少林少女のジャケット写真

中国で少林拳の修行を積んだ桜沢凛(柴咲コウ)が帰国した。彼女の宿願は、少林拳を日本でも普及させていくことにあった。さっそく凛は、祖父が開館させた少林拳道場へと向かう。しかし、懐かしの道場は閉鎖されて廃墟となり、師だった岩井拳児(江口洋介)が町はずれの中華食堂で店長となっていた。変わり果てた状況に、凛は激しいショックを受ける。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:本広克行
音楽:菅野祐悟
キャスト:柴咲コウ 仲村トオル キティ・チャン

凛は中国での修行を終えて日本へ帰国するが道場は荒れ果てた姿に

凛は中国での少林拳の修行の最中に祖父が亡くなったと知らされます。それでも修行のため帰国できなかった凛でしたが、いよいよ修業も終わり念願の日本へ帰国する日がやって来ました。ところが道場に着くとそこは見るも無残な荒れ果てた姿に変わっていたのです。凛は真相を確かめようと、かつて祖父の弟子だった岩井の営む中華料理店へ向かいました。

店に入ると突然目の前にチャーハンが飛んできます。凛は見事な手さばきでチャーハンを受け止めると、店の奥から岩井が現れました。凛は岩井に道場がなぜ閉鎖しているのか問いつめましたが、岩井から詳しい事は教えてもらえませんでした。岩井から中華料理店で面倒を見てやると言われるも、凛は断り道場に帰ってしまうのです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=HKMyITbVUIs

少林拳を教える代わりにラクロスをする凛だが、強すぎてチームから外されてしまう

次の日、中華料理店でアルバイトをしていたミンミンは、凛を心配して道場に朝ごはんを届けてくれました。そこでミンミンは祖父に教えてもらったと少林拳を始めます。それを見ていた凛はミンミンに少林拳を一緒にやろうと誘い、凛がラクロスをやるなら少林拳をやってもいいと承諾しました。

ミンミンの通う大学ではラクロスの部員が足りず寄せ集めでチームを作っていました。凛も練習に参加しますが、凛のパワーが凄すぎてチームのメンバーはついていけません。そこにコーチとして現れた中華料理店の岩井によって、凛は練習から外されてしまいます。練習試合でも凛は試合に出してはもらえませんでしたが、メンバーのケガによって後半から試合に出場しました。ところがメンバーを信じない凛の個人プレーに、チームのメンバーから嫌われてしまうのです。

凛に心を開く仲間たちが次々に少林拳を始める

凛は今までチームプレイをした事がなかったので、チームプレイを理解することが出来ずにいました。そんな時、少年サッカーのみんなと一緒に練習をすることになり、凛は徐々にチームプレイを覚えていきます。凛の頑張る姿を見ていたラクロスのメンバーが、次々に少林拳を学び始めます。

少林拳とラクロスを組み合わせた練習で、チームのメンバーはどんどん実力を付けていきました。そんな時、凛は岩井から中国での修行の本当の理由を聞かされます。凛には凄まじい気の力が宿っていて、その気の力をコントロールするために修行に出されたといいます。凛は自分の気が人を傷つける力があると知り、凛はもう戦わないと岩井に誓います。じつはこの時、凛の気の力を試そうとする人物が陰で動いていたのです。

凛の少林拳の力を引き出す為に道場が燃やされてしまう

凛の通う大学の学長も、かつて凛の祖父の下で修業をしていた一人でした。学長は自分の実力が試したくて、凛と戦いたくて仕方なかったのです。戦わない凛を戦いたい気持にさせようと、学長は凛の道場に火をつけ燃やしてしまいます。

その頃、岩井の中華料理店も爆破させられ、ミンミンが人質としてさらわれてしまいました。凛は大切な人を守るために戦うと岩井に告げると、岩井は必ず帰って来いと凛を送り出してくれました。凛はミンミンを救うために一人で学長のいる塔に乗りこみます。

