犬と私の10の約束のジャケット写真

函館で暮らすあかり(福田麻由子)は、大学病院に勤める父の祐一(豊川悦司)と母の芙美子(高島礼子)と3人で暮らしていた。ある日、そんな斉藤家に新しい家族がやってきた。それは仔犬のゴールデンレトリバーだった。その犬は前足の片方が靴下をはいたように白いという特徴から ソックス と名付けらた。

監督:本木克英、原作:澤本嘉光 川口晴、脚本:澤本嘉光 川口晴、音楽:チョ・ソンウ、出演:田中麗奈 加瀬亮 福田麻由子 池脇千鶴 布施明 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

あかりのもとへ一匹の犬がやって来て、犬と10の約束を交わします

あかりは温かな両親と楽しく暮らしていました。そんなある日、突然あかりのお母さんが入院してしまいます。その時はすでにお母さんは命の期限が迫っていたのです。そんなことは知らないあかりは、家の庭で子犬を発見します。捕まえようと追いかけますが、残念ながら逃げられてしまいました。

そのことをお母さんに話すと、とても喜んだ表情を見せました。数日後再び現れた子犬を今度は捕まえることに成功、さっそく病院へ行ってお母さんの所に子犬を連れて行きます。するとお母さんは「犬を飼うためには10の約束があるのよ」と言って10の約束を教えてくれました。あかりは約束を守ることを決め、お母さんと一緒に子犬の名前を付ける事にしました。子犬の足には靴下を履いたような模様があったので「ソックス」と名付けることにしたのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fYl_eMGrG04

突然の引越し、犬のソックスとのしばらくの別れ

間もなくお母さんは亡くなってしまいました。あかりはショックのあまり2日間、うつ伏せのまま寝込んでしまったのです。なんとか起き上がったのはいいのですが、あかりの首は動かなくなってしまいました。そのまま数日が経過したころ、ソックスとあかりはあっち向いてホイをして遊びました。すると今までどうしても動かなかったあかりの首がひょいと動いたのです。

あかりはソックスのおかげで治ったと大喜び、ソックスは奇跡を起こす犬だと大絶賛しました。そんな時お父さんの転勤が決まり家を引っ越すことになってしまいます。住む家が決まるまでは会社の寮に住まなくてはならず、犬を飼うことができません。そこであかりは幼なじみで音楽家の進の家にソックスを預かってもらう事にしました。

旭川動物園で働くあかりはソックスの事を邪魔に感じ始める

あかりのお父さんは転勤先の病院で、「利益を優先にする方針」に我慢ができず、病院を辞めてしまいます。そして再びもとの家に戻り、家を改装して自宅で開業医を始める事にしたのです。これで病院の都合で家族を犠牲にすることは無くなりました。やがてあかりは大学を卒業すると獣医となり旭川動物園で働き始めます。

その頃、幼なじみで音楽家の進が立派になってギターのコンサートを開くことになりました。あかりと進はコンサート会場で再開し、付き合いを始めます。あかりは仕事が忙しくなってくると、休みの日にソックスのせいで進と会うことが出来ないと、不満に思うようになりました。そしてソックスにつらく当たるようになっていったのです。

ソックスの癒しの力で幼なじみの進を事故のショックから救う

進と交際を始めてしばらくたった頃、あかりは進とまったく連絡が取れなくなってしまいます。その時お父さんから、進が事故にあって手が動かなくなった事を告げられます。あかりが進に会いに行くと進はひどく落ち込んでいました。

どうしていいか困り果てるあかりでしたが、子供の頃に自分が首が動かなくなったとき、ソックスのお陰で治った事を思い出します。そしてあかりはソックスを進のもとへ連れて行きました。思った通りソックスは進の心を癒してくれました。そして進は再びギターを演奏することが出来たのです。あかりは今までソックスに冷たくしていた事を反省し、ソックスに感謝しました。

ソックスの大切さを思い出したころソックスとのお別れが来る

ソックスを大切にしようを決意をしたあかねでしたが、旭川動物園で仕事をしていると突然お父さんから電話が掛かってきます。なんとソックスが危篤だというのです。仕事を放り出して行く事は出来ないとあきらめるあかりに、動物園の園長から帰っていいと言われ、あかりは慌てて家へ向かいます。

家ではソックスがぐったりと横になっていました。その姿を見ながらあかりはお母さんが教えてくれた10の約束を思い出します。10の約束の最後は「死を迎えるときに一緒にいる事」でした。あかりが最後の約束を思い出した時、ソックスは静かに目を閉じました。あかりはソックスを見送ることが出来たのです。ソックスとのお別れは辛いものでしたが、その後幼なじみの進と結婚し、あかりは幸せになりました。

犬と私の10の約束の作品情報

犬と私の10の約束のジャケット写真
レンタル開始日
2008/09/26
監督
本木克英
キャスト
田中麗奈 加瀬亮 福田麻由子 池脇千鶴
上映時間
117分
GEOで購入!
犬と私の10の約束のユーザ評価

評価数:831件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 犬を飼いたいと思っている子どもたちと見ました。飼い主の責任、犬との絆、そして死を迎える所まで、、、色々感じ取ったのか、子どもは泣いて見ていました。良かったです。
  • とにかく泣けます。。犬を飼っている方、またこれから飼いたいと思っている方。必ず観なければいけない作品です。映画化されるまえから犬の十戒は有名な約束として存在してました。誰が考えた言葉かわわかりませんが、犬の気持ちを代弁しているかのような言葉は深く心に刺さりますね。悲しいエンディングとは予想していながら観ましたが、生き物に対する考え方かなり変わると思いますよ?
  • 犬を飼っていると、思っていた事と現実はかなり違ってくる。相手も生きていて、それぞれに癖や嗜好など様々で人間の思い通りにならない事もしばしばある。 様々な衝突や遣る瀬無さ…。 しかし、ただそばに居てくれる犬の存在にどれだけ助けられたことか。 この映画はそんな『犬と飼い主』の関係を素直に撮っている心のこもった贈り物だと見ていて思った。 最後は号泣して、でも不思議と爽快感があって、なんとなく幸せを感じた作品だった。

参考URL
・youtube.com