大きめの主人公の歌唱力に驚き!母親役のあの俳優さんにも驚き(笑)私には知らない曲ばかりでしたが、すぐにノリノリになって踊り出したくなる曲ばかり。人種問題のあたりは、楽観的すぎるだろうとは思いますが。

映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」もオススメ!

2014年公開、映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」は都会の若者が林業に就職するという、三浦しをんのベストセラー小説を映画化したものです。主役のイマドキの青年・勇気を染谷将太、林業職人・ヨキを伊藤英明が演じる、痛快な青春コメディです。大学受験で失敗し彼女にも振られた勇気は、林業募集のパンフレットに載っている美人に惹かれて、軽い気持ちで林業に応募します。しかし訪れた先は思った以上にド田舎、携帯も繋がらないし、粗野で野獣のような先輩ヨキがいるし、おまけに虫やヘビも出てくるし。何度か逃げようとしますが、電車は1日に1本だけ。結局ズルズルと居続ける間に、林業の面白さや自然の中での生活に馴染んでいくという話しです。さすが三浦しをんさんの小説らしく、会話が楽しい、キャラクターが面白い。この映画を見ると、林業に関わってみたくなりますよ。

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜の作品情報

WOOD JOB! 神去なあなあ日常のジャケット写真
レンタル開始日
2014/11/05
監督
矢口史靖
キャスト
染谷将太 長澤まさみ 伊藤英明
上映時間
116分
GEOで購入!
WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜のユーザ評価

評価数:10489件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督が、人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した青春ドラマ。あるきっかけで山奥の村で林業に従事することになった都会育ちの若者が、先輩の厳しい指導や危険と隣り合わせの過酷な林業の現場に悪戦苦闘しながら、村人たちや自然と触れ合い成長していく姿を描く。『ヒミズ』などの染谷将太をはじめ、長澤まさみ、伊藤英明、ベテラン柄本明らが共演する。
  • 木挽き歌、林業という世代幾つかを超えたスパンの仕事、ほぼ全てロケ撮影の映像美、伊藤英明の山仕事の男の荒々しさ演技良かったです。ヒロインの長澤まさみにも感情移入出来てひかれます。エンディングテーマが終わった後フェードアウト前に、いろいろ想像が広がるワンショットがあり。
  • ウォーターボーイズ等を手掛けた矢口監督の一作品だけに数多くの笑いが散りばめられた作品。木を切る職業のかっこよさを監督独自の表現で楽しめ魅せられた作品だった。面白かった。

参考URL
・youtube.com