ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のジャケット写真

ロンドンのエリート警官が異動先で起こった事件を捜査するアクション・コメディ「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」。最高のバディを繰り広げるハチャメチャ劇を心行くまでお楽しみください!

監督:エドガー・ライト、脚本:サイモン・ペッグ エドガー・ライト、出演:サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジム・ブロードベント ティモシー・ダルトン

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スーパー刑事ニコラス・エンジェル

ロンドン警察の巡査ニコラス・エンジェルは、自他ともに認めるスーパーコップ。大学を首席で卒業し、警察訓練学校でもトップの成績を修めると、配属された首都警察でも華々しい活躍を見せていました。検挙数は何と他の4倍。しかしあまりに融通の利かない優等生ぶりが煙たがられ、グロスターシャー州サンドフォードという田舎町に飛ばされることになってしまいます。

納得いかないニコラスですが、任地に着いたその晩、早速大量の未成年を飲酒で補導したり、飲酒運転しようとした男を検挙したりと大忙し。ニコラスの赴任したサンドフォードは、美しい村ナンバー1を決める「ヴィレッジ・オブ・ザ・イヤー」に何度も選ばれているという場所で、平穏そのものといった街でした。犯罪発生率は奇跡のゼロ。そんな街の警察に勤めるのは、署長のバターマン以下、やる気のない刑事トニーと発音が意味不明のウォーカー巡査、紅一点の下ネタ大好き婦警ドリスに皮肉屋の刑事コンビ・アンデス(どちらも名前がアンドリューなので)、そして署長の息子で、ニコラスが着任前に逮捕した飲酒運転男のダニーという面々です。

署内のゆるい雰囲気に面食らうニコラスですが、さらに驚いたのがサンドフォードの異様な情報網の張り巡らされ方でした。「近隣監視同盟(略称N.W.A)」と呼ばれる組織が、監視カメラを用いて街のあちこちを見張っていたのです。その中枢は警察署内にあり、連絡係が常時カメラの監視にあたっていました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DcyUZH9h5-U

事件発生…?

着任したニコラスはダニーと組んでパトロールを始めますが、ダニーは「映画みたいなアクションしたことある?」「ハートブルー観た?」などと緊張感ゼロの質問をしてばかり。たまに通報があったかと思えば、「白鳥が逃げた」といったものだけです。それでも義務感の強いニコラスは、常に集中を切らしません。そんな彼を、ダニーは尊敬のまなざしで見つめるのでした。

ある日ニコラスは、N.W.Aの会合に招待されます。メンバーは皆、善良な市民の代表といった感じの人ばかり。彼らの関心は一様に、「街の景観を守ること」という一点に注がれていました。一見平和に見えた街ですが、やがて不審な出来事が目につくようになります。スーパーで万引きに出くわしたニコラスは犯人を追跡、逮捕するものの、経営者のサイモンは起訴せずに見逃すと言います。さらに今度は凄惨な自動車事故が発生しますが、事件性を疑うニコラスに対し、署長以下同僚たちは皆一笑に付すばかりです。死亡したのはブロワーという弁護士とその愛人のイヴで、事故は二人が演劇愛好会による「ロミオとジュリエット」に出演した日の夜に発生していました。

ちなみに舞台は、観劇したニコラスも驚くほどの大参事。事故の処理に納得のいかないニコラスですが、大量の武器の不法所持(機雷含む)を取り締まったりと任務に追われます。一方徐々に打ち解けてきたニコラスとダニーは、酔った勢いで大の刑事映画ファンであるダニーのレコメンドにより、「ハートブルー」と「バッドボーイズ2バッド」を2本連続で見るという一夜を明かしていました。しかしそのころ、街では次の惨劇が…。

殺人か事故か

次の犠牲者は、冷蔵庫の商売で富を築いたマーチャントという男でした。泥酔して帰宅した彼はガスをつけっぱなしにし、豪邸もろとも吹っ飛ばされたのです。またもや事件を疑うニコラス。しかし相変わらず同僚たちからは、「殺人マニア」「ここは都会と違って皆が殺人鬼じゃねえ」などとさんざん否定されるのでした。

そんなニコラスに、地元新聞の記者ティムが接触してきます。日曜のお祭りの警備にあたるニコラスを、教会下に呼び出したティム。しかし遅れたニコラスが駆け付けてみると、頭上から落ちてきた尖塔のかけらに押しつぶされた、ティムの死体が横たわっていました。今度こそ事件と言い張るニコラスですが、証拠は何もありません。ダニーにすら「頭が固い」と言われるものの、彼を説得して背景を探ることにします。すると、死んだ人間たちには単に顔見知りという以上のつながりがあることが判明。しかしやはり、決定的な部分がわかりません。

