帝一の國のジャケット写真

映画「帝一の國」は人気マンガの実写化作品。名門高校に入学した主人公が、生徒会長の座を射止めるべく、票集めのための根回しやライバル落としに奔走する青春映画。ここまでやる高校生がいたらちょっと驚きです。が、名門ならありうるのかもと思ってしまうところも。気になるネタバレを一挙にどうぞ!

監督:永井聡、原作:古屋兎丸、脚本:いずみ吉紘、音楽:渡邊崇、出演:菅田将暉 野村周平 竹内涼真 間宮祥太朗 志尊淳

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

帝一の國のネタバレあらすじ-1:自分の国をつくりたい

名門私立高校「海帝高校」の入学式。政治家や財界トップといった日本が誇るエリートを輩出する名門校であるこの高校では、「生徒会長になること」が将来のキャリアに大きく影響する。成績優秀者として新入生代表挨拶をまかされた主人公「赤羽帝一」は、「僕は作る。僕の国を」と心に誓っている。

帝一は政治家の父とピアニストの母の間に生まれた。父・譲介もまた海帝高校の出身だったが、生徒会長選で東郷という男に破れ、政界入りしてからも東郷にあと一歩及ばないキャリアが続いていた。譲介は息子である帝一に自分の夢を託し、ピアノに夢中になる帝一からピアノを取り上げていた。

※帝一は「僕の国をつくる」ために貪欲に行動していきます。あまりにも貪欲すぎるその姿に、思わずむふっと笑ってしまいました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Gmo0A_fB_Ew

帝一の國のネタバレあらすじ-2:ライバルの登場と生徒会長への道

クラスルーム長に任命された帝一は、生徒会長への投票権を持つ「評議会」入りを果たす。その際、中学からの同志「榊原光明」を副ルーム長に任命、生徒会長への道を突き進む。一方、帝一の父のライバルである東郷の息子「東郷菊馬」、そして「大鷹弾」という男もルーム長に選ばれていた。

弾にはカリスマ性があり、異彩を放つ生徒だった。帝一はそのカリスマ性に激しく嫉妬する。生徒会長になるため、翌年の生徒会長候補を調査する帝一と光明。有力な候補者は「森園億人」、「氷室ローランド」。特に氷室は、現生徒会長の票固めをした張本人だった。生徒会長を目指す帝一とライバルである菊馬は、氷室へ近づく。

※弾へ嫉妬する帝一の姿、帝一を激しくライバル視する菊馬の姿は滑稽です。また森園と氷室、それぞれがもつ独特な雰囲気に惹き込まれること間違いなしです。かっこいい彼らのふんどし一丁パフォーマンスも見所ですよ!

帝一の國のネタバレあらすじ-3:生徒会長への夢断たれる?!

しかし帝一にピンチが訪れる――帝一の父・譲介と氷室の父が犬猿の仲であることが判明した。譲介が氷室の父から恨みを抱かれていることを知った菊馬は、氷室に告げ口し、氷室は帝一を切り捨ててしまう。

帝一は、今まで氷室につくために非礼を行なっていた森園陣営につく作戦に出た。森園に対し深くお詫びをし、また森園陣営についていた弾のおかげもあって、森園陣営を大きく動かすことに成功する帝一。人の心を動かす森園と金で人を動かす氷室の対決が五分五分になってきたところで、その状況を打破したい菊馬によって、帝一の父が収賄容疑にかけられてしまう。

そのせいで森園陣営のイメージダウンが起きてしまう。帝一は拘置所で出会った父に対し、激しく責め立てる。帝一が「僕の国」にこだわっていたのは、自分の国をつくることで誰からも大好きなピアノを邪魔されないためであった。帝一は激しく落ち込み、部屋に引きこもってしまう。

※帝一が「僕の国」にこだわっていた理由を知ると、とても切なくなります。彼は父にやめさせられたピアノを今でもずっと好きだったんです。帝一が父に想いをぶちまけるシーンでは、思わず涙が出てしまいました。

帝一の國のネタバレあらすじ-4:帝一の目論み通りにことは進むのか?

