マグニフィセント・セブンのジャケット写真

<簡単な解説>
「サウスポー」のアントワーン・フークア監督が、「七人の侍」及び「荒野の七人」を基に現代的視点で描いた西部劇。悪党に町を脅かされ、未亡人のエマは賞金稼ぎのサムらアウトロー7人を雇う。町を守るために立ち上がった彼らの、壮絶な戦いが始まる。賞金稼ぎのサムを演じる「トレーニング デイ」でアカデミー賞を獲得したデンゼル・ワシントンや、ギャンブラーのジョシュ役の「ジュラシック・ワールド」クリス・プラットをはじめ、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンら豪華な顔ぶれが揃う。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

正義のための復讐うを請け負う。

1879年ローズ・クリークの町は、残虐非道な極悪人ボーグによって支配されようとしていました。教会内では町の人達が集まり、ボークと対抗する策を話し合っていたその時、手下を引き連れたボーグが現れ、町から出て行くように町民たちに命じたのです。

しかし、教会の前ではそれに反発する人達が集まり、ボーグを非難します。しかし非難した人達はボーグ達によって次々と撃ち殺され、この町に住むエマも目の前で大切な家族を殺されてしまうのでした。大切な家族を殺されたエマは復讐を誓います。

エマは、町を救うため、ボーグに復讐するために用心棒を探しとある町にやってきました。そこで出会った、賞金稼ぎのサムに正義のための復讐を依頼します。ボーグをよく知るサムは、悪と戦うための仲間が必要だと考え、仲間探しを始めます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=ATebNTY-mi8

仲間集めに奔走

サムは、酒場でのいざこざに動じなかったファデラーを仲間にしようと考えます。いかさまで小銭を稼いでいるような男でしたが、二丁拳銃の名手で腕前は確かなものでした。ファデラーは、ギャンブルに負け馬を奪われそうな所を、サムに救われ仲間になることを約束します。

しかし、まだ仲間が足りないと考えたサムはエマ達を連れ、さらなる仲間を探しに町を離れるのでした。サムはファデラーに二手に分かれて仲間を探すこと提案します。約束の日、2人は互いに集めた仲間、魂を失ったスナイパーのグットナイト、ナイフ投げの達人ビリー、失うものは何もない流れ者ヴァスケスを引き連れ再会するのでした。

5人となったサム一行はボーグに支配された町、ローズ・クリークへと進み始めます。その道中、さらなる仲間、弓矢の達人レッドハーベスト、サムと旧知の仲でハンターのジャックも仲間に加わり、ここに7人の最悪なごろつきチームが集結。とうとう町へ辿り着いた一行でしたが、ボーグは町にはおらず、その代わりに手下達が町に潜んでいたのです。

7人の流儀でド派手に裁く!

ボーグがいない戦いは、あっけなくサム達の勝利に終わります。しかし、町の人々は勝利を喜べず、サム達の行為に反対する者までいました。エマの必死の説得と再び始まるボーグとの戦いには、町民の協力が必要であることを伝えたサムのおかげで、多くの町民が自分たちの力で町を守ることを決意します。

いよいよ決戦の時がやってきました。ボーグが手下達を引き連れて町に戻ってきたのです。サム達の秘策により多くの敵が倒れました。ほぼ作戦は成功しましたが終わりの見えない戦いは続き、多くの味方が倒れていきました。そんな中、昨夜離脱したグッドナイトが、サム達の元へ戻ってきたのです。

グットナイトは、敵がガトリング銃を用意していることを伝え、みんなを建物内へ避難するように知らせます。しかし、銃撃は敵も味方も関係なしに命を奪っていき、その銃撃によりファデラーも深く傷ついていました。

ボーク率いる大軍VS最悪なごろつきチーム、勝ったのは?

