マイティ・ソー ダーク・ワールドのジャケット写真

ニューヨークに壊滅的な打撃を与えた「アベンジャーズ」の戦いから1年。英国・ロンドンで原因不明の重力異常が発生した。ソーの恋人であり天文物理学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)は、その原因調査のためロンドンへと向かう。だがこの怪異は、宇宙が誕生する以前から存在していた闇の力を復活させ、地球侵略を足掛かりにして全宇宙の滅亡を企むダーク・エルフの仕業だった。

監督:アラン・テイラー、原作:ドン・ペイン(ストーリー) ロバート・ロダット(ストーリー)、脚本:クリストファー・L.ヨスト クリストファー・マルクス スティーヴン・マクフィーリー、音楽:ブライアン・タイラー、出演:クリス・ヘムズワース(ソー) ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター) トム・ヒデルストン(ロキ) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

九つの世界を守るため戦い続ける

かつて、光が生まれる前の闇から「ダークエルフ」が生まれました。そのダークエルフの中でも最も邪悪なマレキスは、「エーテル」という無限の破壊力を持つ武器で、すべての世界を破滅させようとします。しかしその企ては、主人公「ソー」の祖父ボーによって阻まれ、エーテルは地下深くに封印されました。

それから数千年後の現代、ソーは九つの世界を巡って戦いを続けていました。なぜならソーの義兄弟である「ロキ」が悪事を働き世界をメチャクチャにしてしまったため、それを元に戻さなければいけなかったのです。ソーはその戦いを有利に進め、最後にヴァナヘイムの巨人を一騎打ちで破り、世界の安定を取り戻しました。

平和が戻り、ソーの仲間たちや故郷アスガルドの民は喜びます。しかしソーは、地球に残した恋人「ジェーン」の事を想って浮かない気分でいるのでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=5au0eAxyj1k

エーテルを手に入れるジェーン

ソーが異世界で戦っている間、ジェーンはソーを探していました。優秀な天文物理学者であるジェーンは、世界の歪みを察知する装置で、ソーの行方を知ろうとしていたのです。しかし捜索を始めてから2年もの時がすぎ、ジェーンもしだいに諦めの気持ちが強くなってきます。ロンドンでリチャードという男性と食事をするジェーン。しかしその時、ジェーンの助手のダーシーが、装置に反応があったと告げに来たのです。

ジェーンたちが反応があった場所に行くと、そこでは車が空に浮く奇妙な現象が起こっていました。調査を続けるうちにジェーンは、異世界にさまよい込んでしまいます。その異世界でジェーンは、エーテルに取り憑かれてしまいました。その時アスガルドで、ヘイムダルが異変に気づきます。

それまで見守っていたジェーンの気配が地球から消えたのです。ヘイムダルにその事を聞いたソーは、すぐさま地球に向かいます。そしてジェーンをアスガルドに連れて行くのでした。

マレキスの強襲

ソーはジェーンの状態をアスガルドで調べさせます。そしてソーの父「オーディン」により、ジェーンの体にエーテルが入っていることが判明しました。エーテルが封印地から持ち出されたことで、マレキスも目を覚まします。マレキスは腹心のアルグリムを囚人に紛れ込ませ、アスガルドに潜入させました。

牢屋を破壊してアスガルドに混乱をもたらすアルグリム。それと同時に、マレキスも飛行艦隊を率いてアスガルドに奇襲をかけました。必死の防戦もむなしく、マレキスはジェーンのところにたどり着きます。しかしソーの母「フレッガ」がジェーンを守っていました。フレッガとマレキスの戦いは、フレッガが優勢に進めます。

しかしあと一歩というところで、アルグリムの加勢でフレッガは破れます。ジェーンを捕まえようとするマレキスでしたが、触れようとするとジェーンは消えてしまいました。実はそのジェーンはフレッガの作った幻だったのです。ジェーンを守ったフレッガでしたが、マレキスの怒りを買い殺されてしまいました。

ソーとロキの共闘

フレッガを失い悲しみに沈むソーやオーディン。オーディンは、再びマレキスが襲ってくるところを返り討ちにしようとします。しかしソーはそれに反対しました。アスガルドで戦えば、大きな被害が出るからです。オーディンを説得できなかったソーは、仲間とともにジェーンをアスガルドから連れ出すことを決意します。

しかしアスガルドから出るには、脱出路を知るロキの手助けが必要でした。ソーと仲が悪いロキですが、脱出に協力します。義母のフレッガを殺されて、マレキスたちに怒りを抱いていたからです。

首尾よくアスガルドを脱出したソーとロキとジェーンは、ダークワールドでマレキスたちを待ち受けます。しかしいざマレキスたちがあらわれた時、ロキはソーを裏切って、ソーの右腕を切り落としてしまいました。けれどその裏切りは、ソーたちの策略でした。マレキスがジェーンからエーテルを抜き出したところで攻撃をかけるソー。

しかしマレキスを倒すことはできません。その後、アルグリムに倒されそうになったソーをかばって、ロキは命を落とします。

エーテルの脅威!

エーテルを手に入れたマレキスは、すべての世界を破壊しようとします。そのためには、九つの世界の中心にある地球でエーテルを使う必要がありました。マレキスを止めるために地球で戦うソー。しかしエーテルを持つマレキスは強く、倒すことはできません。

ソーが劣勢に陥っているところをジェーンたちが装置を使って加勢します。最終的に装置の力でマレキスはダークワールドに飛ばされ、そこで自分の宇宙船に潰され死んでしまいました。マレキスを倒したソーは、オーディンに王を継ぐように言われます。しかしソーは、自由を求めてその申し出を辞退。

ソーはアスガルドを去りますが、その時幻影が解け、オーディンの代わりにロキが姿をあらわしました。アルグリムに殺されたのは、ロキの幻影だったのです。最後にソーは、地球に行ってジェーンと再会しました。

マイティ・ソー ダーク・ワールドの作品情報

マイティ・ソー ダーク・ワールドのジャケット写真
レンタル開始日
2014/07/02
監督
アラン・テイラー
キャスト
クリス・ヘムズワース(ソー) ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)
上映時間
112分
GEOで購入!
マイティ・ソー ダーク・ワールドのユーザ評価

評価数:14659件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 何度も裏切られる(良い意味で)作品です。前作のマイティ・ソーより迫力が大分上がりました。アベンジャーズ(最初)とのリンクがあるので、それを観てからの方が良いと思います。さらには今後のラグナロク(邦題バトルロワイヤル)とも恐らく繋がるので、マーベルファンは必見です。
  • アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンにも関わる話なので、マーベル・シネマティック・ユニバースを網羅したい人は見るべき。単体でもアクションやCGは素晴らしいものなので、男女関係なく楽しめると思います。
  • 世界観やストーリー大好きでしたが亡くなるシーンのところあっさりすぎて残念なので星4です。仲良くなりそうでならない兄弟仲は見どころです。

参考URL
・youtube.com