良きライバルとなった弾や、幼なじみで恋人の美美子の励ましもあり、生徒会長選の投票へ行くことにした帝一だったが、実は帝一に劣等感を抱いていた菊馬によって行く手を阻まれてしまう。帝一と菊馬が取っ組み合いをしている最中も、生徒会長選は続いていく。弾は森園陣営についていたが、白票を投じ、氷室VS森園は同点になる。しかし現生徒会長は最後に森園を選んだ。

森園生徒会長による制度改革により、生徒会長の投票方法が変わった1年後。帝一と弾、菊馬は生徒会長候補となっていた。全校生徒からの投票となり、ほぼ帝一と弾の一騎打ちとなっていた。菊馬は帝一陣営に自ら移動し、その後締め切り直前で弾に投票。帝一を裏切る作戦に出たが、光明がその動きを察知していたおかげで、帝一は投票の結果が出る前に弾に生徒会長を譲る。

「負け」ではなく「勝ちを譲る」ことで、全校生徒の自身への強い印象を残した帝一は、生徒会長就任記念のピアノ演奏で「マリオネット」を演奏する。“操り人形”を意味するその曲を弾きながら「君たちのことだよ」とつぶやき、映画は終わる。

※最後の帝一の台詞は本当にぞくっとするほど魅力的な台詞です。操り人形を弾いた意図を理解しているのは帝一と光明だけ。この2人が国をつくりあげるのは、もうすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

帝一の國の作品情報

帝一の國のジャケット写真
公開日
2017/04/29
監督
永井聡
キャスト
菅田将暉(赤場帝一)、野村周平(東郷菊馬)
上映時間
118分
GEOで購入!
帝一の國のユーザ評価

評価数:1408件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 現実の世界から漫画の世界にどっぷり浸かれます。ドンピシャキャラに 演技力が加わると こうもぶっ飛びな作品が生まれるんだなぁと感心!!ラストまで ニヤッと 予想以上の苦笑いが待ってました。
  • 若手人気俳優が多数出演しており、それぞれのキャラクターがしっかり立っています。ストーリーは詰め込みすぎで深く描写できていないところもありますが、コミックの映画化のお手本のような作品です。 主演の菅田将暉が特に良い演技をしています。
  • 今ときめく俳優さん達がたくさんでていて、内容もとっても面白いです!久しぶりにハマった邦画⭐️この作品を見て菅田将暉が好きになりました!

伝説の漫画『ライチ光クラブ』の実写映画は外せない!

『帝一の國』の作者・古屋兎丸と言えば、有名な作品があります。カルト的な人気を誇る漫画『ライチ☆光クラブ』の映画は観ましたか?14歳という多感な時期の少年を描いたこの作品は、原作へ愛が半端ではありません。かなりグロテスクな描写もありますが、『帝一の國』同様、作り込まれた世界観に圧倒されること間違いなしです。

ライチ☆光クラブの作品情報

ライチ☆光クラブのジャケット写真
レンタル開始日
2016/08/03
監督
内藤瑛亮
キャスト
野村周平、中条あやみ、間宮祥太朗
上映時間
114分
GEOで購入!
ライチ☆光クラブのユーザ評価

評価数:787件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原作の雰囲気や世界観の再現度が素晴らしいです。
  • 原作の感じをよく表現していると思います、ほの暗さとかグロさとかとりあえず血が出るのでグロいのが苦手な人はご注意を!
  • 見た目から古川雄輝くんはゼラにしたら幼過ぎるかなぁと思っていたのですが蓋を開けてみたら吃驚、とっても妖艶で美しくて思わず息を呑む程でした。古川雄輝くんのファンは是非見て頂きたい作品です。

参考URL
・youtube.com