ホビット 決戦のゆくえのジャケット写真

ホビット三部作の最終章「決戦のゆくえ」。前作で怒らせてしまった巨大竜スマウグが大暴れ!オークたちとの決戦も一層激しさを増していきます!ビルボたちはどうなってしまうのか?ロード・オブ・ザ・リングに続くストーリーからは目が離せません!

監督:ピーター・ジャクソン、脚本:ピーター・ジャクソン、出演:イアン・マッケラン(灰色のガンダルフ) マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ) リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド) エバンジェリン・リリー(タウリエル)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ホビット 決戦のゆくえのネタバレあらすじ-1:スマウグの最後

主人公「ビルボ」とドワーフたちの到来で長い眠りから目覚めた竜「スマウグ」は、人間たちが住む湖の街エスガロスに飛来。街を炎で焼き尽くします。住民たちは逃げまどい、統領は黄金を持って逃亡。そんな中囚われていた反体制派のバルドは自力で脱出し、1人スマウグに立ち向かいます。

苦闘の末、スマウグのただ一ヵ所の弱点を射抜いたバルドは勝利。スマウグは倒れますが、街は廃墟と化してしまいます。バルドは住民たちを先導してエレボール山へ。一方、邪悪な穢れの王「アゾグ」が率いるオークの軍団もまた、エレボールを目指していました。

バルドは街の再建のため、エレボールの財宝の分配を求めようと考えていましたが、そこへ竜が倒れたことを知った森のエルフも到着。王の「スランドゥイル」は先祖の宝である宝石が目的でした。続々と各種族が集まって来るエレボール山ですが、山にこもるドワーフの王「トーリン」は財宝に心を奪われ、誰の声も聞き入れず固く門を閉ざしたまま。そんなトーリンを、ビルボら仲間たちは心配と不信の目で見つめていました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=4H33BClIwUE

ホビット 決戦のゆくえのネタバレあらすじ-2:トーリンの裏切り

頑固なトーリンはバルドらの要請を拒否。山の守りを固め、一触即発の空気が漂います。数では不利だというビルボに対し、不適な笑みを浮かべるトーリン。一方トーリンは、エレボールに眠る巨大な宝石「王の石」を探し続けていましたが、いまだに発見できずにいました。実はビルボが密かに見つけ出していましたが、トーリンを案じてずっと隠していたのです。

次第に疑心暗鬼に陥っていくトーリン。その頃バルドとエルフらはやむを得ず戦いの準備をしていました。そこへ魔法使いの「ガンダルフ」が到着。冥王「サウロン」がエレボールを狙い、オークの軍団を放ったことを告げます。

戦をやめさせようとするガンダルフですが、エルフの王は聞き入れません。そこへさらに山の砦を抜け出したビルボが現れ、一同に「王の石」を差し出します。ビルボはドワーフたちを救うため、石を取引の材料に使うよう要請すると、ガンダルフが止めるのも聞かず再び山へ。

翌朝、砦の下に集結した軍勢は王の石と引き換えに要求を呑むようトーリンに求めます。ビルボも自分を取り戻すようトーリンに頼みますが、トーリンは彼を裏切り者と罵るのでした。トーリン、お前ってやつは・・・・・・

ホビット 決戦のゆくえのネタバレあらすじ-3:トーリンの目覚めとオークとの戦い

トーリンはバルドらの要求を撥ね付け、戦を選びます。そこへトーリンのいとこ「ダイン」が軍勢を率いて到着。人間、エルフ、ドワーフらの闘いが始まろうとした時、突然オークの軍勢が地中から出現し襲いかかります。3軍は急きょオーク軍に対し合同して戦闘を開始しますが、トーリンは砦にこもったまま動きません。仲間の声にも耳を貸さず、黄金に心を奪われたままのトーリンは財宝を守ることしか頭にないのでした(おい!)。

しかし激しく非難されたトーリンは、虚ろな広間で黄金に飲み込まれる幻覚を見ます。かろうじて自分を取り戻したトーリンは、仲間を率いて戦場へ(やっと!)。オークに押されていたドワーフ軍は、トーリンの登場で息を吹き返します。しかし戦況は劣勢。しかも新たなオークの軍勢がエレボールに迫っていました。

