美女と野獣のジャケット写真

ハリ・ポタシリーズのエマ・ワトソンが主演となり話題を呼んだ本作。ディズニーアニメを実写化した映画の中では、最大のヒットになりそうです。映像が美しいのはもはやディズニー映画では当たり前。今回の見所はミュージカル。エマ・ワトソンはもちろん、ルークエヴァンスの歌唱力にも注目してみてください!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:ビル・コンドン
製作総指揮:ジェフリー・シルバー トーマス・シューマッハ ドン・ハーン
キャスト:エマ・ワトソン ダン・スティーヴンス エマ・トンプソン ルーク・エヴァンズ

美女と野獣のネタバレあらすじ-1:王子、高慢が高じて野獣にされる

お城の王子として生まれた、心優しい少年は、母親が亡くなり、父親の育てによって横暴に成長してしまいます。人々から税を取り、贅沢三昧をして暮らし、夜な夜な国中の美女たちを集めてパーティーに明け暮れるのです。ある日、みすぼらしい格好の女性が、雨宿りさせてくれと王子に頼みます。女性は、バラの花を王子に差し出しましたが、王子はあざ笑い追い払おうとします。

すると女性は「外見が全てではない」と言って、一瞬にして美しい魔女に変身。お城に呪いをかけ、王子は野獣に、家臣たちは家具や調度品に変えられてしまいます。

魔女は「このバラの花びらが全て散るまでに愛がわからなければ、元には戻れない」と言い放ち姿を消します。人々から城の記憶を消し、野獣となった王子をはじめとする家臣たちは忘れ去られた城でひっそりと暮らしていました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=UenUsYZW6PA

美女と野獣のネタバレあらすじ-2:ベル、村一番の美女にして変わり者

ヒロインのベルは、小さな村で、父と暮らしています。本が大好きでいつも本を読み、本の中の世界観に浸って、「いつかこの小さな村から出て、違う世界を見てみたい」と夢を見続けていますが、村人からは村一番の美人だけど変わり者と吹聴されます。

ベルは、村で一番力が強く、モテる男、ガストンに言い寄られますが、がさつな男だと毛嫌いしています。ある日、仕事で遠くまで出かけることになった父親に、ベルは土産にバラの花を一倫欲しいとおねだりします。

ベルの父親は、馬に乗り出かけましたが、道に迷ってしまい、凶暴なオオカミに襲われます。危機一髪で逃げることに成功しますが、見かけたことのない薄暗いお城にたどり着きました。

「少し体を休めさせてもらおう」とお城の中に入りましたが、ティーカップが喋ったことに驚いてお城を出ます。ベルとの約束のバラを積んだ時、野獣が出現。かろうじて馬だけは逃げることができましたが、父親はお城の牢獄に閉じ込められれしまいます。

美女と野獣のネタバレあらすじ-3:ベル、野獣と初めて出会う

馬が村に帰り、ベルは父親の身に危険があることを悟り、馬に乗って急いで城へ向かいます。ベルは牢獄に入れられた父親を見つけだしますが、野獣にみつかってしまいます。ベルは父親の身代わりに牢獄に入ることを決意。

家臣だった調度品たちは、「呪いを解いてくれるのは彼女しかいない」とはりきり、牢獄からベルを出して部屋や食事を与えます。

好奇心旺盛なベルは魔女に渡されたバラが置いている西の塔へ行きますが、野獣から猛烈な怒りを買ってしまいます。お城から追い払われたベルは、途中の道で凶暴なオオカミに狙われます。

が、危機一髪のところで野獣に、助けられました。オオカミと戦い傷だらけで動けなくなった野獣を、放って村へ帰ろうとしたベルですが、やはり放っておくことは出来ず、お城に引き返します。

ベルから傷の手当てをうけた野獣は少しずつベルに心を許していきます。高等教育を受けた野獣とベルは、本の内容を語りあう内にどんどん親密に。次第に野獣はベルに惹かれて、ダンスに誘い告白をします。ところが、ベルは村に帰った父親のことが気にかかり、野獣の気持ちに正直にこたえることが出来ません。

美女と野獣のネタバレあらすじ-4:野獣、村人に素性がばれてピンチに陥る

野獣は、心配するベルに魔女から受け取った「世界中を映しだすことができる鏡」を手渡します。そこに映っているのは、村人たちの前で、ガストンに捉えられている父親の姿でした。野獣は、ベルを父親の元に行かせます。

父親は「娘が野獣に捕まっている」と、ガストンや村人たちに言ったのが原因で、精神病扱いされてしまっていました。村に着いたベルは、父親の言うことが本当であることを証明するため、ガストンや村人たちに鏡を使って野獣の姿を見せます。

野獣が本当にいることを知ったガストンと村人たちは、野獣退治に出ようと決断。お城に向かいますが、「野獣に知らせてはいけない」とベルも父親と一緒に拘束されてしまいました。

家臣だった家具や調度品たちは、村人たちに進入をゆるしますが、あの手この手でお城を守るために戦います。父親の機転で拘束から逃れることに成功したベルも、急いで城に向かいます。

最後のバラが散る・・・ベルと野獣の運命は?

城の中で野獣と対面したガストンは、ベルの野獣に対する気持ちを知り野獣に嫉妬。野獣に戦いを挑みます。そこにベルが現れ、油断した野獣は、ガストンに撃たれてしまいますが、ガストンは運悪く崩れた城の一部に巻き込まれ、真っ逆さまにおちてしまいました。

ベルは、野獣に駆け寄り気持ちを伝えますが、最後のバラの花びらが散り、家臣たちは家具や調度品になっていきます。事の顛末を見届けていた魔女が現われ、散ったバラに魔法をかけます。

魔女の呪いが解け、野獣は王子に、家臣たちも元の人間に戻ります。横暴だった王子は心優しい王子に変わり、ベルと幸せな生活をおくりました。

人は姿や見た目だけでなく、綺麗な心を持つことで、救われたり幸せになれたりすると言ったストーリーでした。

美女と野獣の作品情報

美女と野獣のジャケット写真

公開日
2017/04/21
監督
ビル・コンドン
キャスト
エマ・ワトソン(Belle)、ダン・スティーヴンス(Beast)
上映時間
130分
さらに詳しく見る>
美女と野獣のユーザ評価

評価数:6389件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 最高!面白すぎた!♡原作とはリメイクされて違う表現などなど、忠実に再現!って訳では無いけど、この実写版にはリメイクされた良さが秀でていました!!♡見てよかったです!エマ・ワトソンの演技力と美しさも必見(´;ω;`)また見たいと思えます。購入しようか検討中です!
  • エマ・ワトソンの美しさときれいな歌声を堪能できるというだけでも十分価値のある映画。アニメ映画を観てすでに内容を知っているにも関わらず、きちんと感動できました。ミュージカルの場面も飽きることなく、胸が踊る場面ばかり。ディテールまで拘りが見られテンポもいいので、ミュージカルが苦手な人でも楽しめるのでは。
  • とにかく、エマ・ワトソンが美しい。容姿も歌声も。CGの王子家来(家財道具)はリアル過ぎて好き嫌いが分かれると思う。

参考URL
・youtube.com