花より男子ファイナルのジャケット写真

累計5800万部を超える神尾葉子の超人気コミックをテレビドラマ化し、「ありえないっつーの!」の名台詞で一躍「花男」ブームを巻き起こしたシリーズの完結編となる映画版。出演者はテレビ版に準じて、井上真央と松本潤、そして小栗旬、松田翔太、阿部力らFF4メンバーをはじめ、レギュラー出演者たちが揃った。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:石井康晴
原作:神尾葉子
脚本:サタケミキオ
音楽:山下康介
出演:井上真央 松本潤 小栗旬 松田翔太 阿部力

つくしと道明寺の結婚が近づくなか、怪しげな企みが始まる

つくしと道明寺はたくさんの障害や困難を乗り越えて、やっと婚約することが出来ました。二人の夢がかなうとあって道明寺は嬉しくて舞い上がっています。つくしも結婚までの日々を家族と楽しく送っていました。そんなつくしを見て、家族の人たちはちょっと心配な様子もありましたが、みんなで二人の結婚を応援していました。そんな中、つくしは道明寺の母親から呼び出されティアラを渡されます。

ティアラは道明寺家に代々伝わる伝統のある物で、道明寺家に嫁ぐ花嫁に受け継がれてきた大変高価な物でした。つくしはあまりにもステキなティアラに感動しながらティアラを大切に持ち帰ります。ところがそこへ謎の男が現れてティアラを奪ってしまうのです。道明寺が必死に追いかけますが、男は優れた武道を使いこなしティアラを奪い去ってしまうのでした。

ティアラがオークッションに掛けられ、絶体絶命の二人

つくしと道明寺はティアラ取り戻すためにロサンゼルスへ向かいます。ロサンゼルスに着くと、ティアラが香港のオークションに掛けられるという情報をつかみました。そこで今度は香港へと向かいますが、香港ではオークション会場に入ることができませんでした。困り果てた二人の前に現れたのはF4のメンバーです。

F4はお金に物を言わせ、億単位の金額でティアラを落札してしまうのです。そんな中、つくしは偶然にティアラを奪った男と花沢類が会っている所を目撃してしまいます。謎の男と花沢類の関係が気になるつくしでしたが、道明寺には言えずにいました。

そしてティアラをもって日本へ向かう飛行機の中で、二人は睡眠薬を飲まされて眠ってしまいます。その間に再びティアラが奪われてしまったのです。

ケンカしながらも謎の無人島で二人の仲は深まり幸せへ向かう

気が付くとつくしと道明寺の二人はどういうわけか無人島に漂流していました。貧乏生活をしてきたつくしは無人島でもたくましく生きようとします。その一方何不自由なく育ってきた道明寺にとって、無人島の生活は耐えられるものではありませんでした。

そんな中、不安になったつくしは香港で見た花沢類の行動を道明寺に打ち明けてしまいます。すると道明寺は自分の友達である花沢類を疑ったつくしに腹を立て、喧嘩へと発展してしまうのです。

最悪のムードの二人はこのまま終わってしまうのかと思われましたが、二人は今まで数々の困難を乗り越えてきた事を思い出し、素直になって仲を取り戻すことが出来ました。そしていよいよ絆を確認し合ったつくしと道明寺は日本に帰ることになったのです。

映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』の画像
関連記事
井上真央が主演のラブロマンス映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』
青木琴美による同題の人気コミックを映画化。重い心臓の病気によって引き裂かれる運命と知りながら、結婚を誓い合った幼なじみの男女による純愛を描く

ティアラを盗んだ本当の黒幕が明らかに!

無事に日本に帰ると、つくしと道明寺の二人は衝撃の事実を知らされます。それはなんと、これまで起こった事件が全て嘘だった事、そして何よりこの事件を黒幕に依頼したのがつくしの両親だったという事実を知るのです。

つくしの両親は自分の娘が財閥に嫁いで、ちゃんとやっていけるのか心配で仕方ありませんでした。そこで二人の愛が本物かどうか試してほしいと、道明寺の母に頼んでいたのです。今回の事件は道明寺の母によって全て仕組まれていた事が分かり、花沢類も裏切り者ではないと分かりました。

全てが自分たち二人の為にしてくれた事と分かり、つくしと道明寺の二人はとても感謝しました。そして無事に結婚式を迎えることが出来たのです。

映画『花より男子ファイナル』の作品情報

花より男子ファイナルのジャケット写真

レンタル開始日
2008/12/19
監督
石井康晴
キャスト
井上真央 松本潤 小栗旬 松田翔太 阿部力
上映時間
131分
さらに詳しく見る>
映画『花より男子ファイナル』のユーザ評価

