ルパン三世(2014)のジャケット写真

映画「ルパン三世(実写版)」はアニメでおなじみのルパン三世の実写化作品。ルパンお得意の盗みシーンはもちろん、銭形からの逃走シーン、はては五右衛門の剣技まで楽しめる作品に仕上がっています。ルパン、次元、五右衛門、不二子の4人が出会い結束を固める物語のネタバレあらすじを最後までどうぞ!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:北村龍平
原作:モンキー・パンチ
脚本:水島力也
出演:小栗旬 玉山鉄二 綾野剛 黒木メイサ 浅野忠信

ルパン三世(実写版)のあらすじ-1:不二子らと共にメダルを盗み合うルパン三世

「ルパン三世」は、祖父ルパン一世の弟子ドーソンの指示でシンガポールの美術館に盗みに入ります。ルパンの他にも「峰不二子」、「マイケル・リー」らもメンバーとして参加しており、その中で古代オリンピックのメダルを見事盗んだ者がドーソンの後継者になるという試練になっていました。ルパンはメダルをまっさきに盗みますが、不二子を人質にしたマイケルにメダルを渡してしまいます。

しかし、ドーソンの邸宅で行われたパーティーでメダルをもっていたのは、なんと不二子。マイケルは不二子とグルだったのです。ちなみにこの後も何度か不二子はルパンを裏切ります。そのパーティーで、ドーソンは自分の宝物庫を見せ、その中に古代ローマ帝国の皇帝アントニウスがクレオパトラに贈ったとされる「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」を見せます。このクリムゾンハートはネックレスとルビーにわかれ、ドーソンが持っていたのはネックレスの部分のみでした。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=8KP5gZmNk8s

ルパン三世(実写版)のあらすじ-2:ルパン、新たな旅立ち

そこで突如、マイケルがドーソンの首元にナイフをつきつけ、ネックレスを奪って逃げます。マイケルは、ドーソンに恨みを持っていたのです。ルパン達も隙を見て反撃しますが、マイケルの仲間として3人の殺し屋が押し入り乱戦に。ドーソンは殺し屋の一人に銃殺されてしまいます。

以外にも「なぜ撃った?」と責めるマイケル――マイケルはどうやらドーソンを殺す気はなかったようです。その後、ドーソン一派を追っていたICPOの銭形警部が指揮する警察が踏み入りますが、ルパン達は間一髪で逃れます。

ドーソンの死を悼むルパンと不二子。その場にはドーソンの用心棒だった「次元大介」もいました。ルパンは「おまえとは馬が合いそうだ」と次元をスカウトし、共にマイケルからネックレスを奪いかえすことを誓います。それから一年後、それまで沈黙を守っていたルパンは、相棒となった次元や仲間のピエールらを加え、派手に泥棒稼業を再開します。

ルパン三世(実写版)のあらすじ-3:クリムゾンハート争奪作戦開始!

ホテルで不二子の裏切りにあい、銭形に逮捕されたルパンは、「ジ・アーク」という組織の裏の顔を聞かされます。銭形は「ジ・アーク」が怪しい組織だと見抜きながら手を出せませんでした。組織のボス「プラムック」はクリムゾンハートのルビーを持っており、マイケルはプラムックと取引をしようとしていました。その情報をリークすることで、ルパンに仲間にならないかと裏取引を持ちかけたのです。原作と違い、映画版の銭形はかなりの策士ですね。でも、ルパンにあっさり手錠を外され逃げられるドジなところは原作通りでしたが。

その後もルパンは仲間を増やしていきますが、その一人が昔から知り合いだった石川五右衛門です。ガンマンの次元と、刀の達人五右衛門が初対面で真剣勝負するシリアスさと、みたらし団子につられる五右衛門のコミカルさのギャップが面白いです。

そして、派手なカーチェイスあり、息を呑むような公開取引会場でのネックレスとルビーの取引ありと、場面は進展していきます。「ジ・アーク」の会長プラムックとの取引に失敗したマイケルは、自分がだまされてドーソンを殺したことを知ります。マイケルはその後、ルパン達と和解して共に戦うことになります。

