赤い糸のジャケット写真

携帯小説として発表されると中高生から絶大な支持を受け、書籍化されたシリーズも累計180万部を超えた作品を、TVドラマ放送と同時に同一キャストで映画化。中学生の男女が様々な出来事に出会い、傷つきながらも互いの想いを貫いてゆくラブストーリー。

監督:村上正典、原作:メイ、脚本:渡辺千穂、音楽:菅野祐悟、出演:南沢奈央 溝端淳平 木村了 岡本玲 石橋杏奈

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

芽衣は淳史の初恋の人だったことが判明

芽衣と淳史は同じ高校のクラスメイトです。芽衣達のクラスは文化祭で占いをしていたので、文化祭が終わると淳史が芽衣を占ってあげる事になりました。芽衣の生年月日を聞いた淳史は驚いて占いをやめてしまいます。なんと芽衣の誕生日は淳史と同じ2月29日だったのです。淳史は8歳の誕生日の時に、ケーキ屋の前でぶつかった女の子に恋をしてしまうのですが、その女の子の誕生日も2月29日。なんと芽衣はその時の女の子だったのです。

芽衣が初恋の相手と分かりましたが淳史はそのことは芽衣には言わないでいました。文化祭が終わると今度は修学旅行です。淳史は思い切って修学旅行の自由行動を二人で回りたいと芽衣を誘いました。芽衣の返事はOKで、淳史が芽衣を家まで送ると家の前で芽衣のお母さんに会います。淳史の名前を聞いたお母さんは驚いた様子でしたが、その日はそのまま別れました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=SmD4Ibyzyz0

淳史が修学旅行の途中で帰宅する事に!

いよいよ修学旅行の日がやって来ます。芽衣と淳史は自由行動をとても楽しみにしていました。ところが自由行動の前の夜に、淳史のお母さんがケガをしたという連絡が入り、残念ながら淳史は修学旅行の途中で帰る事になってしまったのです。帰る前に芽衣と淳史はホテルを抜けだしてデートをしました。その時に淳史は8歳の誕生日にケーキ屋で会った女の子に恋をして、それが芽衣だったと伝えるのです。そして16歳の誕生日に一緒にいようと約束し、二人はキスをしました。

芽衣がホテルへ戻ると、親友の沙良が心配そうに待っていてくれました。そして沙良から友人のタカちゃんの事が好きだと打ち明けられるのです。そして芽衣と沙良の二人は、お互い頑張ろうと誓いあいました。

沙良が飛び降り自殺、そして淳史の転校

次の日、沙良が一人で自由行動していると友人のタカちゃんが追いかけてきます。「一人じゃ心配だから一緒に回る」と言ってくれたのです。芽衣はタカちゃんと一緒に自由行動を共にしました。ところが途中で沙良に芽衣とタカちゃんが一緒にいる所を見られてしまいます。

ショックを受けた沙良はホテルの屋上から飛び降りてしまったのです。数日後、学校で芽衣は沙良が自殺した事をクラスのみんなから責められます。そんな芽衣を救ったのはタカちゃんでした。その頃、淳史は芽衣のお母さんから娘と付き合わないように言われ、芽衣と距離を置いていました。

そして淳史は自分のお母さんの入院先へ引っ越すことになってしまうのです。淳史の引越しを幼なじみの女の子が手伝っている所を目撃した芽衣は、淳史に彼女が出来たと勘違いしてしまうのです。そのまま淳史は引っ越して、芽衣と淳史は離ればなれになってしまいました。

淳史とのすれ違い、そしてタカちゃんの死

いよいよ高校受験が近づき、タカちゃんは芽衣に「同じ高校を受験するから受かったら付き合って欲しい」と告白します。そして合格発表の日――なんとタカちゃんは受験に落ちてしまうのです。それでも芽衣とタカちゃんは付き合う事にしました。付き合いこそ続きますガ、次第にすれ違いが多くなっていく2人。タカちゃんは芽衣に暴力を振るうようになってしまいます。タカちゃんが芽衣に暴力をふるっている所に淳史が殴りかかり暴力を止めます。その頃淳史は元の家に帰ってきていたのです。

数日後、タカちゃんは淳史を呼び出して「まだ芽衣の事好きなんだろう」と淳史に問いかけます。その後タカちゃんは芽衣の留守電に「芽衣は淳史と居るべきだ」とメッセージを残します。そして電話を切ったタカちゃんはそのまま道路に出てしまい、車に跳ねられて死んでしまうのです。

芽衣は誕生日にケーキ屋の前で淳史と会うことが出来た

やがて2月29日の誕生日になりました。芽衣が家に帰るとお母さんから離婚する事を告げられます。さらに芽衣が本当の子供ではないというのです。芽衣のお父さんは淳史のお母さんのせいで麻薬に手をだし逮捕されてしまった事、そして本当のお母さんはショックで自殺してしまった事を知らされます。

さらに芽衣のお母さんは、淳史に芽衣に近づかないように言ったというのです。芽衣は急に淳史が芽衣に冷たくなった理由が分かりました。その後、芽衣は淳史との思い出のケーキ屋のへ向かいました。そこへ淳史があらわれて、二人は抱き合います。※映画はここで終わってしまいます。この映画はドラマと連動されているので、映画だけでは中身が分かりにくいかもしれません(その後の展開はドラマを見ると分かりますよ)

赤い糸の作品情報

赤い糸のジャケット写真
レンタル開始日
2009/05/29
監督
村上正典
キャスト
南沢奈央 溝端淳平 木村了 岡本玲
上映時間
106分
GEOで購入!
赤い糸のユーザ評価

評価数:864件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ドラマなどの予備知識なく、いきなり映画版を見たけど、続きが気になり見事にハマってしまいました。主演の二人の話はもちろん感動でしたが、サブキャラの特に木村了のお祭りのシーン辺りは一番感動しました。
  • 「366日」という曲が好きで、携帯小説を元にしたものだと か、ドラマとかは全く知らずに見ました。 最初はよくあるほのぼの系かなぁと思っていたら かなりシリアスな展開になったり、いい意味で予想と違って、どんどん引き込まれていきました。 何も知らずに見る人にとっては、かなり感動できると思います。 純愛恋愛映画で泣きたい人にはオススメです。
  • ケータイ小説の必須要素である「毒」がかなりカットされており、 そうなると、残るものはあまり無い。 くっついた、別れたの、まったく平凡な恋愛模様となっており、 南沢奈央の可愛さのみが目立つ作品だった。

参考URL
・youtube.com