そんな時、ダニーの誕生日プレゼントに鉢植えを買おうとしたニコラスの目前で、園芸店の主人であるレズリーが刺殺されます。犯人を追うものの、あと一歩のところで取り逃がしてしまったニコラス。

しかし彼は生前のレズリーの話から、犯人が土地開発計画を阻もうとするスーパーの経営者サイモンであるとにらみ、逮捕状を請求します。レズリーは開発予定地にある店を売って引っ越そうとしていましたが、サイモンは商売の邪魔になる開発を止めるため彼女を殺したと、ニコラスは考えたのです。他の被害者も、皆開発計画に関係した人物ばかりでした。

ところがサイモンにはアリバイがあり、逃走中足についたはずの傷もありません。それでも殺人事件を主張するニコラスに対し、バターマン署長は「君の前任者も心を病んでいた」と休養を進めます。すっかり自信をなくし宿に戻るニコラス。部屋の中には、サイモンが差し向けた殺し屋(スーパーの従業員)が待ち構えていました。

何とか襲撃を逃れたニコラスは、サイモンがいるというお城に急行します。そこにいたのは、サイモンをはじめとするN.W.Aのメンバー達。彼らの口から聞かされた事件の真相は、ニコラスの予想とは全く違ったものでした。

ニコラス・エンジェルの帰還

最初のブロワーとイヴの殺害は、彼らが常軌を逸した大根役者だったから。次のマーチャントは、景観を破壊する悪趣味な家を建てたから。新聞記者はつづりの間違いが多いからで、そしてレズリーは、有能な園芸家である彼女をよそに移したくないからだというのです。全てはサンドフォードのイメージを守ることが目的でした。

あまりに意外な真相に絶句するニコラス。さらに驚いたのは、黒幕のバターマン署長と、そしてナイフを手にしたダニーが目の前に立ちふさがった時でした。彼らの手から逃げようとしたニコラスは、地下の穴に落ちます。そこで目にしたのは、最初の日に補導した未成年者たちや、街に滞在していた大道芸人、そしてニコラスの前任者などの死体でした…。

ニコラスは追いつめられ、ダニーのナイフで胸を貫かれます。しかしこれはトリック。ダニー得意の宴会芸で、ケチャップを利用したごまかしでした。こっそりニコラスを逃がしたダニーは、N.W.Aの実態については知らなかったと言いますが、「二度と戻ってこない方がいい」と彼に警告します。失意のニコラスはロンドンに逃げ帰ろうとしますが、途中立ち寄ったコンビニで「ハートブルー」と「バッドボーイズ2バッド」のDVDを発見。何かが体内で覚醒した彼は踵を返し、再びサンドフォードへ足を踏み入れます。

署内の押収品から大量の武器を調達すると、N.W.Aに白昼堂々宣戦を布告。かくしてロンドン仕込みのスーパーコップと、田舎のおじさんおばさんたちとの壮絶な銃撃戦が開始されます。やがてダニーと、ニコラスの説得に動かされた署内の面々が合流。次々に敵を粉砕し、ついでに迷子の白鳥も保護しつつ、サイモンとバターマン署長の逮捕に成功します。

しかしニコラスをかばったダニーは銃撃され、重傷を負ってしまいます。そして1年後――バターマン家の墓にそっと花を供えるサンドフォード警察署長のニコラス。その隣には、回復したダニーの姿がありました。お墓はダニーの母親のもので、ダニーは無事生還したのです。いつものようにパトロールに出る二人の元に、「スーパーで誰かがゴミをあさっている」との無線が入ります。ニコラスは派手にハンドルを切ると、唸りを上げて現場へと向かうのでした。

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!の作品情報

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のジャケット写真
レンタル開始日
2008/12/04
監督
エドガー・ライト
キャスト
サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジム・ブロードベント
上映時間
121分
GEOで購入!
ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のユーザ評価

評価数:656件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 主人公の警官が真面目で結果を完璧に残し、上からそれが自分達の立場を脅かすとして左遷。その左遷された場所がメインです。真面目な主人公でもなんか笑えますし、笑いのツボはイギリスなんで合わないところもあるだろうけど面白いと思います
  • コメディだと云われて観たら、植木バサミで首切るとか教会の銅像で頭部破壊等のヤバイ残酷シーンが!(笑)このコンビ、アクションもなかなか出来る人たちだから信頼できるわ。自信を持って全映画ファン必見です。大傑作!!!
  • 男の友情最高ムービー!僕たち男は、こんな友情を求めているんだ!男友達の家でビールを飲みながら、優しい時間を過ごしたい時に観たい1本!

**作品名**の作品情報

****のジャケット写真
レンタル開始日
****
監督
****
キャスト
****
上映時間
****分
****のユーザ評価

評価数:****件
評価 :★★★☆☆(****/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ

参考URL
・youtube.com