麒麟の翼 ~劇場版・新参者~のジャケット写真

<簡単な解説>
東野圭吾の推理小説『麒麟の翼』を、東野作品をテレビドラマ化した『新参者』での 加賀恭一郎 役が好評を得た阿部寛主演で映画化。刑事・加賀恭一郎が、日本橋で起きた殺人事件の謎に挑む。共演は「BALLAD 名もなき恋のうた」の新垣結衣、「君が踊る、夏」の溝端淳平。監督は「いま、会いにゆきます」の土井裕泰。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

1人の男の死

ある夜、日本橋の麒麟像のそばにフラフラと倒れこむ男性がいました。酔っ払いかと思い警察が声をかけると、なんと男性の腹にはナイフが突き刺さっていました。男性は最後の力を振り絞って、白い折り鶴を麒麟像にかざすと、そのまま息を引き取りました。

同時刻、八島冬樹(三浦貴大)という若者が警察の職務質問を受けていました。逃げようとした冬樹は、トラックに轢かれてしまいます。危篤状態で病院に運ばれた八島は、日本橋で亡くなった男性・青柳武明(中井貴一)の財布を持っていました。また八島は警察に追われる直前、恋人・中原香織(新垣結衣)に「大変なことをしてしまった」と電話していたのです。 ※倒れそうになりながら麒麟像まで歩いていく男性。麒麟像と白い折り鶴がどんな意味を持つのか、思わず展開に引き込まれてしまいます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=kqoiHovEK5c

八島と青柳の接点

敏腕刑事・加賀恭一郎(阿部寛)とエリート刑事・松宮脩平(溝端淳平)はコンビを組まされ、ともに捜査に当たります。亡くなった男性・青柳武明は日本橋に特に関わりはないはずですが、なぜ瀕死の状態で日本橋の麒麟像まで歩いて行ったのか?周辺を聞きこんでいくと、青柳が日本橋の七福神巡りをしていたことがわかってきました。

また一見繋がりが見えなかった被疑者・八島が、かつて青柳の勤める工場で派遣社員として働き、その時に事故にあっていたことも浮かんできました。その事故は工場側のミスによるものでしたが、労災隠しで八島は解雇されていたのでした。そして労災隠しを指示したのが青柳だというのです。

※青柳を演じる中井喜一が日本橋七福神を巡るシーン、誠実で優しそうな人柄が現れていて、労災隠しを指示した人間とは思えませんね。

七福神巡りの謎

葬儀では犯罪被害者として同情を集めた青柳でしたが、一転して労災隠しの張本人としてをパッシングを受けるようになります。青柳の長男・悠人(松坂桃李)ら家族も非難やイジメにあい、辛い思いをします。加賀はその悠人が、中学時代、水泳の選手であったこと、そしてある事件をキッカケに水泳を止めてしまったことを加賀は知りました。青柳の七福神めぐりが悠人に関係しているのでは?と考えた加賀は、青柳の軌跡を追い、青柳が千羽鶴を七福神の各神社に奉納し写真を撮っていたことに突き止めます。

その頃、殺人の被疑者として入院中だった八島が息を引き取りました。しかし凶器であるナイフが八島のものであるという証拠が見つかりません。加賀と松宮は、八島の恋人・香織を事情聴取し、香織が妊娠していること、八島が事故に会う前に香織に電話で言った言葉を聞きだしました。「でも彼は人なんて殺せません」

※青島の長男・悠人、そしてその友達には、それぞれ今は人気俳優の松坂桃李くん、山崎賢人くんが演じています。彼らの初々しい姿も見どころです。

「キリンノツバサ」

父・青柳を嫌っていた悠人は、加賀から「お父さんは刺されながらも誰にも助けを求めず、麒麟像まで歩いて行った」と聞き顔色を変えます。加賀が帰った後、インターネットで「キリンノツバサ」を検索した悠人は、ブログに「東京のハナコさん」からの応援メッセージを見つけました。何かに気づいた悠人、父を労災隠しの犯人と発表した父の部下・小竹(鶴見辰吾)に会いに行きます。そして「親父は汚い真似をする人間じゃない」と言って殴りかかりました。その後の派遣仲間の証言で、労災隠しを指示したのは、青柳の部下である小竹であることが判明したのでした。

一方、悠人が水泳を止めた原因を調べていた加賀は、1人の少年の事故に辿りつきます。少年の名前は吉永友之(菅田将暉)、水泳大会で負けた日の夜、学校のプールで溺れて植物人間になっていました。吉永家を訪れた加賀と松宮は、吉永の母親が息子の看病の様子をブログに綴っていることを知ります。ブログのタイトルは「キリンノツバサ」、そしてそこには「東京のハナコさん」からのメッセージとともに、日本橋七福神に奉納された千羽鶴の写真がありました。

※プールの事故で植物人間となった吉永君を演じるのは、携帯のCM鬼ちゃんで人気に火が付いた菅田将暉さんです。この映画には、他にも向井理さんもポスター出演してるんですよ。