勝つには敵の総大将を討ち取るしかないと考えたトーリンらは、アゾグが陣取る丘へ向かいます。さらにビルボとエルフの王子「レゴラス」、エルフの女性戦士「タウリエル」らも合流。しかしアゾグはそれを見抜き、トーリンらを待ち構えていました。

ホビット 決戦のゆくえのネタバレあらすじ-4:戦いの決着と帰郷

罠にはまったトーリンたちは苦戦を強いられます。ビルボも剣を抜いて戦うものの、オークの一撃を受けて昏倒。タウリエルはアゾグの息子「ボルグ」を相手に戦いますが追いつめられます。その時タウリエルを想うドワーフの青年「キーリ」が加勢に登場。

そして、キーリはタウリエルの代わりにボルグの刃に倒れることに。一方トーリンは凍った湖の上でアゾグに決戦を挑みます。激しい戦いの末、自分の命と引き換えにアゾグを倒したトーリン。ボルグもまたレゴラスによって倒されます。

折をあわせたかのように、連合軍の巨大な鷲の軍勢が加勢に現れ、オーク軍に勝利。意識を取り戻したビルボは倒れたトーリンの元に駆けつけます。死に際にトーリンはビルボに非礼を詫び、「そなたこそ真の友だ」といって息を引き取るのでした。悲しみに沈むビルボの隣で、黙ってパイプに火をともすガンダルフ(シリーズ中最高の名シーンです!)。

闘いが終わった後、ビルボは仲間たちに見送られ、わずかな報酬を持ってふるさとホビット庄へ。しかしその懐には、後に新たな闘いを呼ぶ魔法の指輪が、正体を知られぬまま潜んでいるのでした。

ホビット 決戦のゆくえの作品情報

ホビット 決戦のゆくえのジャケット写真
レンタル開始日
2015/04/22
監督
ピーター・ジャクソン
キャスト
イアン・マッケラン(灰色のガンダルフ)、マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)
上映時間
144分
GEOで購入!
ホビット 決戦のゆくえのユーザ評価

評価数:10689件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ホビットの冒険は素晴らしい作品です。 個人的には指輪物語よりも好きな作品です。 ストーリー、展開、感情移行がとても秀逸で観ていて苦しくない作品です。 それぞれの登場人物が感情移入できるところはとても評価しがいがあります。
  • 壮大な冒険物語の完結、とても満足でした。ビルボの勇気、トーリンと仲間達の絆、レゴラスの格好よさ、ロード・オブ・ザ・リングを観終わった時と同等以上の満足感です。
  • 劇場にも何回も見に行きましたがお家で見ても最高です!最初のスマウグが大暴れする姿が個人的に理想のドラゴンすぎてマジで最高!!

ロード・オブ・ザ・リングにつながる!

オススメするのは「ロード・オブ・ザ・リング」3部作。本作の後日談でもあり、ビルボが手に入れた指輪を巡る物語でもあります。「ホビット」と合わせて一つのシリーズともいえるので、本作を気に入った方は必見です。

ロード・オブ・ザ・リングの作品情報

ロードオブザリングのジャケット写真
レンタル開始日
2002/03/02
監督
ピーター・ジャクソン
キャスト
イライジャ・ウッド(Frodo)、イアン・マッケラン(Gandalf)
上映時間
178分
GEOで購入!
ロード・オブ・ザ・リングのユーザ評価

評価数:4341件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ドラクエが大好きで、ドラクエの元ネタのウィーザドリィー?かな?の元ネタと聞いたので、ゲームの世界に入ったような、不思議な感じでした。ホビット族が身長が1mほどらしく、周りと比べて確かに小さかったり、エルフ族カッコいい!となりました。オーランドブルーム、これで初めて知りました。 イライジャウッド目が可愛いです
  • ロードオブザリングは三部作なので‘旅の仲間’だけでは完結しません。しかも長いし前半は見るのが辛いですが、三部作全部見たときの感動はさすが名作という感じです。一生に一度は見たいですね。
  • 安定でずっと好きな映画の1つ。フロドが自分が指輪を持っていくと言った時のアラゴルンとガンダルフの表情がなんとも言えずやはりこうなったかといった諦めに似た感じで、結構このシーンが好きです。ピピンが色々やらかしてガンダルフに注意されるが中々反省しない(笑)見ててちょっと腹立つが何故か憎めない(笑) オススメシーンをあげるとキリがないが時間がある時にじっくり何回か繰り返してみて欲しい作品です

参考URL
・youtube.com