龍三と七人の子分たちのジャケット写真

ワカモノにはまだまだ負けてられない!?映画「龍三と七人の子分たち」は北野武監督によるちょっと代わった任侠コメディ映画。一癖も二癖もある個性的なジジイたちの奮闘姿に大興奮間違いなし!

監督:北野武、脚本:北野武、音楽:鈴木慶一、出演:藤竜也 近藤正臣 中尾彬 北野武 品川徹

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

龍三と七人の子分たちのネタバレあらすじ-1:龍三、オレオレ詐欺にあいかける

「龍三」は、かつて鬼と恐れられたヤクザです。背中の入れ墨が健在でも既に引退し、息子家族と暮らしていました。そんなある日、息子家族が妻の実家へ帰省することになります。龍三が留守番していると、息子を名乗る男から電話があり、「多忙になったので帰省を止めて出社したけど、大きな失敗をしちゃった」と聞かされました。次に上司と呼ばれる男が代わり、「500万円を肩代わりして欲しい」と言われます。

龍三が驚愕しながらも「50万ならなんとかなる」と答え、駅近くのベンチで会うことになりました。龍三が待っていると、上司と呼ばれる男が来ました。そして、龍三が「実際は金がない」と言い、ヤクザ時代の思い出の品を渡そうとします。上司と呼ばれる男が驚いていると、龍三の兄弟分「マサ」が現れ「おまえ、オレオレ詐欺じゃねえのか?」と脅しました。そうして、男は何も受け取らずその場を去って行きました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y6z7qEXFS0c

龍三と七人の子分たちのネタバレあらすじ-2:かつての仲間を集め、一龍会の立ち上げ

龍三はオレオレ詐欺から免れたものの、犯人たちはまだまだ詐欺を続けていました。かつての兄弟分でもあった「モキチ」は、繁華街で犯人の一味に絡まれます。龍三が助けに入ろうとしますが、刑事の村上が偶然通りかかり、騒ぎにはなりませんでした。

そうして、村上から犯人たちが京浜連合であることを、それとなく聞かされます。龍三たちのヤンチャっぷりを知っている村上からは「頼むから大人しくしててよ」とも頼まれますが、龍三は素直に受け取りませんでした。

そこで、かつての仲間を集めることにします。マサ、モキチに加え、「マック」、「イチゾウ」、「ヒデ」、「タカ」も入り、新しい組を結成することになります。しかし、皆兄弟分のようであるため、上下関係を決められず、過去の犯罪に点数付けをし、一番の高得点者が親分とすることにします。

その結果、選ばれたのは龍三でした。そうして、ここに元ヤクザの老人たちが結成した新しい組が誕生しました。それが「一龍会」です。

龍三と七人の子分たちのネタバレあらすじ-3:京浜連合とのせめぎ合い

一龍会は、かつて自分たちのものであった、京浜連合のシマを取り返そうとします。まずは、京浜連合の一味である「借金の取立屋」から仕事を奪おうとしましたが、取立屋にやってくる客の境遇に龍三が同情し、逆に小遣いを挙げてしまいました。ヤクザじゃなくてエンジェルですね。

また、食品会社へのデモ隊を蹴散らすため、会社に「警備代」をもちかけようとします。しかし、取立屋と同じ人物が、偽弁護士として交渉していました。食品会社には龍三の息子が勤務し、彼を助ける目的も兼ね、龍三が偽弁護士を追い払います。こうした京浜連合に対して邪魔な行為を行う一龍会に対し、彼らも黙っていませんでした。

京浜連合のボスである「西」は、モキチの孫娘と付き合っている手下に、孫娘を「さらって来い!」と命令します。しかし、手下はモキチに全てを話し、モキチが復讐のため、単身で京浜連合の本部ビルへ乗り込みます。

「せめてボスのタマだけでも取る」と覚悟を決めていましたが、逆に西にバットで殴り殺されてしまいました。
モキチの棺が一龍会の根城へ運ばれると、龍三が誓いました。「落とし前、つけなきゃな!」いよいよ一龍会と京浜連合の直接対決が始まります!