解き明かされる真実

ここで全ての点が繋がります。3年前、中学3年の悠人たちとともに2年生の吉永も、水泳大会のリレーの選手として選ばれていました。悠人たちは順調に上位を維持していましたが、緊張した吉永のフライングによって失格となってしまいます。それに怒った悠人たちは、大会後に特訓と称して学校のプールで吉永を手荒くしごきました。夜間プールの物音に気づいた水泳部顧問の糸川、慌てて逃げようとした悠人たちは、吉永が溺れ動かなくなっていることに気づきます。必死に人工呼吸をしますが意識が戻りません。学校の不祥事が発覚するのを恐れた糸川は、「吉永がひとりで特訓中に起きた事故」として処理しました。

その事件で水泳を止めてしまった悠人、ある日、吉永の母親が「キリンノツバサ」というブログを書いていることを知ります。罪の意識に駆られた悠人は「東京のハナコさん」として、日本橋七福神に千羽鶴を折届け、その写真をメッセージとして送っていました。悠人を心配していた父・青柳は、悠人がいない時に「キリンノツバサ」ブログを見て、悠人の秘密に気が付きます。父に見られたことで、ブログを見るのを止めた悠人。その悠人に代わって、青柳が七福神めぐりをし千羽鶴を届け続けていたのでした。

青柳が刺された日、青柳は水泳仲間だった杉野(山崎賢人)を呼び出し、真実を聞こうとしていました。罪がばれることを恐れた杉野が、青柳を刺してしまったのです。偶然にも近くにいた冬樹は、解雇された会社の上司・青柳のバッグを見つけて、思わず財布を盗んでしまっただけでした。また後日の派遣仲間の証言から、労災隠しは青柳の部下である小竹の指示であることが判明したのでした。

※日本橋の麒麟像には翼があります。日本橋は東海道を始めとして日本の道路の起点、そのため「日本中に飛び立てるように」と翼が付けられたそうです。なんだか、日本橋の麒麟像を見に行きたくなってしまいました。

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~の作品情報

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~のジャケット写真
レンタル開始日
2012/07/27
監督
土井裕泰
キャスト
阿部寛 新垣結衣 溝端淳平
上映時間
129分
GEOで購入!
麒麟の翼 ~劇場版・新参者~のユーザ評価

評価数:4908件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ドラマよりも面白かった作品です。日本橋にある麒麟の翼が象徴的な核に描かれていて、改めて日本橋に見に行きたくなった程でした。人間模様や謎の描きかたも好きな展開で進み、阿部寛の演技もとても良かったです。
  • 今時、こんな正義感に溢れた親父がいるのか?と思わせる感動の映画でした。 阿部寛演じる刑事も、頭から人を疑ってかからない、人情味溢れる人柄にも心打たれました。 今では若手有名俳優となった、『菅田将暉』『山崎賢人』も出演していて、初々しさが新鮮でした。
  • 一緒に観た父が「原作がいまいちだったから期待してなかったけど、面白かった」と言っていました。 原作を映画が上回ることってそうはないと思うのですが… 私自身は未読なので、先入観なしに鑑賞しました。 ドラマシリーズの続編のような流れで、ドラマの時の登場人物がこちらでも出てきました。 麒麟像は見たことがないので、由来も聞けて興味深かったです。 被害者が何故そこに行ったのか?が最大の謎ですが、判明した時は心にジーンとしみます。

オススメの関連映画をご紹介!

阿部寛さん、実に味のある俳優さんですね。重たい話を見た後は、阿部さんの明るく楽しい映画「テルマエロマエ」はいかがでしょうか。安倍寛さんが古代ローマ人の浴場設計技師ルシウスとして登場するこの映画は、古代ローマ時代から21世紀の日本の銭湯にタイムスリップしてしまうという、奇想天外なお話です。日本人離れした彫の深い顔立ちの阿部さんならではの役ですね。 こちらの銭湯シーンの大部分が群馬県の草津温泉で撮影されていますが、こんなにも豪華でオシャレな温泉があるのかと話題になり、温泉ブームが起きたほどです。古代人ルシウスが現代日本の文明に驚き、トンチンカンな行動を起こしながら笑いあり、ほろりとくるシーンあり。見た後は誰もが温泉に入りたくなってしまう映画です

テルマエ・ロマエの作品情報

テルマエ・ロマエのジャケット写真
レンタル開始日
2012/04/28
監督
武内英樹
キャスト
阿部寛(ルシウス) 上戸彩(真実)
上映時間
108分
GEOで購入!
テルマエ・ロマエのユーザ評価

評価数:17636件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 古代ローマの浴場設計技師が現代日本の浴場を体験することによって浴場設計のヒントを得るという奇想天外なストーリー。原作のマンガにないラストはテルマエ・ロマエの話が本当にあったと思わせる仕掛けになっていた。年代を問わず面白いと思わせるコメディであった。
  • 原作も面白かったけど、映画はもっと良かったです! 阿部寛や北村一輝という濃〜い顔の人たちがローマ人に激ハマりしてます。阿部さん北村さんどっちが顔が濃いかと言い合っていたそうですが、どっちも濃いよ!とツッコミたくなります(笑)
  • 予告を見て速攻で映画館に見に行って大爆笑して帰って来ました。レンタル開始日にもう一度見たい!と思い借りに行きましたが、さすが良い作品は数日待ちでしか借りられませんでした。

参考URL
・youtube.com