M:i:3(ミッション・インポッシブル3)のジャケット写真

スパイを引退したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。新人スパイの教育に当っていたイーサンだが、教え子リンジーが誘拐されたことを知らされ、その救出作戦に参加する。

監督:J.J.エイブラムス、脚本:アレックス・カーツマン ロベルト・オーチー J.J.エイブラムス、音楽:マイケル・ジアッキノ、出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント) フィリップ・シーモア・ホフマン(オーウェン・デイヴィアン)

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

幸せな婚約パーティーから一転。教え子を救い出せ!

極秘である組織「IMF」(Impossible-Mission-Force)に所属していたイーサン・マシュー・ハント(トム・クルーズ)。全線を退いた後は、IMFのスパイ養成を行う教官として働いていました。そんなイーサンにもジュリア(ミシェル・モナハン)という最愛の女性ができ、穏やかで幸せな生活を送っていました。転機が訪れたのは、ジュリアとの婚約パーティーの日のことです。パーティーの最中に突然IMFからイーサンに呼び出しが入ります。IMFからの要望は、現場への復帰。その理由は、イーサンの教え子のリンジー(ケリー・ラッセル)と長時間音信不通になってしまったことによります。

リンジーは行方をくらます直前まで、デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)というブラックマーケットの要注意人物をマークしていました。リンジーは拉致されている可能性が高く、イーサンはリンジー奪還のためにドイツにある廃工場へと向かいます。無事リンジーの奪還には成功しましたが、リンジーの体内には小型の爆弾が埋め込まれていました。どうにか解除を試みますが、リンジーは命を落としてしまいます。イーサンは、リンジーの想いを引き継ぎ自分がデイヴィアンを捕らえることを決心しました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qfU4PTG9wB4

イーサンVSデイヴィアン。鬼気迫る攻防戦

リンジーが残した情報により、デイヴィアンが「ラビットフット」という情報を破格の料金で取引しようとしていることが分かりました。イーサンはこのことを上層部には伝えず、独自にデイヴィアンを捕まえようと思っていました。ミッションに移る前に、イーサンはIMFには内緒でジュリアと結婚式を挙げます。ジュリアはイーサンに何か大きな隠し事があることに薄々気付いてはいましたが、そのままのイーサンを受け入れて結婚することを選びました。デイヴィアンの居場所を突き止めたイーサンは、チームのメンバーと密かに潜入を図ります。

イーサンはデイヴィアンに変装した後、車の爆破を利用してデイヴィアンの死を偽装します。本物のデイヴィアンは計画通り拉致され、目が覚めたのは飛行機の中。イーサンはラビットフットの情報を聞き出そうとしますが、デイヴィアンの挑発により思うようにはいきません。お互い一歩も譲らぬ状態が続くかと思われましたが、デイヴィアンの奪還チームが現れたことにより自体は思わぬ方向へと向かいます。死を偽装したはずのデイヴィアンを奪還しに来たということは、IMF内に内通者がいるのではないかという疑いが浮上してきました。

命の危険が迫る中、思わぬ黒幕の出現

IMFのブラッセル局長(ローレンス・フィッシュバーン)は、単独行動を取ったイーサンを拘束しておくように部下のマスグレイブ(ビリー・クラダップ)に言い渡します。しかし、マスグレイブはデイヴィアンに関する情報をイーサンにだけ与えました。情報を確認するためにイーサンはIMF内には偽の情報を流し錯乱、無事脱出します。イーサンはメンバーとの協力により見事ラビットフットの入手に成功。ラビットフットを入手したことをデイヴィアンに知らせ、取引を持ち掛けます。翌朝、指定された場所へ向かったイーサンは車に乗るように指示され車内で薬を飲まされてしまいます。目が覚めた場所は見知らぬ家屋、目の前にはなぜかジュリアがいました。

デイヴィアンはイーサンの体内に爆弾を埋め込んだことを教えると、ラビットフットの場所を聞き出そうとします。そして、イーサンがどれだけ懇願しても聞く耳は持たず10数えた後にジュリアの頭を打ち抜きました。放心状態のイーサンを満足げに眺めていたデイヴィアンが立ち去ると、入れ替わりにマスグレイブが現れます。マスグレイブはジュリアの遺体に手を伸ばすと、口に貼ってあるテープを外しました。それとともにジュリアだと思っていた女性が全くの別人であることが判明。実は本当の黒幕はマスグレイブで、IMF内に内通者がいると偽の黒幕を仕立て上げデイヴィアンと裏で通じていたのです。

最愛の人の命を取り戻す!イーサンとジュリアの選んだ結末

イーサンはジュリアの声を聞かせてほしいとマスグレイブに要求します。ジュリアとの電話のやり取りを行い本物であると確認ができた途端、イーサンはマスグレイブを一蹴。無事ジュリアの元へたどり着いたイーサンでしたが、そのとき激しい頭の痛みと共にデイヴィアンが現れました。デイヴィアンはイーサンの体内にある爆弾を起動したと告げ、ジュリアを殺そうと近づき始めます。デイヴィアンに立ちはだかったイーサンはそのまま揉み合いながら車道へと転がり出ます。

しかし、イーサンに馬乗りになっていたデイヴィアンは車道を走る車に轢かれ死亡、下になっていたイーサンは助かりました。ジュリアの元へ戻ったイーサンは、銃の扱い方を教え自分を一度殺せと命じます。爆弾のスイッチを切った後、蘇生を行えば必ず生き返られると説得されジュリアはイーサンの指示に従います。しかし、その最中にマスグレイブの妨害が入ります。ジュリアは必死で応戦しどうにかマスグレイブを撃退、イーサンの蘇生にも成功しました。イーサンはこの件を機にジュリアへすべてを明かします。今回の働きが認められたイーサンは、新たな任務を依頼されますがハネムーンがあるのでと断りました。全てを知ることとなったジュリアはIMFのメンバーにも正式に紹介され、盛大な祝福を受けながらハネムーンへと出発しました。

M:i:3(ミッション・インポッシブル3)の作品情報

M:i:3(ミッション・インポッシブル3)のジャケット写真
レンタル開始日
2006/11/17
監督
J.J.エイブラムス
キャスト
トム・クルーズ(イーサン・ハント) フィリップ・シーモア・ホフマン(オーウェン・デイヴィアン) 
上映時間
125分
GEOで購入!
M:i:3(ミッション・インポッシブル3)のユーザ評価

評価数:2821件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 頭の中に爆弾とか恐ろしいな、、、自分に電気を流すとか根性ヤバイな。生(せい)への信念というヤツなのか?ラスボスがまさかの奴でびっくりしたなw
  • スパイものにしては人間くさかったけど良かったです。 奥さんって一応一般人なんですよね⁇ あまりの凄腕にビックリです。笑えます。彼女もスパイになるべきです。 そして「Mr.& Mrs. スミス」のように夫婦で活躍して欲しいです。
  • 相変わらずトム・クルーズは頑張ってアクションしていたし、スピード感があって楽しめました。 ドラマ「フェリシティの青春」のケリー・ラッセルがリンゼイ役で出演していたり、J・J・エイブラムス繋がりかなと面白かった。

参考URL
・youtube.com