僕は明日、昨日の君とデートするのジャケット写真

「僕は明日、昨日の君とデートする」は恋愛小説を映画化した作品。未来を予見できる女性とそんな女性に引かれていく男性の、ほのかな恋愛事情を綴った作品。前半はほんわかとした雰囲気で進みますが、終盤は一気に切ない展開になっていきます。それではストーリーのネタバレをどうぞお楽しみください。

監督:三木孝浩、原作:七月隆文、脚本:吉田智子、音楽:松谷卓、出演:福士蒼汰 小松菜奈 山田裕貴 清原果耶 東出昌大 大鷹明良 宮崎美子

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

電車の中で一目惚れした少女は、ある重大な秘密を隠していた

女性に対して奥手で、彼女もいない美大生の南山高寿は、ある夜の電車で自宅に帰る途中に、同い年ぐらいの少女、福寿愛美に一目惚れします。電車から降りて帰って行くその少女を呼び止め「一目惚れしました」と思い切って告白。すると、なんとあっさりとOKをもらいます。

「メアド教えてください。」と言うと「携帯持っていないので」と返され、断られたのかと一瞬思いますが、彼女は本当に携帯を持っていなかったのです。今時珍しいのですが、実は携帯を持てないある重大な秘密が後に明らかになります。喜びに有頂天になる高寿ですが、また会おうと約束しますが、なぜか彼女は涙ぐみます。そして、なんと連絡先を聞いていないという大失態のまま別れてしまいます。

翌日、高寿が動物園でキリンをスケッチしているところに、愛美が登場!そして愛美がリードするような感じで宝ヶ池という場所に行きます。そこは高寿が5歳のころ、中年の女性に助けられた思い出の場所でした。その後、愛美の下宿先の電話番号をゲットした高寿。帰宅後に親友の上山にどうしようか相談すると「今すぐデートに誘え!」となかば命令され、電話します。

すると、これまたあっさり映画に誘うことに成功しました。初デートも無事に成功し、その夜正式に恋人同士になりました。でも、いろいろ不思議なこともありました。まず、愛美はやたらと涙ぐみます。「涙もろいの」と愛美は言いますが、それにしても不自然なタイミングで涙を流します。また、高寿が描いたキリンのデッサンが教室に張り出されることをなぜか愛美が事前に知っていたのも不自然です。その理由は後半に進むにつれて明らかになっていきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=nqzjv3TWvA0

愛美の不思議な手帳、そして衝撃的な告白

高寿は、一人で下宿暮らしを始めます。上山や愛美の手伝いで引っ越しが終わると、二人は苗字でなく名前で呼び合う仲になります。どんどん親しくなる二人ですが、そのたびに相変わらず涙ぐむ愛美。さらに、門限が深夜12時というのも大学生にしては厳しめです。他にも高寿の家のビーフシチューに隠し味としてチョコレートを入れていることを偶然知っているなど、不自然なことも多々あります。

そんなある日、高寿は愛美が忘れた手帳を見てしまいます。それには、1日目が未来の日付にあたる2人が出会ってから30日目です。そして2日目が29日目、というように時間がさかのぼっている不思議なスケジュール手帳でした。不信に思っていた高寿に、愛美から電話がかかります。

そして、隠し事を打ち明けるために明日美大の教室に来てほしいと告げます。その時、高寿のもっている「秘密の箱」を持って来るように言います。

次の日の朝、高寿が愛美から聞いた話は信じられない内容でした。愛美は高寿とは違う世界の住人であること。高寿と愛美は時系列が逆であること。高寿にとって「明日」は愛美にとっての「昨日」であること。そして5年ごとにそれぞれわずか30日ずつしか会えないという運命なのです。まず愛美は5歳の時に35歳の高寿に命を救われ、その後5年ごとに会っていました(高寿にとっては未来なので、知らないわけです)。

2人にとって同年齢の20歳で会うことができる貴重な30日が「今」なのです。ちなみに宝ヶ池で5歳の溺れる高寿を助けたのは、35歳の愛美でした。当然のように戸惑う高寿でしたが、手帳の内容や「秘密の箱」に高寿にとって未来の写真が入っていたことなどから信じざるを得ませんでした。携帯をもっていないのも、他の世界の住人だから持てないように決められていたルールです。また、夜中12時になると愛美の姿は消滅して、その時代の前日の朝に現れるようになっているのです。

迫る別れの瞬間

デートしてもぎくしゃくする二人。ついに愛美に別れ話まで持ちかけます。しかし、上山に会って悩みを打ち明けている内に、だんだん愛美の気持ちに気付き始めました。そう、愛美にとっては時間が経つにつれてどんどん高寿との仲が疎遠になっていくのです。だから、高寿よりももっと愛美の方がつらかったはずです。

