相棒 劇場版Ⅳ -首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断-のジャケット写真

人気TVドラマシリーズの劇場版第4弾。日本政府に人質身代金9億円を要求した謎の国際犯罪組織。50万人以上の見物客が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団凱旋パレードで無差別大量テロが計画される中、特命係の杉下右京と冠城亘は真犯人を追い詰めてゆく。監督は「探偵はBARにいる」の橋本一。水谷豊、反町隆史、及川光博、石坂浩二、仲間由紀恵、六角精児、川原和久といったTVでおなじみの出演陣が総集結。そのほか、謎の 黒衣の男 を「猫侍」の北村一輝。誘拐された少女を「くちびるに歌を」の山口まゆ、国連犯罪情報事務局元理事のマーク・リュウを「想いのこし」の鹿賀丈史が演じる。

監督:橋本一、脚本:太田愛、音楽:池頼広、出演:水谷豊 反町隆史 鈴木杏樹 川原和久

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

テロリストの要求は、7年前に誘拐された少女の身代金

社美彌子の命を受け、杉下右京と冠城亘は国連犯罪情報局元理事のマーク・リュウとともに行動していた。マーク・リュウは、国際犯罪組織バーズのリーダー・レイブンの情報をえるため日本にやってきたのだ。しかし、レイブンの情報を伝えようとしたリュウの部下は、バーズのメンバーに射殺され、「アマガイカツノリ」という言葉を残し息絶える。

そんな時、テロリストが外務省のホームページをハッキングし、ある動画メッセージを送ってきた。それは、7年前に誘拐された在英大使館参事官の娘・鷺沢瑛里佳の姿だった。

国際犯罪組織バーズは、7年前に日本政府が見捨てた鷺沢瑛里佳への身代金を再び要求する。もし、要求に応じなければ、「大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散るだろう」と謎の言葉を残しメッセージは終わる。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=TZheobH9eGE

特命係の捜査により見えてくるアマガイカツノリの正体

細かいところが気になる杉下右京ならではの分析力で、動画から人質の居場所を探し出そうと米沢守の力を借り場所を絞り込む杉下。

「アマガイカツノリ」の消息をつかめぬまま、警察の捜査は行き詰まりをみせる。

テロに屈しない姿勢を見せるため、今回も要求を無視することを決めようとする政府。

その頃、特命係の冠城亘は、杉下の指示で1959年の特措法で死亡扱いにされた天谷克則(あまがいかつのり)を見つけ出す。

そして、杉下と冠城は、天谷克則の親戚から天谷が南方で日本軍に見捨てられた過去を聞かされる。

今回のテロの目的は、見捨てられた祖国日本へのレイブン・天谷克則の復讐なのか…。

ターゲットは元駐英大使の岩井孝信が参加する国際平和会議かそれとも…

その頃、東京では各国の要人が集まる国際平和会議が開かれようとしていた。その会議への参加が決まっている岩井孝信は、鷺沢瑛里佳の父の当時の上司で7年前の誘拐事件の際に鷺沢瑛里佳を見捨てた男だった。

今やテロリストの一因となった鷺沢瑛里佳と祖国日本への復讐を企てるレイブンのターゲットが岩井孝信だと判断した政府は、会場警備の強化をはかる。岩井はといえば、自らの命可愛さに出席を辞退するお粗末さ。

同じ頃、世界大会から凱旋したスポーツ選手たちをねぎらう凱旋パレードが銀座で予定されていた。

選手たちのパレードを待ちわび、沿道を埋め尽くす人々。その数50万人。

その時、杉下はアジトに残されていた写真と「日本人の誇りが砕け散るだろう」という言葉で、テロのターゲットがこの凱旋パレードだと感じる。

政府上層部に進言する右京。しかし、時間がないと警備局長・山崎に一蹴されてしまう。憤った右京は、もしパレードでテロが起これば責任はだれが取るのかと警察幹部に厳しく詰め寄る。

