メッセージのジャケット写真

SF系は絶対に無理といわれるアカデミー賞。そこに8部門(作品賞、監督賞、脚色賞ほか)がノミネートされ、本年度アカデミー賞の音響編集賞を受賞したSF映画「メッセージ」。突如として地球に現れた不思議な物体。そこから発せられるメッセージの意味に気づいたときあなたはどう行動するでしょうか?気になるネタバレを最後までお楽しみください!

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ、原作:テッド・チャン、音楽:ヨハン・ヨハンソン、キャスト:エイミー・アダムス ジェレミー・レナー フォレスト・ウィテカー

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

メッセージのネタバレとあらすじ-1:鬼才ヴィルヌーヴが描く、時空を超えた新感覚の傑作SF

監督は「プリズナーズ」「ボーダーライン」で注目され、「ブレードランナー2049」でもメガホンを取る、俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴといえば、並のSF映画でないことは想像がつくというもの。

監督が原作の「あなたの人生の物語」(テッド・チャン作)に惚れ込んで映画化したというこの作品は、今までのSF映画とは一線を画す、斬新で心に沁みる異色作。主人公の言語学者ルイーズ(エイミー・アダムス)と物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)が、謎の目的で地球にやってきたエイリアンと接触することで、過去、現在、未来という時間を超えて自分の人生を歩み出す物語。観客一人ひとりに静かに人生を問いかける、深~い映画なんです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1GMGMzHRE4Q

メッセージのネタバレとあらすじ-2:謎の飛行体 VS 仲の悪い学者コンビ

言語学者のルイーズは、大学で教えながら孤独な一人暮らしをしていました。最初の方に現れる回想シーンで、一人娘を亡くしたらしいことが暗示されます(実はここがストーリーの重要な伏線になっています)。そんなある日、謎の巨大飛行体(巨大な柿の種みたいな形)が12隻も地球に飛来します。

なんと、日本の北海道にも。世界中が騒然とする中、飛行体からは何のアクションもなく、誰が乗っているのか、何の目的かも不明。飛行体はただ滞空しているだけで、人類に危害を与える様子がない所が、逆に不気味です。

ある日、ルイーズは軍のトップの訪問を受けて、極秘任務を頼まれます。それはエイリアンの言語を解読すること。最初は断りますが、結局はOKして物理学者のイアンと共にエイリアンと接触する大役を任されることに。しかし物静かなルイーズと、プライドが高く挑発的なイアンは気が合わず、衝突しながらもシブシブ協力していきます。

メッセージのネタバレとあらすじ-3:特殊能力を身につけたルイーズ

ルイーズとイアンは、18時間おきに少しだけ開く飛行体の入口から中に潜入して、エイリアンと透明な壁ごしに対面します。7本脚で巨大なタコのような彼らは「へプタポッド」と命名され、円形の複雑な象形文字を書きます(監督が日本の書道からインスパイアされたとか)。

ルイーズとイアンは、協力して難解な言葉を解読するうちに強い絆で結ばれていきます。解読に成功して、一番知りたい「地球に来た目的」を質問すると、答は「武器を与える」。

世界中が「地球人を扇動して戦争をさせようとしている!」と大騒ぎになり、好戦的な中国を筆頭に各国が飛行体を攻撃する準備を始めますが、ヘプタポッドと交流する間に未来透視ができるようになったルイーズは、自分が中国のトップに電話して思い止まらせる未来を知ります。

メッセージのネタバレとあらすじ-4:運命を受け入れるルイーズの決断

世界がへプタポッドたちとの戦争に向けて加熱する中、へプタポッドの「アボット」と「コステロ」(愛称)と信頼関係を築いたルイーズは、彼らの真意を知ります。それは「各国が協力することが大切」ということ。

武器とは兵器ではなく言葉のことで、コミュニケーションのことだったのです。へプタポッドによると、彼らの星はいずれ地球人の助けが必要になる。だから各国が憎みあっている今の地球を救いにきたというのです。

身に危険が迫る中、無事に中国のトップの携帯に繋がるのか……ルイーズは、間一髪で各国が飛行体を攻撃するのを阻止します。ルイーズは、彼らと関わるうちに自分の未来を透視できるようになり、イアンと結婚して一人娘を授かり、その娘を重病で亡くす未来を知ります。

私たち観客も、冒頭で出て来た娘の死のシーンは、過去の回想ではなく未来の出来事だという驚きの事実を知ります。へプタポッドがくれた時空を超えたメッセージ。過酷な運命を知りながら、ルイーズはその未来を選ぶ決断をします。

メッセージの作品情報

メッセージのジャケット写真
レンタル開始日
2017/10/18
監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
キャスト
エイミー・アダムス ジェレミー・レナー フォレスト・ウィテカー
上映時間
116分
GEOで購入!
メッセージのユーザ評価

評価数:1713件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 最初は完全に勘違いしたまま観ていましたが、後でその不可解な映像の理由がわかり、胸が高鳴りました。個人的な考えですが、私たちは本当は自分達の未来を予知できる能力が多少はあるのかもしれないと思っています。話を戻すと、もしその力が充分に与えられたらどうするでしょうか…?ルイーズは本当に強い女性だと思いました。生きていく中で悲しみは避けて通れないものですが、喜びや幸せと隣り合わせなのも事実です。強く生きていくとはこういうことなのだと感銘を受けました。 役者の演技も素晴らしく、大変見処のある映画です。
  • 正統派SF.! コンタクト、インターステラに並ぶ良作。 量子論的多次元論から時間もとらえられる次元というのが もう最近のSF,の常識らしい。因みに最新の理論では11次元で量子論に統一理論を研究中です。中国をアメリカがいなすのは今風。 映像がとにかくスタイリッシュ。鯨の歌のようなサントラはスタートレック4を思い出す。
  • 傑作。ルイーズは宇宙人たちの円環構造で時制が無い彼らの言語を学ぶことで未来が解るようになる。見えた未来は辛い現実だが、子供と過ごした記憶を大切に、今を精一杯感じて生きることを選択制する。静かな余韻が残る映画だ。

参考URL
・youtube.com