龍三と七人の子分たちのネタバレあらすじ-4:カーチェイスによる結末

モキチの遺体を伴いながら、一龍会が京浜連合の本部ビルに乗り込みました。京浜連合の西たちと対峙し、一龍会の組員たちが若い頃に身につけた得意技が披露されます。早撃ちをするマック、五寸釘を投げるヒデ、ステッキを振り回すイチゾウ――ただし、加齢のため、かつてのような正確性はありません。

しかし、捨て身で挑んでくる組員たちの姿に、京浜連合の若者たちが怯え上がり、西が言いました。「コイツら狂ってる!逃げろ!!」西を中心に車で逃走します。

一龍会も、龍三を先頭に追い駆け、市バスを乗っ取り、西たちの後を追いました。信号無視をし、商店街をメチャクチャにし、ついに海辺の倉庫に辿り着き、西たちと直接対決となります。しかし、年老いた龍三たちの強さは健在で、素手の戦いで西たちを圧倒します。

そこへ村上の陣頭指揮で、パトカーが到着し、龍三と共に一龍会の全組員が逮捕されました。しかし、西は村上に向かって「殺されそうでしたよ、危なかったですよ」と言うと、村上が「詐欺でお前も逮捕だ!」と言いながら、一発のパンチを浴びせます。こうして、喧嘩両成敗のような形で一龍会と京浜連合の抗争が終わりました。

龍三と七人の子分たちの作品情報

龍三と七人の子分たちのジャケット写真
レンタル開始日
2015/10/09
監督
北野武
キャスト
藤竜也、近藤正臣、中尾彬、北野武、品川徹
上映時間
111分
GEOで購入!
龍三と七人の子分たちのユーザ評価

評価数:15308件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 主役が全員年よりというのが笑える。 真面目にやってるのだろうが、思い通りにいかない所に愛情が芽生える。 北野監督のごてごてのヤクザ映画も好きだが、お笑いありのヤクザ映画も好きだ
  • 藤竜也さん見参。 隠居した渡世人がこんなにコミカルで面白く描かれた作品はないです。 洋画にも似た作品はありましたが、渡世人の世界は日本人の方が面白いです。 迫力あります。
  • じじい最高!笑いっぱなしの2時間です。豪華なキャストもビックリ!家族みんなで(おじいちゃんおばあちゃんも一緒に)見て笑って下さい!

これもオススメしたい!!北野武監督映画

「龍三と七人の子分たち」は、北野武がメガホンを撮った第17作目です。それだけ長い間、映画監督として活躍し、他にも興味深い作品が多々あります。「龍三と七人の子分たち」と同様、ヤクザ映画と言えば、「アウトレイジ」になるでしょう。「龍三と七人の子分たち」はどちらかと言えば、コメディ要素が強いですが、「アウトレイジ」はシリアス映画であり、ヤクザ同士の抗争が描かれています。しかも、エンターテイメント色が強く、緊張感を失わせない映像になっています。

アウトレイジの作品情報

アウトレイジのジャケット写真
レンタル開始日
2010/12/03
監督
北野武
キャスト
ビートたけし、三浦友和、椎名桔平、加瀬亮
上映時間
109分
GEOで購入!
アウトレイジのユーザ評価

評価数:7244件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 一般社会とは違う上下関係、力関係がわかりやすく表現されてるので、 この世界を全く知らない人でも入って行き易いと思います。 誰が消されてもショックを受けない、数少ない映画かと。 椎名桔平さんがめちゃかっこよかったです。 小日向文世さんのキャラが活きますねー。
  • 少し大げさな所もあるが、ヤクザ映画の中では男気と組織の仕組みを表現した作品。 エロや犯罪的な部分はほとんどないので嫌味を感じなく見れる。 豪華な俳優陣がGOOD!
  • こんなに豪華な役者が揃って出演する映画はヤクザ映画では仁義なき戦い以来ではないでしょつか?北野作品ならではのシーンに連続。グロいシーンが苦手な方にはオススメしませんが男の子なら観ておきたい一本ではないでしょうか?

参考URL
・youtube.com