凛は戦うのをやめ、学長の心を癒し心を取り戻させる

塔に入ると次から次へとたくさんの敵が襲い掛かってきます。そこに中華料理店の仲間も駆けつけて戦いに加わります。そして凛を先に行かせてくれたのです。先へ進む凛の前には次の敵が立ちふさがりますが、そんな敵をものともせず凛はついに学長の所へたどり着きました。

学長と激しい戦いを繰り広げる中、凛は次第に気をコントロールしていきます。凛のからだは気の光に包まれ、学長も気の光で包み込みます。学長は光に包まれると正気を取り戻し、凛に敗れた事を認めます。学長が凛に戦いの目を向けることは無くなりました。そして、凛はラクロスの仲間の元へと帰っていくのでした。

少林少女の作品情報

少林少女のジャケット写真

レンタル開始日
2008/11/05
監督
本広克行
キャスト
柴咲コウ 仲村トオル キティ・チャン
上映時間
107分
さらに詳しく見る>
少林少女のユーザ評価

評価数:494件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 少林サッカーのようにもっとラクロスのシーンがあるのかと思いましたが、ラクロスはおまけのようでした。
    それでもあんな棒で小さいボールを投げたり受けたりするなんて、とても難しいスポーツに感じましたし、特撮なんだろうけどそれっぽくてかっこよかったです。
    人死にもなく(じいちゃん死んでたけど寿命だったみたいだし)思った以上に安全な映画でした。
    柴咲コウや岡村隆史が、あんなに動けるのには驚きましたし、かっこよかったです。
  • 柴咲コウちゃんは好きだし、B型で勝気のコウちゃんの、少林拳とラクロスが一度に楽しめるのだから、かなりお得な作品。前半は一大スペクタル映画の始まりとしてはかなりしんみりしていて、少林拳の心と形の精神の理解、少林拳が邪悪な武術ではないことなど、コウちゃんの心象を通して、ラクロスのチームプレイの大切さなどとオーバーラップして進行します。中盤から後半にかけては格闘技のアクションコメディ娯楽映画ですから、壮大なスペクタクル(まるで格闘ゲームで次々と敵をクリアーしていくような)の展開が続きますが、心休まるエンディングが待ち構えています。
  • ワイヤーアクションというのですか?が、すごく良く出来ていたと思います。
    内容はありきたりなので、柴咲コウ、仲村トオル、岡村隆史のアクションを
    楽しむ感じで。

カンフー映画「少林サッカー」もオススメ!

カンフー映画がお好きな方には「少林サッカー」がオススメ。少林拳をサッカーに取り入れた試合展開は迫力満点です。ちょっと現実ではありえない技もたくさんありますが、そこがまた魅力の1つです。

少林サッカーの作品情報

少林サッカーのジャケット写真

レンタル開始日
2002/11/22
監督
チャウ・シンチー[周星馳]
キャスト
チャウ・シンチー[周星馳](シン/鋼鉄の脚) ラム・チーチョン(六弟/水渡り(空渡り))
上映時間
109分
さらに詳しく見る>
少林サッカーのユーザ評価

評価数:1122件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 未知なる力を秘めた功夫の使い手が、師匠の教えで開眼し、強大な敵を倒すという香港映画のテンプレートを、現代風に昇華させた作品。荒唐無稽な内容なのだか、その尋常ではない爽快感は、今のハリウッドや日本映画で堪能するのは困難であろう。香港映画のもう一つの大事なテンプレートも終盤に収められており、思わずニヤッとしてしまう点も見逃せない。
  • 色々意見があるだろうけどこの映画は、自分の中で最高の映画の一つです。唐突なダンスや王道の展開、締めのきれいさ、金をかけてもできないエンターテイメントのセンスがあふれています。
  • チャウ・シンチーが監督、脚本、主演のマルチタレントぶりを見せている。技もすごいが、面もすごいメンバーが集まったサッカーチーム。ワイヤーアクションサッカーと言う新しいジャンルができたかのようで、見ているときれいなサッカーです。

参考URL
・youtube.com