幸せの1ページのジャケット写真

ベストセラー冒険小説家アレクサンドラ・ローバーは、対人恐怖症で外出恐怖症、そして潔癖症の引きこもり。自分が書くヒーロー、アレックス・ローバーとは似ても似つかない女性だ。新作の執筆に励んでいるものの、原稿はなかなかはかどらない。何か小説に役立つネタはないかとネットで検索していたところ、孤島の火山のふもとで暮らす海洋生物学者ジャックの記事に目を留める。

監督:ジェニファー・フラケット マーク・レヴィン、原作:ウェンディ・オルー、脚本:ジェニファー・フラケット マーク・レヴィン、出演:アビゲイル・ブレスリン(ニム・ルソー) ジョディ・フォスター(アレクサンドラ・ローバー) 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

アレックス・ローバー

11歳のニムは、小さな無人島で海洋生物学者である父親のジャックと二人で暮らしていました。ニムの友達はアシカやペリカン、トカゲや亀。彼らから自然や泳ぎを学び、すくすくと成長しています。彼女の愛読書は主人公アレックスの冒険活劇を描いた「アレックス・ローバー」という小説で、彼の冒険にいつも冒険に胸をときめかせていました。

一方で、「アレックス・ローバー」の作者アレックスこと、アレクサンドラ・ローバーは、主人公のアレックスとは正反対で、潔癖症が悪化し、外出恐怖症となり家に引きこもっている女性。アレックスの幻覚が度々現れ、彼女に語りかけています。今執筆しているのは火山を題材にした物語でした。ところが執筆は、行き詰っており、アレクサンドラはインターネットで検索し、学者が火山島で研究しているという記事を発見。アレックス・ローバー名義でジャックにメールを送り助言を求めました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=syZmir0geAk

嵐と怪我で親子がピンチ!

ジャックはその頃、沖で大繁殖しているプランクトンの採取に、2晩の予定でひとりヨットで珊瑚礁に向かっていました。いつもはニムも一緒に連れて行くところですが、ニムは「亀の卵が孵化するのを見届けたい」とひとり島に残ることに。ジャックを見送ったニムが家に戻り、メールを確認すると、憧れのアレクサンドラからのメールに感激し、ジャックの助手として代筆するとの返事を出しました。

一方、ジャックの方はプランクトンの採取の途中で風が変わり、嵐に巻き込まれ、ヨットから投げ出されてしまいます。島もひどい嵐に見舞われ、翌朝ニムはジャックへ連絡しましたが、ジャックからの返答はありませんでした。また、アレクサンドラから火山の様子を聞かれたニムは、噴火口の様子を確認した帰り、崖から転落して足を怪我してしまいます。ニムは、アレクサンドラにメールで怪我の手当ての仕方と尋ね、その際「パパが帰ってきたら」と書いてあったことで、アレクサンドラはニムがまだ子供だということを知ります。

ニムの海賊撃退作戦成功!

ジャックとは連絡が取れず、怪我をして不安を抱えているニムに、アレクサンドラから「君の年齢は?ひとりなのかい?」というメールが届き、ニムはアレクサンドラに「助けて」と訴えました。ニムが、自分をアレックスのように勇敢だと勘違いしていると気づいたアレクサンドラでしたが、助けに行きたいのは山々なのに、外出恐怖症で家から出られません。

すると、アレックスの幻覚が「行け!」と、彼女の背中を押します。アレクサンドラは、島の正確な位置を割り出し、決死の覚悟で島に向かったのです。その頃ジャックは、自力で船に這い上がり、ペリカンのガリレオの力を借りて、ニムの元へ戻るために船の修理を行っていました。一方でニムは、ツアー客を乗せた客船を海賊と間違え、撃退行動を起こしていました。火山が噴火しているように見せかけるため、火口付近で火を焚いているうちにアクシデントが起こり、本当に噴煙を引き起こしてしまったのです。ツアー客らは慌てて避難し、ニムの「海賊」撃退作戦は成功を収めました。

新たな幸せへの1ページ

アレクサンドラの乗っていたヘリがモンスーンに巻き込まれ、先ほどニムが撃退した客船に不時着しました。その後、客船から小型ボートに乗りかえて島を目指しました。また、船の修理を終えたジャックも、島に向かっています。家に戻っていたニムは、ジャックの声が聞こえたような気がして浜まで行くと、ボートから海に投げ出されてしまったアレクサンドラを救出。

翌朝、ニムは憧れのアレックスの正体がアレクサンドラだと知り、ショックを受け彼女を拒絶してしまいます。一方のアレクサンドラも、ニムたちの暮らしぶりにカルチャーショックを隠しきれませんでした。次の日、5日経っても帰らないジャックに絶望的になっていたニムを、アレクサンドラは「あなたを一人にしない」と言って抱きしめます。その時、ガリレオが飛んできて騒ぎ出し、ニムが海を見るとそこには、自作の船で戻ってきたジャックの姿があったのです。ニムはジャックの元へ走り出し、ジャックにアレクサンドラを紹介します。ふたりは人目で恋に落ち、新たな幸せな1ページが開かれることとなったのです。

幸せの1ページの作品情報

幸せの1ページのジャケット写真
レンタル開始日
2009/02/13
監督
ジェニファー・フラケット マーク・レヴィン
キャスト
アビゲイル・ブレスリン(ニム・ルソー) ジョディ・フォスター(アレクサンドラ・ローバー) 
上映時間
96分
GEOで購入!
幸せの1ページのユーザ評価

評価数:323件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ジョディ フォスターの良さが出ていたと思う。コンタクトやハンニバルとも違うジョディを観れて良かった。ストーリーも面白く作られていて、小さい子のいる家族で観るのにオススメです。ハッピーな気分になりたい時にオススメ。
  • アレクサンドラが島へ向かう物語とニムの島での物語の2つの話で物語は進みます。 2つの話もほどよい感じで組み合わさってるので不満はありませんでした。 ニムの野生児っぷりな動きとアシカやトカゲ、ペリカン、カメといった動物との暮らしは最高。 終わってから考えるとニムのパパが危険だった(笑)
  • 孤島で動物たちと楽しく元気に暮らすアイゲイルの姿には癒されつつ、都会生活のアカが落ちるようです。 そのファンタジックなナレーションと動物たち、そこの交流、そこからの展開など子ども目線で見ると夢溢れる映画として面白いです

参考URL
・youtube.com