冠城の機転もあり、パレードの警護に動くよう指示する警視庁上層部。伊丹や芹沢たちは、テロを阻止するべく現場へと急いだ。

レイブンが使うのは、1リットルで50万人を殺傷する力を持つ毒薬。そして、レイブンが狙うのは、凱旋パレードを見守る50万人の観衆。

無線もつながらず連絡方法を断たれる杉下たち警察

事前にレイブンが仕掛けたウィルスにより、警察メンバーのスマホが一斉に通話できなくなる。

そのうえ、妨害電波の影響でパレード会場での無線がつながらない状態となってしまった杉下や芹沢たち警察官――連絡手段を絶たれ、目の前にバーズのメンバーを見つけながら取り逃がしてしまう杉下と冠城。

そんな中、銃で防犯カメラを狙っていた黒衣の男を杉下が追う。はたして彼がレイブンなのか…。

逃走の末に捕まった黒衣の男は、目的の毒物を持っていなかった。いったい毒物はどこにあるのか。

焦る杉下と冠城のもとへ社からの連絡が入る。そして、杉下は自分の推理が正しかったことを知る

レイブンの正体と本当の狙い

何とレイブンの正体は、誰あろうマーク・リュウだったのだ。戸籍を変え、祖国日本へ戻ってきたマーク・リュウこと天谷克則は、50万人の観衆の命を目の前にビルの屋上で空を仰いでいた。その空を見上げながら、戦闘機が上空を飛ぶ戦時中を思い出す天谷克則。その姿を狙う警察の狙撃隊。

伊丹と芹沢の苦労の甲斐あって警察無線が復旧し、杉下たち警官が天谷のもとへ急ぐ。

警察の狙撃で足を撃たれた天谷は、迷うことなく毒物に銃を向け容器を打ち抜こうとする。それを止めるために来た鷺沢瑛里佳の姿を振り返ることもなく…。

しかし、その行為は成し遂げられることなく天谷は逮捕される。天谷を狙撃から守るため、盾になった杉下はそのまま右胸を打たれ冠城の手に抱き留められる。

平和ボケした祖国への警鐘、それがレイブンの目的

毒物を安易に持ち込まれたことを隠ぺいするため、レイブン逮捕のみを伝えるよう指示を出す警備局長・山崎。しかし、どこからか情報がリークされ、各新聞が大がかりなテロが計画されていたことを報道する。それは、平和ボケしている日本人に対する警鐘ともなった。

逮捕されたレイブンこと天谷に杉下は言う、「テロを実行する気はなかったのでしょう。」と。

常に対岸の火事としか思わぬ祖国へ警鐘を鳴らすため、あえてテロを計画しその計画が実行されぬよう天谷は杉下たちへヒントを残していたのだ。

死を覚悟していた天谷に、戦争で理不尽に死んだ人たちのためにも命を粗末にせず生きることを諭す杉下だった…。

相棒 劇場版Ⅳ -首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断-の作品情報

相棒 劇場版Ⅳ -首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断-のジャケット写真
レンタル開始日
2017/09/02
監督
橋本一
キャスト
水谷豊 反町隆史 鈴木杏樹
上映時間
120分
GEOで購入!
相棒 劇場版Ⅳ -首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断-のユーザ評価

評価数:2882件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 相棒の大ファンで、ドラマ、映画ともに全話見てきています 今回は映画館に行くことができなかったので、DVDを楽しみにしていました 正直、それほど期待はしていなかったのですが思っていたより面白かったです 北村一輝さんがよかった
  • シリーズ史上最も切ないストーリーという意味が良くわかりました。相棒シリーズはあまり見たことなかったのですが、最初から見ていなくても一つの作品として理解して楽しめるのは相棒の醍醐味ですね。
  • 主人公の相棒が変わってから初めての劇場版、映画の序章を観るなら連ドラを観てから映画を観ることを勧める

参考URL
・youtube.com