なぜ彼女がやたらと涙ぐむのか。それも、普通だったらうれしい場面に限ってより悲しそうに。高寿にとって「初めて」のことは、愛美にとって「最後」の出来事だからです。それがわかった高寿は愛美に電話で謝罪し、残りのわずかに残された時間を楽しくすごそうと決意します。

スケジュール表どおりのデートですが、むしろそれすら楽しむ二人でした。別れの前日。高寿は愛美を連れて両親の元に向かいます。彼女ができたことを紹介するためです。そこで、4人で写真をとり例の「秘密の箱」に入れます。

いよいよ最終日。そこで高寿は愛美の肖像画を描きながら、これから起こる30日について細かく語り始めます。駅のホームで夜中の12時ギリギリまで話し、最後に「僕たちは端と端とが結んだ輪になって一つにつながっているんだ」と語りかけると、愛美の姿は消えていました。

愛美視点で見た2人の30日

最後に高寿ではなく愛美からの視点で、2人の30日がふりかえられます。初日がいきなり別れの日。当然ながら愛美は緊張で固く、高寿はリラックスしています。それから逆まわしのように愛美の視点からの30日がすぎていきます。これまで2人の話がかみあわなかったところも、実は愛美にとってまだ経験していないことだと考えれば納得もいきます。

そんな話のかみ合わないイレギュラーな部分も全て愛美は想定済みで、演技していたのです。やはり一番感動するのは愛美が涙ぐむシーン。初めてファーストネームで呼び合う翌日から、愛美にとっては苗字で呼び合うことになりますし、正式に恋人になる翌日には恋人同士ではなくなるわけですから。そして、高寿が自分に一目惚れする瞬間、つまり愛美にとっての最終日、無事告白され「また明日ね」と言う愛美の涙はやはりもの悲しいです。

ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報

ぼくは明日、昨日のきみとデートするのジャケット写真
レンタル開始日
2017/06/14
監督
三木孝浩
キャスト
福士蒼汰 小松菜奈 山田裕貴
上映時間
111分
GEOで購入!
ぼくは明日、昨日のきみとデートするのユーザ評価

評価数:1166件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 切ないラブストーリーなんだけど、後味スッキリと救われた気分になっているのはラストシーンのお陰かな。何よりそこへと向かう展開が秀逸で、何度も観たくなる映画のひとつになりました。2回目以降は最初からヒロイン目線で感情移入するといい感じで物語にハマれます。ドップリつかりたくてチャプターを逆に最後から最初に観たりもしました。過酷な運命を受け入れる強い覚悟と恋人を優しく気遣う健気なヒロインの切ない心の変化を小松菜奈さんが見事に演じ切っています。その切なさを青いまま枯れてゆくと表現した「ハッピーエンド」の歌詞とメロディーが心にしみました。オススメの泣ける映画です。
  • 同じ時に生きているのに、正反対に刻んでいるふたり。考えても結局そこのところ(原理?)がいまひとつIQの低いわたしには、わからなくて、女性の側は何歳から人生がスターとしたの?とか、あと20年しか生きられないの?と、そこらへんの描写が駆け足、割愛されてて、さらに、感動とせつなさが増した作品でした。
  • 君の名は。といっしょにレンタルしましたが、こっちのほうが数段上でしたね、主題歌のタイトルが気になりました、グッドエンドではあるがハッピーエンドではない気がしました

「時をかける少女」もチェックしよう!

時間をさかのぼるという不思議な世界観、さらに別の世界からやってきた異性との恋、ということで「時をかける少女」も面白いです。何度もリメイクされ、アニメ映画にもなっています。ラベンダーの香りを嗅いでから「タイムリープ」という、時間と空間をとびこえる能力をもってしまった和子。そして、その能力を持つに至った理由は、同級生で恋愛感情も抱いていた深町に関係していました。リメイクされるごとに設定が変更されているので見比べてもよいでしょう。

時をかける少女の作品情報

時をかける少女のジャケット写真
レンタル開始日
2007/04/20
監督
細田守
キャスト
仲里依紗(紺野真琴) 石田卓也(間宮千昭)
上映時間
98分
GEOで購入!
時をかける少女のユーザ評価

評価数:6458件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原田知世さんの実写版を見た覚えが有ったけど、内容が余り覚えて無かったのかので!とても、新鮮に入って来ました!何回もリバース出来る人生、やり直して良かったと思っても、また、別の所に問題が!色々考えさせられるアニメでした!
  • 以前見たことはあったのですが、なんかまた見たくなって借りてしまいました。時間も長すぎずちょうど良いです。青春時代のあの頃に私もタイムリープしてみたいです。なんとも言えない、心地よい気持ちになりました。
  • アニメならではのスケールの大きさに驚きでした。主人公の女の子は元気で何事にもパワフルで可愛く友達の男の子はとにかく【イケメン】ばかり!時空超えてこの先どうなるの?恋の行方は?とハラハラドキドキいっぱいです。まだ観てない皆さん特に女子!オススメです!ぜひ観てください!

参考URL
・youtube.com