悪の教典のジャケット写真

サイコキラーという裏の顔を持つ高校教師が引き起こす殺人劇を描いたサイコ・ホラー映画「悪の教典」。伊藤英明演じる高校教師は表向きは爽やかな好青年。ですが、裏の顔は――全て計算した上で実行される殺人の数々には背筋が凍りつきそうになること間違いなし!驚愕のストーリーをどうぞ最後までお楽しみください!

ここから悪の経典のネタバレ!閲覧にはご注意ください!

悪の教典のネタバレ1:人気教師“ハスミン”

東京町田市の私立高校、晨光学院に勤める英語教師・蓮実聖司(通称「ハスミン」)は、性格も明るく快活で、教師としても有能。しかも抜群にハンサムなことから生徒人気は絶大で、周囲の教師からも一目置かれる存在でした。普段は2年4組の担任としてモンスターペアレント(清田)の対応をしたり、体育教師にセクハラされている女子生徒(美彌)を助けたりとまじめに立ち働く毎日でしたが、その一方で彼には、誰も知らない裏の顔がありました…。

そんな中、中間テストが迫ったある日の職員会議で、カンニングの対策が議題に上ります。以前の期末テストの際大規模な集団カンニングが行われており、教師たちはその対応を迫られていたのです。カンニングに携帯電話が利用されているらしいことから、蓮実は対策として校内で妨害電波を流すことを提案しますが、法律に触れることを危惧した校長らから却下されます。

結局、生徒たちの携帯をテスト中回収するという策に落ち着きますが、カンニングの首謀者である2年1組の生徒・早見圭介はもう一台の携帯を隠し持っていました。しかし、回答を送信しようとすると電波は圏外に。圭介は何者かが妨害電波を流したと勘づき、友人の怜花と雄一郎にそう告げます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=10ssNsCJX2w

悪の教典のネタバレ2:裏の顔が少しずつ暴かれる

そんな圭介たちに、物理教師の釣井が警告を発します。釣井は密かに蓮実の素性を疑い、彼について探っていたのでした。一方蓮実は、彼が助けた美彌に屋上で迫られ、キスを返します。

しかし、その様子は不良生徒の蓼沼に見られていました。何も見ていないととぼける蓼沼を、じっと見送る蓮実。その晩、クレーマーの清田の家が突然炎に包まれます。家の周りに並べていた猫除けペットボトルの中身が、何者かに灯油にすり替えられ、そこへ清田がタバコをポイ捨てしたことで火が出たのです。両親は焼死し、娘の梨奈だけが助かっていました。学校に説明に来た警察が帰ろうとすると、釣井が声をかけます。「蓮実先生は以前、都立北原高校にいた」それだけ言って立ち去る釣井。

一方、徐々に本性を出しつつある蓮実は次の獲物に狙いをつけていました。標的となったのは、男子生徒と関係を結んでいる美術教師の久米。蓮実は久米を脅すと、彼の豪奢な住まいを美彌との密会の場に利用するようになります。その頃圭介らは、釣井の言葉から蓮実が以前にいた北原高校のことを調べていました。そこで分かったのは、蓮実の在職中、4人もの生徒が連続して自殺を遂げていたという事実でした。

悪の教典のネタバレ3:暴走はとめられない

完全にサイコパスの本性を現した蓮実。次に彼は、美彌との関係を見ていた蓼沼を罠にはめ、殺害して埋めてしまいます。姿を消した蓼沼は失踪扱いに。蓮実は「三文オペラ」の主題歌「モリタート」(殺人者の歌です)を好み、自身のテーマソングとしていました。陽気な曲に乗って次々に犯行を重ねていく殺人暴走機関車・蓮実。

一方、圭介は釣井から話を聞きだします。釣井は蓮実の両親を始め、彼の周りで何人もの死者が出ていることを突き止めていました。しかも釣井は知りませんでしたが、蓮実は渡米中にも殺人を重ねていたのです。

しかし、その会話は蓮実によって全て盗聴されており、釣井は電車の中で自殺に見せかけて殺されてしまいます。圭介もまた蓮実に捕まり、拷問の末に殺害されるのでした。一方、美彌は蓮実のカバンに蓼沼の携帯が入っているのを見てしまいます。蓮実は言い訳しますが、その目は完全に人殺しの目…。そして文化祭が近づいたある日、惨劇の幕が開きます。クラス中の生徒が泊まり込みで準備をする中、蓮実は美彌を屋上へ呼び出し、自殺に見せかけて殺害。しかしその現場へやってきた女生徒をやむなく殺してしまったことから、計画は大幅な変更を余儀なくされます。

悪の教典の最後:殺戮の夜

彼が考え付いたのはとんでもないプランでした。まず久米を学校に呼び出し、殴って縛り付けると、彼のクレー射撃用の銃を使い、生徒達に向け次々に発砲。全てを久米のせいにして学校内の生徒を皆殺しにし、自分の殺人をごまかそうと考えたのです。校内の携帯電波は妨害され、電話線も切られて外部との連絡は絶たれていました。血しぶき用のレインコートを身にまとい、モリタートを口ずさみながら淡々と生徒を殺していく蓮実。夜の学校を舞台にした、血みどろの大殺戮ショーが繰り広げられます。

次々に死体の山が出来上がる中、怜花と雄一郎も追いつめられていました。しかし絶体絶命のそのピンチを、二人は替え玉の死体を使って切り抜けます。やがて警官隊が到着し、久米に責任を押し付けようとしたその時、怜花と雄一郎が出現。蓮実はなおも芝居を続けようとしますが、彼の凶行は偶然にも、AEDの録音装置によって記録されていました。動かぬ証拠によって連行される蓮実。その時彼は怜花たちに対し、「これは全部神の意志だ」と告げます。心神喪失を装うような蓮実の言動に、怜花はまだゲームは続くと予感して震えるのでした…。

悪の教典の作品情報

悪の教典のジャケット写真
レンタル開始日
2013/05/10
監督
三池崇史
キャスト
伊藤英明 二階堂ふみ 染谷将太
上映時間
129分
GEOで購入!
悪の教典のユーザ評価

評価数:20130件 
評価:★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • すごくグロかったです。食事中に見てしまって切りました笑 実際にはありえない事なので作品作った人すごいなっと思いました。また続きがあるなら借りてみたいと思いました。
  • 伊藤英明の狂気っぷりを楽しむ映画です(笑)彼が口ずさむ音楽がまた素敵でカッコいい!!!ただただ淡々と生徒を殺していくだけなので観ていて気分が悪くなる方も居るかと思いますが、伊藤英明…カッコいいです。
  • いつもニコニコ生徒から愛される先生が一変し、真顔で生徒を打ちまくる所がリアルに怖いです。 海猿であんなに人助けした伊藤英明さん…そのギャップがなんとも……泣

参考URL ・youtube.com