LIMIT OF LOVE 海猿のジャケット写真

鹿児島港沖で発生した大型フェリー座礁事故の人命救助に挑む機動救難隊隊員たちの活躍を描いたアクション・ドラマで、映画、テレビと続いたシリーズの完結篇。

監督:羽住英一郎、原作:佐藤秀峰、脚本:福田靖、音楽:佐藤直紀、出演:伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 大塚寧々

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

すれ違う仙崎と環奈

潜水士2年目となり、鹿児島の機動救難隊へと配属された仙崎大輔(伊藤英明)と吉岡(佐藤隆太)。そこへ、遠距離恋愛中の伊沢環奈(加藤あい)が訪れました。結婚を目前に控えて、順風満帆なように見えましたが、遠距離恋愛によるすれ違いから、不穏な空気になってしまいます。せっかくウエディングドレスを見せようと横浜からやってきた環奈でしたが、仙崎は温度差を感じてしまいます。

また、環奈もショックを隠すことができませんでした。そんな中、大型フェリー「くろーばー号」が座礁したと仙崎ら起動救難隊に知らせが入り、出動が命じられます。船内は、多くの車両が積載されており、火災が発生すれば、大災害になることは目に見えていました。勢いを増して浸水していくくろーばー号。沈没まで4時間しか残されていないと言います。仙崎らは、急いで救助を開始しますが、このフェリーには環奈も乗り合わせていたのでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=AgbH_aVmO0c

海上保安官として要救助者を避難させようとする仙崎と吉岡

刻々とリミットが迫る船内では、避難が進められていました。そんな中、妊娠5か月の女性、本間恵(大塚寧々)は怪我をし、仙崎に支えられるように誘導されていました。そこで、愛車の様子を気にする男性、海老原(吹越満)に出会います。海老原は、避難を命じられながらも、愛車を手放したくない一心で、逃げ遅れてしまったのです。

なんとか海老原を説得して、避難するものの、車両の爆発が起きてしまい、避難ができなくなってしまいます。仙崎は下川(時任三郎)の指示を仰ぎ、溺れることを避けるため、右舷船尾まで移動しようと決断します。

しかし、この避難路は長時間潜水をして進まなければならず、妊娠中の本間のことも気づかい苦渋の選択となってしまいます――この方法は、下川にとっても仙崎にとっても大きな賭け。潜水した出口のスプリンクラーが作動しておらず、既に火の海となっていることも考えられるからです。

困難を乗り越えながら環奈の存在に改めて気づく仙崎

無事脱出し、安堵した仙崎らでしたが、そこでまた爆発に巻き込まれてしまいます。下川との連絡が途絶えてしまったため、仙崎はなんとか自力で脱出ルートを探ろうと奮闘。吉岡に救助者を託し、ひとりで脱出ルートを確認し、導いていきます。

しかし、避難途中で吉岡に予期せぬ事態が起こってしまいます。落ちてきた天井と壁の間に挟まれてしまったのです。吉岡を助けていては、要救助者の避難が遅れてしまうため、身動きが取れない吉岡に必ず助けに来ると言い、仙崎は、やむを得ず置いていくことを決断します。

船外に続く煙突を上っていく救助者たち。仙崎は危機的な状況を目に前にし、改めて環奈が大切な存在だと気づきます。また、それは環奈も同じでした。

感動的な再開を果たした仙崎と環奈

仙崎は、電話越しに環奈にプロポーズを申し込みます。この電話は、外部に全て音声が漏れてしまう電話で、環奈は最初こそ恥ずかしがっていたものの、仙崎の素直な言葉に涙が止まりません。必ず生きて帰ると約束した仙崎と環奈ですが、ついに船が沈んでしまいます。

浮上してきてほしいと願う環奈や下川。隊員たちは、わずかな望みにかけて助けに向かいます。そこで仙崎と救助者2人は発見され、助け出されました。そしてすぐに、仙崎はまだ船内に取り残されたままの吉岡の救助へと急ぎます。

吉岡は、仙崎が残していた酸素ボンベを使い、仲間が助けに来るのを待っていました。仙崎や仲間の助けがあり、吉岡は無事に仲間の元へ帰ることができたのです。その後仙崎は環奈と再会し、改めて結婚の約束をしました。

LIMIT OF LOVE 海猿の作品情報

LIMIT OF LOVE 海猿のジャケット写真
レンタル開始
2006/12/20
監督
羽住英一郎
キャスト
伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 大塚寧々
上映時間
119分
GEOで購入!
LIMIT OF LOVE 海猿のユーザ評価

評価数:1891件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 前作の映画やドラマをみていなくても話の内容は十分分かると思います。吉岡と大輔が手を握り合うシーンや告白のシーンは涙なしでは見られません。海猿シリーズを見ている人も見ていない人もぜひ見てみてください。本当にいい映画です。
  • 海猿全シリーズで一番好きです 伊藤英明が実際に身体張って撮影された迫力はすごい! ドラマ、アクション、恋愛模様、非常にバランスがよく盛り上がること間違いなし! あと伊藤由奈のエンディングもすごく素敵なんですよ! 作品にとても合っています
  • かなり良かった!仕事と恋愛がどっちも上手くいってて本当に羨ましいわ(笑)伊藤英明と加藤あいの関係メッチャ良かった!それにしても、加藤あい可愛すぎ!最後のチェックインのところマジで可愛かった

「海猿」シリーズはチェックしておこう!

海猿シリーズは、2004年に「映画海猿 ウミザル」が初めて公開されました。その後、2005年にはドラマが放映され、高い人気を誇っています。2006年には「映画 LIMIT OF LOVE 海猿」が、2010年には「映画 THE LAST MASSAGE 海猿」が、2012 年には「映画 BRAVE HEARTS 海猿」が公開されました。シリーズ通して、仙崎と環奈の成長や心情が描かれているのがこの映画の特徴です。海上保安官という仕事がリアルに描かれています。感動的なシーンに、涙を流す人も多い映画となっています。

海猿の作品情報

海猿のジャケット写真
レンタル開始日
2005/02/16
監督
羽住英一郎
キャスト
伊藤英明(仙崎大輔) 加藤あい(伊沢環菜) 海東健(三島優二)
上映時間
119分
GEOで購入!
海猿のユーザ評価

評価数:1910件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 久々に海猿シリーズ最初の作品である本作品を見ると面白いなと思います。10年以上前の作品なので出演者のみなさんみんな若いです(笑) また、有名になる前の斎藤工さんや青木崇高さんも出演しています。 やはり最後の仙崎が仲間に救出される場面は何度見ても感動です。
  • 展開はベタですが、なかなかの見応え。 この手のストーリーは中途半端だと「観たことあるし」「あの映画と似てるし」のほうが先に立ってしまいますが、これくらいクサくてちょうどいいです。 とはいえ、青春っぽいセリフやシーンはもう少し押さえて、さらに緊迫感を持たせるともっと良かったかと。 それにしても海は怖いです。 ワタクシは泳ぎが得意でないだけに余計怖いです。船内に閉じこめられるシーンとか、ラストの酸素がなくなってしまうシーンとか、思わず息を止めてもがいてしまいました。
  • 海上保安官の仕事なんて、これまで全く無知でしたが、この映画を通して、様々な事を考えさせられました。海上保安官としての仕事、訓練。恋。何もかもに感動しました。 大好きな映画の1つです。

参考URL
・youtube.com