評価数:4229件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    映画はスケールがまずデカイっ!というかF4の金持ちっぷりが気持ちいい!ラブからのどん底からのハラハラからの絶望!そして友情と愛情っ! 全てが詰まってるこの映画が大好きです!
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    真実の愛、子供を心配する親心、お金がすべてではなく、お互いが将来の夢に値する、こんな当たり前のことなのに、今の世の中簡単に結婚して離婚する。スケールがかなり大きかったけど考えさせられる内容がよかった♪
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    道明寺とつくしに課せられたミッションのような試練を乗り越えていく2人がとてもかっこよかった! 夫婦愛を感じる作品でした。ドラマ同様2人の言い合いも多々含まれていたりド派手なアクションがあったり見ごたえのある方作品でした
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    原作と違うと叩かれる…というイメージあるけど、ここまでオリジナルストーリーとしてしっかり原作を壊すことなく、それぞれのキャラクターを演じてる俳優さんたちに拍手!!とっても面白くオススメです‼花男好きなら見ないと損!!
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    この映画は何度もみていますが、何度みても良いです。 花より男子の漫画、大好きですが、このメンバーに文句なし!映画版は花より男子のその先も感じさせるステキな作品です。

さらにレビューを見る

学園物映画『リンダ リンダ リンダ』もオススメ!

学園物といったら映画『リンダ リンダ リンダ』は見逃せません! 学園を舞台にした青春ストーリーの王道作品。学園祭で演奏するはずだったギターのメンバーが骨折してしまい、ボーカルまでが辞退してしまいます。残されたメンバーが、韓国の留学生を仲間にし奮闘しながら練習を始めましたが……文化祭はどうなるの!? とても楽しみな映画です。

映画『リンダ リンダ リンダ』の作品情報

リンダ リンダ リンダのジャケット写真

レンタル開始日
2006/02/22
監督
山下敦弘
キャスト
ペ・ドゥナ(ソン) 山本浩司(スタジオQの店員) 山本剛史(カラオケの店長)
上映時間
114分
さらに詳しく見る>
映画『リンダ リンダ リンダ』のユーザ評価

評価数:492件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザの評価・ネタバレ
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    女子高生たちのごくありふれた日常、それも文化祭前日~当日にかけた、たった2日間の物語。この映画で描かれる女子高生たちは、眩しいほどに等身大で、飾らない、無理をしない、頑張りすぎない。だけどひたすらに、ひたむきに、青春を謳歌しているのです。2日間という短い時間で彼女たちの魅せる行動、表情ひとつひとつに目頭が熱くなり、グッときてしまいます。忘れかけた青春の眩しさ、愛おしさ、たのしさを思い出してみませんか?
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    「リンダリンダ」と言う曲はTHE BLUE HEARTSの名曲で、それがタイトルへ引用されているのは衆目ですが、ズバリこの曲のエネルギーがこのドラマの核となっています。山下敦弘監督お得意のオフビートな味わいで、この女子高生のバンド仲間が主人公の青春群像劇は、等身大のまったりとした雰囲気で進行します。香椎由宇さんや前田亜季さんの女子高生ぶりもキュートですが、韓国ドラマ界きってのコメディエンヌとして知られるペ・ドゥナさんを起用したところに、この作品の山下監督作品としての独特のリズムの確立が見られます。実はこの作品は4年位前に見ていたのですが、直近で「空気人形」(2009)を見て、ペ・ドゥナさんを再認識したので、今回もう一回見直した訳ですが、コメディエンヌと称するに値する個性派俳優ですね。この山下監督作品、青春のダラダラしたオフビートの世界に、スポットスポットでアップビートがインスパイアされていて、見終わってみると力強く爽やかな青春ドラマであったという印象が残ります。
  • 評価 :★★★☆☆(3/5)
    淡々としたストーリーの中で、留学生ソン(ぺ・ドゥナ)とブルーハーツの曲がインパクトになっている。とは言え、バンドが演奏する曲(終わらない歌など)よりも、萠(湯川潮音)が歌う”The Water is Wide”の方が印象的だった。
  • 評価 :★★★★★(5/5)
    特にすごい事件が起きるわけでもない。 号泣するほどの感動もない。 どこにでも居そうな高校生の、誰もが送ったことのありそうな青春。 でも、その素朴な感じがすっごく大好きです。
  • 評価 :★★★★☆(4/5)
    青春ど真ん中。思春期ど真ん中の作品。ザ・ブルーハーツの名曲の勢いそのままに、女子高校生の揺れる気持ちや、バンドにかける熱い気持ちを表現している。名曲「僕の右手」、「リンダリンダリンダ」は、まさに思春期の筆者の記憶と重なり味わい深いものがある。ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇などの若い女優の新鮮な表現を、山下監督はうまくすくいとったような捉え方をしている。思春期の一瞬の高揚感をザ・ブルーハーツとともに封じ込めた素晴らしい作品。オススメ。

さらにレビューを見る