忍びの国のジャケット写真

<簡単な解説>
「のぼうの城」の原作者・和田竜の時代小説を「映画 怪物くん」の監督&主演コンビで実写化。織田信長の次男・信雄が超人的な忍者衆が暮らす伊賀に向け独断で挙兵。様々な思惑が交錯する中、伊賀一の凄腕・無門率いる忍び軍団と織田軍との壮絶な戦がはじまる。和田竜は本作の脚本も手がけ、第一次天正伊賀の乱を舞台に、無門と妻・お国の夫婦愛を描く。普段は怠け者ながら凄腕を持つ主人公を大野智が演じるほか、「シン・ゴジラ」の石原さとみ、「俺物語!!」の鈴木亮平、「超高速!参勤交代」シリーズの知念侑李らが出演。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

人でなしでも凄腕!伊賀一の忍び、無門

信長の天下統一が目前に迫る戦国時代末期。伊賀では未だに小領主が争いを繰り返していました。小領主の1人で百地三太夫(立川談春)に雇われている無門(大野智)は、普段は怠け者でありながら、お金の為なら伊賀一の忍びに早変わり。名前の由来の通り、どんな堅牢な門でも破ってしまうという凄腕の忍者です。

ある日、無門は金の為に、下山治郎兵衛(満島真之介)を殺します。それを見ていた治郎兵衛の兄下山平兵衛(鈴木亮平)は、家族の命までも粗末に扱い、人を人とも思っていない忍びの考えに疑問を持ちます。そして「故郷である伊賀こそが滅びるべきではないか」と考えるようになっていました。

その後、平兵衛は祖国を裏切り、織田軍に寝返ります。織田信長の息子織田信雄(知念侑李)に伊賀の国を滅ぼすよう進言。信雄は、父親の信長に認めてもらおうと伊賀を攻めることを決心しました。こうして、圧倒的な兵力と戦力を持つ織田軍対伊賀の忍者衆の戦いの幕が開けました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=KyprWvKyE3E

圧倒的戦力を持つ織田軍に伊賀軍はなす術なし!?

1万人という兵士を持つ織田軍に対し、たった3千人ほどしかいない伊賀軍では、勝負になりません。さらに、忍びたちは報酬のない戦に命を懸ける気もありません。無門も同じで、信雄が攻めてこないようにする為、信雄の寝床に忍び込みます。命は助けてやるから、伊賀を攻めるなと信雄を脅す無門。しかし、信雄は聞く耳を持ちません。

無門には愛する妻、お国(石原さとみ)がいます。最愛のお国まで殺すと言われた無門は怒って一旦退散します。その途中に、城内の地下牢に囚われている北畠凛(平祐奈)に出会います。信雄の妻である凛は、政略結婚によって愛のない結婚をさせられたうえ父親を殺され、信雄を恨んでいました。

凛は北畠家に代々伝わる茶入れ「小茄子」を無門に渡す条件として、信雄を殺してくれと頼んできます。これで父の仇がとれると安心した凛は、自ら命を絶ちました。

無門に立ちはだかる強敵たち!

伊賀に戻った無門は、凛のことなど気にもせず、小茄子を持ってお国と共に京に逃げようとします。他の多くの忍びたちも同じでした。しかし、多くの子どもたちは伊賀に取り残されたままです。それに気づいたお国は、無門に小茄子を手渡し、戦いにいくよう伝えます。

無門は、1万貫の価値があるといわれる小茄子をかかげ、「信雄の首を取れば、5000貫出す!」と、忍びたちを煽ります。お金がかかれば話は別と、忍びたちは信雄の首を取ろうと一斉に戦場へ戻っていきました。

忍びが戻ってきたことによって形勢逆転。5000貫を他の人に渡したくない無門も信雄を探し出します。信雄を殺そうとする無門ですが、信雄の家臣日置大膳(伊勢谷友介)に阻止されてしまいます。無門と日置大膳との激しい一騎打ちの最中、信雄が無門に矢を放ちます。無門が草むらへ逃げた隙に、信雄たちは逃げていきました。

伊賀の忍びたちは、敗北を悟った織田軍を追ってきます。信雄を討とうとする無門ですが、そこに平兵衛が立ちはだかります。無門と、無門によって弟を殺された平兵衛の激しい一騎打ちは続きます。

激しい戦いの末に無門が得たものは…?

