ラッシュ/プライドと友情のジャケット写真

フェラーリに乗る沈着冷静で隙のないレース運びをするニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)と、マクラーレンに乗る奔放な性格ながら誰からも愛される天才型のジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)は、正反対の性格と走り方のため、常に比較され、衝突することもあった。1976年、前年チャンピオンのラウダはトップを疾走していたが、ドイツ・ニュルブルクのレース中にコントロールを失い壮絶な事故を起こす。大怪我を負ったラウダは生死の境をさまよい再起不能かと思われたが、6週間後、まだ傷が治っていないものの彼は復帰。そして迎えたシリーズ最終決戦の日本・富士スピードウェイ。ラウダとハントは互いにライバル以上のつながりを感じながらレースに臨む……。

監督:ロン・ハワード、脚本:ピーター・モーガン、音楽:ハンス・ジマー、出演:クリス・ヘムズワース(ジェームス・ハント) ダニエル・ブリュール(ニキ・ラウダ)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

実話である凄さ

この映画の最も凄いところはストーリーがほとんど実話だと言うことです。当時F1を取材した日本人記者も「創造されたエピソードは皆無だった」と証言しています。主人公の一人であるジェームズ・ハントは既に他界していますが、もう片方の主人公ニキ・ラウダの証言と残されたレース映像や当時のマスコミ取材からこのシナリオは作られました。

完全なフィクションでもこれほど壮絶な物語、と予想を覆すクライマックスは書けないのではないか、と思うほどドラマチックな展開を繰り広げます。また年数が経ってからの実話を映画化すると、生きている人物が都合良く描かれて亡くなった人物が大抵悪く描かれがちになります。ところがこの映画ではニキ・ラウダの狡猾で計算高いところも表現されていて、どちらが善でどちらが悪などと言った簡単な描き方をしていないところがこの映画の優れている点であると言えます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7yM6PGHx3g8

二人の対比の見事さ

事実を元に描かれているにも関わらず、二人の主人公のキャラクターがあまりに対照的で予備知識無くこの映画を観た人からはよく「てっきりフィクションだと思ってしまった」と言われます。自由奔放で上だけを目指してレースの世界を生きてきたジェームズ・ハントと、オーストリアの実業家の家系を受け継ぎながら、自分の才能を元に高収益なビジネスと割り切ってレース界に入ってきたニキ・ラウダ。

普通なら相容れない人生観と生き様をしてきた二人が、運命の糸に導かれるように同時期にF1に昇格し、チャンピオンというたった一つの座を争って戦う様は、人間ならどちらかの生き方に必ず共感できると思います。

CGの凄さ

この映画のハイライトの一つが、1976年ドイツグランプリでのニキ・ラウダの大事故と、そこから見事に復帰してジェームズ・ハントの独走を追い上げて行く姿なのですが、この事故シーンを私は映画「ポールポジション」で何度も観ました。

本当に目を覆いたくなるような大事故だったのですが「ラッシュ~友情とプライド」では、このシーンを実際の映像ではなくCGで再現しています。その上事故に遭ったニキ・ラウダの視線からの映像もCGで書き加える事によって、実際の映像以上の悲惨さを描き出しています。

クライマックスが日本!

1976年シーズン最終戦は大雨の富士スピードウェイが舞台だったのですが、レースに臨むまでの二人の緊張感とほとんど視界の利かない大雨の様子をこの映画は見事なまでに再現しています。レースシーンの背景に、現場実況中継のアナウンスが小さく入るのですが、当時の中継を再現しているのか、新たに台詞を入れたのかわかりませんが、洋画としては珍しく日本語が正確で驚きました。

現在実際F1に携わっている日本人の中にはこの日のレースを観て人生を変えた方が多くいると聞きました。それほど歴史的なレース、しかも日本を舞台にしているレースがクライマックスになっているところが日本人として誇らしく感じられます。

格言:ライバルがいてこそ人は強くなれる

宿命のライバルと言う言葉を日本人は大好きです。特にアニメの世界ではよく取り上げられるテーマです。ライバルの育った環境、考え方、目的が対照的であればあるほど二人のキャラクターが際立って行きます。この映画に類似した作品を挙げると、「あしたのジョー」、「巨人の星」など梶原一騎のスポ根アニメを挙げることができます。

野生派と知性派、行き当たりばったりと策略家、と言った彼が得意としたライバル関係を実践したのが、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダだと言えます。まったく違う二人が同じスポーツで勝ち負けを争う姿は日本人の涙腺を必ず緩めてくれるはずです。

映画では事故で顔にヤケドを負ったニキ・ラウダを記者会見の席で揶揄したジャーナリストを、トイレに連れ込んでボコボコにするジェームズ・ハントが描かれています。日頃はお互い顔も見たくないほどのライバル、ただそのライバルを揶揄されると自分が揶揄されたように感じてしまう、そんな複雑なライバル関係をこのシーンは見事に表現しています。

そして人は強いライバルと戦うことで技術的にも精神的にも成長することができるのだと言うことをこの映画は教えてくるでしょう。

ラッシュ/プライドと友情の作品情報

ラッシュ/プライドと友情のジャケット写真
レンタル開始日
2014/08/04
監督
ロン・ハワード
キャスト
クリス・ヘムズワース(ジェームス・ハント) ダニエル・ブリュール(ニキ・ラウダ)
上映時間
123分
GEOで購入!
ラッシュ/プライドと友情のユーザ評価

評価数:6412件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ニキ・ラウダのタフさに驚愕。 思わずラウダや当時のF1、それにまつわる死亡事故などについて調べてしまった。 吹替のKinKi Kidsに関しては、あまり良い評判ではないようだが、個人的にはまあまあ良かったのではないかと思う。特にラウダの方、本人も実際声が高かったそうだし、神経質で空気を読まない感じが良く出ている。
  • 大変面白い作品でした。昔からのクルマ好きには、懐かしくもあり、見応えは充分ではないでしょうか。性格も生き方も全く正反対の2人のレーサーを上手く表現しており、深夜に1人で酒たを片手に観るにはもってこいの作品かと思います。
  • 実在のレーサー達を描いた、素晴らしい作品です。特にF1に興味を持っていない人でも、充分楽しめ感動出来る素晴らしいストーリーです。配役もぴったりで演技もいい。レースの迫力ある映像は実に見事だし、展開もとてもいいです。時間的に長い映画ですが、長さを感じない程面白い作品ですね。英語版も日本語吹替も見ましたが、吹替のKinKi Kidsの二人は、光一君は良かったですが剛君は合わない感じでした。アイドルを起用せず、声優さんで吹替の方が良かったでしょう。英語版で見るのがオススメです。

参考URL
・youtube.com