特攻野郎Aチーム THE MOVIEのジャケット写真

1年前。特殊部隊のメンバーから結成されたAチームの面々が、何者かの謀略により無実の罪で逮捕された。だがリーダーのハンニバルは、刑務所から脱獄、部下のフェイス、B.A.、マードックと合流する。

監督:ジョー・カーナハン、脚本:ジョー・カーナハン ブライアン・ブルーム スキップ・ウッズ、出演:リーアム・ニーソン(ハンニバル) ブラッドリー・クーパー(フェイス) クイントン ランペイジ ジャクソン(B.A.)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

ハンニバルの元に最強のチームメンバーが揃う!

この作品はアメリカの人気テレビドラマ「特攻野郎Aチーム」の映画版です。メキシコのとある場所にある倉庫内でハンニバルは椅子に座らされ、後ろ手で手錠をかけられた状態でした。そして敵に暴行を加えられ猛犬の餌にされそうになるものの、手錠を外し倉庫から脱出します。メキシコの街中にある整備工場ではB.A.が仕事を抜けることでひと悶着起こした後、愛車で砂漠を走っていました。

砂漠を走行中にフェイスを助けに行くハンニバルが現れ、お互いがレンジャー部隊であったことで親近感がわき、捕らえられているフェイスの救出に手を貸します。敵の意表をついてフェイスを救出すると一行は米軍病院へと行きました。B.A.は傷の手当を、ハンニバルは逃走用ヘリの操縦士を探します。

ここで、医者に扮したマードックがB.A.の傷の手当をしますが、看護師に患者だとばらされてしまいます。マードックは超一流のレンジャー出身のパイロットでしたが心を病んで入院していましたが、ハンニバルはそんなマードックを気に入りパイロットに採用します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0vi2hBnusw8

チームは罠にはめられ除隊され禁固10年の刑に!

米軍病院に敵の追手がやってきてハンニバルたちを捕まえようとしますが、防弾仕様のヘリに乗り逃げようとします。しかし敵もヘリで追いかけてきますが、マードックは華麗に攻撃をかわし、アメリカ領空内へと誘い込み戦闘機が敵を爆破します。この時の経験が元で、B.A.は飛行機恐怖症になりました。それから8年間、メンバーはAチームとして80もの任務を成功します。

ハンニバルたちはイラクの前線基地にいました。撤収期間間際で半ば休暇状態のフェイスの元に元恋人のキャリサが3年ぶりに現れます。キャリサは軍で大尉に昇格しており、紙幣の原板奪還の任務は自分の仕事だから、もし任務についているなら手を引けといいます。そしてハンニバルの元にはCIAのリンチが現れフセイン側が紙幣の原板を持ち去り、造幣局から盗んだ印刷機を復元したと言います。

ハンニバルは親友でもある上官のモリソン将軍と相談後、メンバーと相談・綿密な打ち合わせと下準備をして原板を取り戻しに行きます。しかしAチームは罠にはめられモリソン将軍は死亡し、全員が不名誉除隊で禁固刑10年を言い渡されます。

刑務所から脱走し反撃開始!

裁判から半年後、ハンニバルはコロラド州にあるフォート・カーソンの陸軍刑務所に収容されました。ある日ハンニバルにリンチが面会に来ます。ハンニバルはAチームを罠にはめた私兵のパイクについて情報交換をするとともに、リンチに脱獄に必要なものを伝え脱獄に成功します。そして他の刑務所にいたAチームメンバーを脱獄させ、チームメンバー全員の復職と名誉回復、そしてパイクへの復讐のため原板の奪回作戦を行います。

ハンニバルが脱獄したことを知ったキャリサはAチームを追い、ハンニバルを逃がしたリンチに直接連絡をとり「原板を取り戻すつもりなら徹底的に邪魔をする」と宣戦布告します。ハンニバルたちは原板が全て一か所に集まったことを確認し、原板奪回の作戦を立てます。もちろんキャリサも情報をつかんでおり、原板奪回のため駅へと向かいますが、リンチに殺される危険があるためフェイスが一役買ってキャリサと部下を駅から遠ざけます。

作戦が失敗するもAチームは勝利し無罪を勝ち取った!

フェイスが駅で一役買っている頃、原板の受け渡しを行っている銀行の一室に他のメンバーが乗り込み原板を奪還、そして取引をしていたアラブ人らしい男性を拉致します。メンバーがアジトに集合し、真犯人のアラブ人の顔の覆いを取ると、そこにはAチームが罠にはめられたときに死んだはずの上官であるモリソン将軍がいました。

リンチは原板を独り占めしようとパイクとモリソン大佐を利用していたのです。ハンニバルはリンチに連絡を取りますが、リンチの指示でアジトが爆撃。Aチームの4人は生き延びますがモリソン将軍は死んでしまいます。ハンニバルたちは原板を持ち逃走しますが、ここでハンニバルがリンチに盗聴されているのを逆に利用しようとキャリサに将軍と一緒と言う嘘の連絡を入れます。

Aチームはキャリサと会うまでの2日間でリンチを引きずり出すための道具を作り計画を立てていました。キャリサと会う予定の夜のロサンゼルス港ではリンチとパイク、その部下が見張っていました。ここでAチームはキャリサとの電話のやり取りをわざとリンチに傍受させ、取引が失敗したと見せかけます。

計画は順調に行っていたものの、予想外のパイクの行動にAチームは追い詰められます。しかしB.A.がパイクを倒し、ハンニバルは状況を利用してリンチを追い詰め、キャリサと待機していた陸軍にリンチと原板を引き渡します。しかしAチームの無罪が実証できたものの今度は脱走罪で捕まってしまいました。護送車の中でフェイスが口から手錠の鍵を出すところで映画は終わります。

特攻野郎Aチーム THE MOVIEの作品情報

特攻野郎Aチーム THE MOVIEのジャケット写真
レンタル開始日
2011/01/07
監督
ジョー・カーナハン
キャスト
リーアム・ニーソン(ハンニバル) ブラッドリー・クーパー(フェイス)
上映時間
119分
GEOで購入!
特攻野郎Aチーム THE MOVIEのユーザ評価

評価数:1599件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 大ヒットドラマシリーズ、数十年の時を経てついに映画化! キャストは当然全員変わっていますが、オリジナルキャストによるカメオ出演など昔からのファンでも楽しめる一本。 シャールト・コプリーの演技も必見。
  • 爽快感があり何度も見たくなる作品でした。 癖のある人物が集まったAチームを好きになれるかで評価が分かれるのかな。 これでもかと様々な要素が詰め込まれてるので、ぼんやりしてると置いていかれますよ。
  • スタッフや俳優陣の原作リスペクトを感じます。ジョージ・ペパードとはまた一つ、ハードボイルドにカッコいいハンニバル。 モンキーはもっとクレイジーが良いかも知れませんね。オリジナルキャストの登場シーンは涙モノです。非常に上手く現代に置き換えてのリメイクです。

参考URL
・youtube.com