映画 暗殺教室のジャケット写真

生徒たちに掲げられた課題、それは「担任教師を殺すこと」。映画「暗殺教室」は人気マンガを実写化した作品。ゆるい笑顔とタコのような手足に隠れた素顔は?!そして、地球を破壊する力を持つ殺せんせーに生徒たちはどう立ち向かうのか?気になるストーリーのネタバレをどうぞお楽しみください。

監督:羽住英一郎、原作:松井優征、脚本:金沢達也 佐藤直紀、音楽:佐藤直紀、出演:山田涼介 菅田将暉 山本舞香 竹富聖花 優希美青

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

暗殺教室のネタバレあらすじ-1:謎のタコ型超生物「殺せんせー」、担任になる

有名進学校の「椚ヶ丘中学校」に、落ちこぼれクラスの3年E組がある。学校の離れの旧校舎に教室があり、他の生徒に優越感を持たせ学業の効率化させるために作られたクラスだ。E組の生徒達も、自信を無くし投げやりになっていた。そんなE組に突如として、謎の黄色いタコ型超生物(声:二宮和成)が担任としてやってきた。

月を破壊し、1年後には地球の破壊を予告している恐ろしい生き物は、自らE 組の担任になることを政府に提案したのだった。防衛相は、世界が恐怖でパニックになる前に暗殺を試みるが、マッハ20の速度で移動するタコ型超生物を前に、手も足も出ない状態だったが、生徒に危害を加えないことを条件に、不可解な提案を認めた。

副担任としてやってきた防衛庁の「烏間」(椎名桔平)は、担任の先生を暗殺できれば、国から報酬100億円を支給すると生徒たちに告げる。外部に他言無用の中、戸惑いながらタコ型超生物、通称「殺せんせー」暗殺のため、生徒たちは様々な手を試みていくのであった。そして、殺せんせーが担任になった訳が明らかになる。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2eI4o_k7Ky8

暗殺教室のネタバレあらすじ-2:プロの殺し屋と生徒達の暗殺模索

生徒たちは、防衛相から支給された「特殊生物用BB弾」、「特殊ナイフ」で殺せんせーを狙うが、月をも簡単に破壊する殺せんせーに、ダメージすら与えられない。体格が華奢な「潮田渚」(山田涼介)は、殺せんせーを観察し、特徴をメモにとっていた。

そんな中、世界中のプロの殺し屋も暗殺教室に派遣される。腕利きの殺し屋「イリーナ・イェラビッチ」(知英)は襲撃に失敗し、英語の授業の担当に。成す術が見つからない中、初めて殺せんせーに傷を負わせた生徒が現れた。停学が明けた「赤羽」(菅田将暉)だ。さらなる手と、赤羽は崖から身を投げ暗殺を試みるが、殺せんせーの責任感により救われる。次に、人工知能を持つ自立思考固定砲台の律が、送り込まれる。

律は、授業中に一斉射撃を続け、学習能力を高め暗殺確率を上げようとするが、教室に散らかる大量のBB弾を自ら片づけられず、生徒達から反感をかう。そこで、殺せんせーは、律に生徒達の資料を渡し、協調することをアドバイス。翌日律は、携帯アプリとして現れ、生徒をサポートすることで、受け入れられていった。

暗殺教室のネタバレあらすじ-3:暗殺合宿のスタート

「殺せんせーの弟」を名乗る転校生「堀部イトナ」(加藤清史郎)が現れ、殺せんせーに対決を挑む。イトナの髪は、殺せんせーのように触手で動く能力を持ち、攻撃をしてきた。

イトナの触手を見た殺せんせーは「どこでその触手を!」と激怒し、イトナの触手を断ち切り、教室の外に放り出したのだった。なぜ暗殺教室の担任になったのかと、生徒から聞かれた殺せんせーは、「ある人との約束を守るため」と答えるが、どんな約束かについては、「知りたければ暗殺してみなさい」と言う。

殺せんせーは、生徒たちに暗殺合宿を提案し、合宿がスタートする。殺せんせーは、生徒それぞれの苦手科目を徹底的に教え、みんな必死に勉強し、自信をつけていく。翌日、「鷹岡」(高嶋政伸)が体育教師として派遣され生徒の心を掴むが、本性はスパルタ教師であった。

暗殺教室は、暗殺に成功すれば大金が入るので勉強しなくてもいい。という、雰囲気になり始める。殺せんせーは、生徒を集め「優秀な暗殺者は、常に第二の刃を持っている」と言い、考える力を身につけるため勉強の必要性を諭す。

暗殺教室のネタバレあらすじ-4:殺せんせーの真の目的とは?

いよいよ期末試験。各教科の学年1位に、殺せんせーの触手を1本破壊できる権利が与えられる。猛勉強の成果あり、暗殺教室6人が1位に。この結果を受け生徒たちは、夏休み中に「暗殺大会」を決行する。触手を破壊しスピードが落ちた殺せんせーを、水に閉じ込めBB弾で狙う作戦に出る。殺せんせーは、今までで1番追い詰められ生徒の作戦に感激しながら爆発、小さな球体の完全防御形態に。

直後、イトナと鷹岡が校庭に乱入。鷹岡は「新型ウイルス」を仕込んだ飲み物を生徒に飲ませており、解毒剤と殺せんせーの引き換えを要求。生徒たちは、イトナと鷹岡との死闘の末、解毒剤をも自ら作り上げる。完全防御形態の殺せんせーは、政府に連行され、最新鋭のシエルターでBB弾に囲まれた。「成長を感じられ嬉しい。みなさんの教師でいられ幸せだった。ありがとう」と語り、完全消滅。

しかし、涙を流す生徒が振り返ると、殺せんせーがいた!イトナもクラスに加わり、暗殺教室の2学期が始まる。殺せんせーは、とある女性を思い出す――「立派になりましたよ、雪村先生」と心で呟いた。

暗殺教室の作品情報

暗殺教室のジャケット写真
レンタル開始日
2015/09/16
監督
羽住英一郎
キャスト
山田涼介、菅田将暉、山本舞香
上映時間
109分
GEOで購入!
暗殺教室のユーザ評価

評価数:14656件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 非現実的な内容だったですが、笑いあり、アクションありであんなクラスがあったらきっと楽しいだろうなぁと感じる作品でした。最後は少し感動しました。
  • 殺先生は、本当に優しい人、すべてを子供達に教えて自分を抹殺するための方法も教えて。こんな優しい先生がいたらと思う。
  • 殺しの標的である殺せんせーと殺し屋の生徒たちの絆に感動しました。地球に危害を加えようとする殺せんせーが落ちこぼれの生徒たちに正しい道を教えていく姿、生徒たちの心の変化が、私自身をこれから頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

参考URL
・youtube.com