P.S.アイラヴユーのジャケット写真

ニューヨークに住むホリーとジェリーは、時に喧嘩をしつつも幸せな日々を送る夫婦だった。だが、二人を突然の悲劇が襲う。ジェリーが脳腫瘍に冒され、亡くなってしまったのだ。陽気で情熱的、歌好きなアイリッシュの夫を失ったホリーは失意のどん底に突き落とされ、家に引きこもってしまうが・・・

監督:リチャード・ラグラヴェネーズ、原作:セシリア・アハーン、脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ スティーヴン・ロジャース ウェンディ・フィネルマン、音楽:ジョン・パウエル、出演:ヒラリー・スワンク ジェラルド・バトラー キャシー・ベイツ 

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

愛する夫の死を乗り越えられないホリー

ホリーとジェリーは、どこにでもいる夫婦。ホリーの目標は「家を買うこと」で子どもを作ることもせずにお金を貯めようとしていた。だが、そんなホリーとは違い、ジェリーはお気楽に人生を考えるタイプ。そんな二人は、時にぶつかり合いながらも、互いに深く愛し合っていた。

そんなある日、ジェリーが脳腫瘍を患いあっけなく亡くなってしまう。ジェリーの死を受け入れられないホリーは、生きる気力を失い部屋に閉じこもりジェリーのことだけを思う日々を送るのだった…。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=IYxz2g0g8lM

ホリーの誕生日に突然届くジェリーからの手紙

部屋に引きこもったまま電話にも出ないホリーを気遣う母と友人たち。彼女たちが訪れると、意気消沈したホリーの姿と荒れ果てた部屋が…。

母や友人に励まされるホリーのもとに誕生日のケーキとレコーダーが届く。そのレコーダーには、亡くなったはずのジェリーからのメッセージが入れられていた。そして、そのメッセージは、これからホリー宛にジェリーが生前に書いておいた手紙が送られることを告げるものだった。

あまりのサプライズに涙するホリー。そして、その手紙はホリーの思いもしないところから届けられる。

ジェリーの手紙通りに行動するホリー

ジェリーの手紙に書かれた通り外の世界へと目を向けるホリー。だが、ジェリー思い出は消えることなく何をしてもジェリーの影がホリーの心を離さない。

郵便ポストに届けられるジェリーの手紙をいつしか待ちわびるホリー。ジェリーからの消印のない手紙は、おかしな配達人によって届けられたり、クリーニングのジェケットとともに送り届けられたりとジェリーらしい思いもしない方法でホリーのもとに届けられる。

そのサプライズに驚かされながら、ジェリーの思い出をたどるホリーだった。

友人とともにジェリーの故郷へと旅立つホリー

ジェリーからの手紙には、二人の出会った場所でありジェリーの故郷でもあるアイルランドへの旅行へ友人と一緒に行くことを進める内容がかかれてあり旅行会社への手配もされていた。

ホリーは、ジェリーの遺志に従い、デニースやシャロンとともにアイルランドへと向かう。そこで友人たちと楽しい時間を過ごすホリー。そんな中、友人たちが結婚や妊娠という幸せをつかんだことを知り、ホリーは、ひとり寂しさを感じるのだった。

そんな時、ふとしたことがきっかけで知り合った男性と一夜を共にするホリー。そして、その相手が実はジェリーの友人・ウィリアムだということを知り驚くことに…。

翌日、ホリーは、ジェリーの両親のもとを訪れる。そこでもまた、ジェリーはホリーへの手紙を用意していた。出会ったころの思い出をつづりながら、ホリーがやりたかったことを思い出させてくれるように記されていた。

自分の居場所を見つけるホリー

ジェリーの手紙から自分のやりたいことを探し始めるホリーは、ふとしたことがキッカケで靴のデザイナーを目指すことに。友人たちの幸せを素直に喜べずにいたホリーは、音信を絶っていたデニースにお詫びの気持ちを込めて靴をプレゼントする。

ジェリーへの思いを断ち切れぬまま、ひとりの寂しさを感じ始めるホリー。そんな時、友人として接してきたダニエルから男性として自分を見てほしいと告白される。

だが、ダニエルの言葉を素直に受け入れられないホリー。そんなホリーにいらだちを感じるダニエル。そして、ダニエルはホリーを残し立ち去ってしまう。唯一の心の支えをなくしたホリーは、さみしさのあまり母親の元へと向かっていた。

はたして消印のない手紙の差出人はだれなのか…

ホリーのさみしさを理解しながらも、それを乗り越えなければならないと諭すホリーの母。自分も愛する人に去られた悲しみを持つホリーの母は、前を向いて進むしかないことをホリーに告げる。そして、ジェリーからの最後の手紙を手渡すのだった。

ジェリーの手紙には、自分はホリーの人生の中で一部にしか過ぎない。これからは新たな人生を歩んでいくようにと告げられていた――新しい出会いを見つけ、素敵な恋をするようにと。

ホリーは、運命の恋をウィリアムだと思い、彼との再会を果たす。しかし、二人の関係は、愛情というよりは友情であったことを互いに感じ合う。友情を感じ合った二人は、良き友人としての新たな関係を築くのだった。

P.S.アイラヴユーの作品情報

P.S.アイラヴユーのジャケット写真
レンタル開始日
2009/03/25
監督
リチャード・ラグラヴェネーズ
キャスト
ヒラリー・スワンク ジェラルド・バトラー キャシー・ベイツ
上映時間
126分
GEOで購入!
P.S.アイラヴユーのユーザ評価

評価数:1452件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 亡き夫からの手紙 妻を思いあの手この手と先へと導き進ませる 出会った頃を思い出し夫の真っ直ぐな気持ちを感じずに入られない 愛する人の死を受け入れることって辛いし難しいでしょうね… ラストの手紙がまさかの展開で! ちょっとひねりが足りないかな
  • 感動しました!大号泣!! ジェリーとホリーみたいに、こんなに深く深く愛せる人に、生涯で出逢えるのかな… でも悲しいだけじゃなく、ジェリーの楽しい人柄や、まわりの友達や家族とのやり取りもあって、悲しいだけじゃない作品。 ホリーが悲しみから立ち直る様だけじゃなく、仕事とか人生とか前向きになれる手助けまでしたジェリーの深い愛。 最後には見てるこっちまで元気をもらっちゃいました。何度でも観たくなる映画です
  • 旦那の仕込み、ハンパねえ。。。こんなこと、相当相手を理解してて愛してないとできないよな〜。同じような事は出来なくても、これくらい愛のある男になりたいと思った。

参考URL
・youtube.com