ほぼ互角の戦いでしたが、最後に勝利したのは無門でした。しかし、平兵衛との戦いで、無門の心に変化が表れ始めます。平兵衛を始め、凛、逃げることをやめたお国たち。みんな人間らしい心を持っています。それに比べ、金がすべての自分はなんて恥ずかしいのだろうと。

伊賀に戻った無門は、今までのことは全て百地三太夫たち十二家評定衆の策略だと知ります。忍びが織田軍に勝てば、自分たちが儲かると計算していたのでした。平兵衛との戦いで「人の心」を得た無門は怒り、十二家評定衆の1人を殺します。

百地三太夫が、無門を殺せば褒美をやると言い、忍びが一斉に無門を殺そうと襲いかかります。そこへ無門を守ろうとお国が小茄子を掲げて現れます。すると、一斉にお国に向かって毒矢を放つ忍びたち――無門の助けも虚しくお国は息を引き取りました。

無門は悲しみのあまり、小茄子を叩き割り、お国を抱え伊賀の国を去っていきました。そして2年後――怒った信長によって、伊賀の国は滅ぼされます。織田軍の兵に扮していた無門は、伊賀の滅亡を見届けたあと、またどこかへ去っていきました。

忍びの国の作品情報

忍びの国のジャケット写真
レンタル開始日
2018/02/02
監督
中村義洋
キャスト
大野智 石原さとみ 鈴木亮平
上映時間
125分
GEOで購入!
忍びの国のユーザ評価

評価数:840件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原作を更に簡潔にわかりやすく、無門にスポットを当て、その心の移り変わる様を圧倒的な演技で魅せてくれた!和田さん、中村監督、大野智さん素晴らしい作品をありがとう!!一回じゃわからないかもしれない、私はその後数回観に行きました。
  • とても身軽に戦ってたのに、あんなに重そうな服を着ていたなんて無門、強すぎるしかっこいい。大野くんのアクション中の楽しそうな笑顔を見ていて、こちらまで笑顔になった。やめろぉぉぉ!!!の叫びにお国への愛が詰まってると思う。泣ける。あそこまで一声に気持ちを込められるなんて、本当に大野くんって、すごい。
  • 大野くんファンなのでフィルターかかってるかもしれませんが、面白かったです。殺陣は格好良いし石原さとみは可愛いし、近年の映画にしては原作に忠実な方かなと思います。正直観る前は人気アイドルと人気俳優が格好良くドンパチやるだけだと思ってましたが、実際はきちんとテーマがある考えさせられる映画です。

「忍びの国」の他におすすめしたい作品をご紹介!

「忍びの国」の原作及び脚本は、「村上海賊の娘」や「のぼうの城」などの人気時代小説の作者和田竜氏です。同じ和田竜氏が原作であり脚本も手掛ける「のぼうの城」は「忍びの国」と同じ歴史大作。魅力的な主人公と、迫力のある水攻めシーンなどみどころ満載です。また、「忍びの国」の監督は、「殿、利息でござる!」「予告犯」などを手掛ける中村義洋氏。「忍びの国」と同じく中村義洋氏と大野智がタッグを組んだ「映画 怪物くん」もまた「忍びの国」とは違った雰囲気でおすすめです。

のぼうの城の作品情報

のぼうの城のジャケット写真
レンタル開始日
2013/05/02
監督
犬童一心 樋口真嗣
キャスト
野村萬斎(成田長親) 佐藤浩市(正木丹波守利英
上映時間
145分
GEOで購入!
のぼうの城のユーザ評価

評価数:13483件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 実話を基に作られてたのを知人に聞いて見てみました。埼玉県在住で場所も分かるから観ながら現在の情景と比べられましたね。ナガチカの人柄は武将としては駄目なのかもしれないけど、周りが「支えたい!」「力になりたい!」と思える城代様。豊臣勢が唯一落とせなかった城。戦国の世に摩訶不思議な出来事なのかもしれないですね。
  • 野村萬斎の良さが全面にでてる作品だと思います。 歴史と関係のある作品ですが、クスッと笑える場面が多く、見ていてとてもおもしろかったです。
  • 領民から”のぼう様”と呼ばれる成田長親の奇策に、両軍ど肝を抜かす。野村萬斎を始め、すべてのキャストがこの作品をつくりだすために必要不可欠であり、誰が欠けても完成しない。 この作品を見ると必ず、儚く力強い乱世の時代を生きた強者たちの生き様に憧れ、想いを馳せるであろう。そして必ず、埼玉県行田市という地に足を踏み入れてしまうだろう。

参考URL
・youtube.com