ルパン三世(実写版)のあらすじ-4:鉄壁の孤島でのラストバトル

クリムゾンハートを奪い返すべく、ルパン達は天才プログラマーも仲間にして、プラムック達が居る「ジ・アーク」の本部がある孤島に侵入します。まずは、ウイルスでネットワークに侵入し、セキュリティを解除します。そのために人工衛星を使ったハッキングまでしています。

そしていよいよ島へ突入。ルパン、次元、五右衛門が銃を構える敵に対し突入してなぎ倒し、不二子がライフルで支援するアクションシーンは鳥肌ものです。そして、最上階を目指して突入するルパンとマイケル。2画面で2人のアクションシーンが同時進行したり、触れば体が真っ二つになるレーザーをかいくぐったりと、アニメ顔負けの大迫力です。苦労して金庫までたどりついた2人。しかし、閉じ込められ空気を抜かれ、絶体絶命のピンチ。

そこで、マイケルはルパンを生かすため自ら犠牲になり爆弾で壁を吹き飛ばします。ルパンは金庫の中に入れられたため無事でした。マイケルの死を悼む間もなく、プラムックと対峙するルパン。次元・五右衛門・不二子も捕まっていました。絶体絶命のピンチにも一人余裕の表情のルパンは「もう少し早く来てくれると思ったが、まぁこんなもんか」とつぶやきます。

すると、警察のヘリコプターやジープの音が鳴り響き、プラムック一派を取り囲みます。銭形を使ってプラムック達を逮捕させる策略だったのです。プラムック逮捕に協力した例として、いったんはルパンを見逃す銭形。でも、ルパンが銭形に渡したクリムゾンハートは偽物。激怒した銭形ですが、時すでに遅しでした。

本物のクリムゾンハートは、ルパンが不二子にプレゼントします。でも、言い寄ろうとするルパンに銭形の追っ手が。そう、またしても不二子の裏切り、というお約束のオチでした。

ルパン三世(2014)の作品情報

ルパン三世(2014)のジャケット写真

レンタル開始日
2014/08/30
監督
北村龍平
キャスト
小栗旬(ルパン三世)、玉山鉄二(次元大介)、綾野剛(石川五ェ門)
上映時間
133分
さらに詳しく見る>
ルパン三世(2014)のユーザ評価

評価数:18153件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 実写にすると配役がしっくりこないことが多いが、この作品は概ね良かった。邦画にしてはスケールは大きく、アクション映画年は最高だった。てか、マイケルかっこ良かった。
  • 小栗旬さんだったので見てみたのですが、結構おもしろかったです!不二子ちゃんというか黒木メイサがめっちゃ美人でした!綾野剛さんの演技がすごいです
  • 小栗旬のルパンはかっこよくて演技も悪くなく似合っていてよかった。アクションシーンとかも割と楽した。

「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」もチェックしよう!

「ルパン三世」は、泥棒でありながらより巨悪を倒すヒーローとしての側面の濃い作品が非常に多いです。しかし、本来はやはりダークヒーローです。この実写版も、基本的には泥棒同士の争いと言って良いでしょう。
アニメ版で、そのようなルパン三世のダークヒーローぶりが一番出ているのは、「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」です。作画もかなりリアルで、ルパン一味の「泥棒」としての側面が非常に良く出ています。ストーリーは、独裁政治の「漂流島」に潜入し、レジスタンスと交わりながら島の秘密を探るというものです。島の防衛システムがルパン達に襲いかかる様子は、テレビシリーズを含めたルパン作品でも最高峰でしょう。

劇場版 ルパン三世 DEAD OR ALIVEの作品情報

劇場版 ルパン三世 DEAD OR ALIVEのジャケット写真

レンタル開始日
2006/03/24
監督
モンキー・パンチ
キャスト
栗田貫一(ルパン三世)、小林清志(次元大介)、井上真樹夫(石川五ェ門)
上映時間
97分
さらに詳しく見る>
劇場版 ルパン三世 DEAD OR ALIVEのユーザ評価

評価数:637件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原作者モンキー・パンチ初めての監督作品。新作の度に演出陣の好みに従いにキャラの風貌が変わっていくけれど、原作者の手がけた今回のものが一番紙作品のイメージに近いのは当然。
  • 最後驚きます。そして少し悲しいお話。

参考URL
・youtube.com