「負けられない」その信念を胸に、ファデラーは力を振り絞り、自らの命と引き換えにダイナマイトを使いガトリング銃を吹き飛ばしました。

味方を失ったボーグは、サムに追い詰められ命乞いをします。その時ボーグは初めて、サムの正体に気づくのです。サムの母と2人の妹は、ボーグの手下によって殺されていました。

勝利は目前という時、ボーグは隠し持っていた銃でサムを撃とうした次の瞬間、大きな銃声が響きます。力なく倒れるボーグ。彼を撃ったのは、エマでした。サム達は町の奪還に成功し、正義のための復讐がついに終わりを告げたのです。

生き残った3人は、戦い冷めやらぬ中エマや町の人々に別れを告げます。町を守るため命を落とした4人の仲間は、町の英雄として手厚く葬られ、その墓には「マグニフィセント・セブン」という言葉が刻まれ、永遠に語り継がれるのでした。

マグニフィセント・セブンの作品情報

マグニフィセント・セブンのジャケット写真
レンタル開始日
2017/05/24
監督
アントワーン・フークア
キャスト
デンゼル・ワシントン(サム・チザム) クリス・プラット(ジョシュ・ファラデー)
上映時間
132分
GEOで購入!
マグニフィセント・セブンのユーザ評価

評価数:1203件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 七人の侍をリメイクした荒野の七人の現代リメイクですね。ガンマンが七人出て来ますがほぼデンゼルワシントン1人で無双してます。
  • アクション系ハリウッドスター勢揃いの海外版7人の侍。安定のデンゼルワシントンから今大人気のクラスプラットまで豪華すぎるキャストたちは一見の価値あり。ド派手なアクションも相まって、めちゃカッコいい作品になっている。
  • 正義が悪を倒す❗。単なる西部劇ではなく良く計算されたドラマ要素もあり、素晴らしい作品でした。西部劇で感動する映画は少ないですが、貴重な一本になりそうです。

こちらもオススメ!

無法地帯となった町で、ならず者が正義のために戦う映画「マグニフィセント・セブン」。仲間との友情や見ていて爽快な気持ちになれるアクションシーンなど見どころ満載。このような映画が好きな方におすすめの映画をご紹介。
・「イコライザー」(監督:アントワーン・フークア 2014年公開)
ホームセンターで働いているマッコールは、どんな裏仕事でもわずか19秒でやり遂げる元CIA工作員にして凄腕暗殺者。娼婦テリーの夢は歌手になること。そんな彼女をマッコールは「なりたいものになれる」と励まします。会話を重ねていくうちに、いつしか2人に奇妙な友情が芽生えていくのです。ある夜、娼婦の元締めであるスラヴィに反抗したテリーは、瀕死の重傷を負わされます。マッコールはそのことを知り、警察には手出しできない不正を解決する、仕事請負人になることを決意するのでした。気になった方はぜひこの作品も楽しんでみてはいかがですか?

イコライザーの作品情報

イコライザーのジャケット写真
レンタル開始日
2015/03/25
監督
アントワーン・フークア
キャスト
デンゼル・ワシントン(ロバート・マッコール) クロエ・グレース・モレッツ(テリー)
上映時間
131分
GEOで購入!
イコライザーのユーザ評価

評価数:10601件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 娼婦の女の子を助けるため、強大な悪に立ち向かう一人の男を描いた作品。これぞ最強。どんなに強くても、ピンチが訪れるが、彼にはピンチなど存在しない。
  • 歳を重ねてなお切れのあるデンゼルのアクションが良い。賛否はあるだろうが、個人的にはタンカーとラスボスのくだりはしっかり描いて欲しかった。続編の制作も決まっているそうなので、期待したい。
  • アクション映画の正に定番。元CIAがたまたま出逢った娼婦の少女を救うために巨大な悪に立ち向かうために立ち上がる。設定はこの手の映画でも出し尽くされた定番です。しかしこの映画はそんな定番なストーリーを面白くさせる演出、演技、環境がとても巧妙に出来た映画でした。

参考URL
・youtube.com