BRAVE HEARTS 海猿のジャケット写真

海上保安庁の若き潜水士たちの活躍を描く人気シリーズ第4作「BRAVE HEARTS 海猿」。ジャンボジェット機で起こったエンジン火災からの救出が今回のミッション!タイムリミットが迫る中、まさかの不測の事態が発生してしまいます。命をかけて、命を救うシーンに胸が熱くなる方もいるでしょう!それでは「BRAVE HEARTS 海猿」のストーリーを最後までお楽しみください

監督:羽住英一郎、原作:佐藤秀峰、脚本:福田靖、音楽:佐藤直紀、出演:伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 仲里依紗 三浦翔平 平山浩行 伊原剛志 時任三郎

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

BRAVE HEARTS 海猿 のネタバレあらすじ – 1.ジャンボジェット機でエンジン火災が発生

洋上天然ガスプラントの大爆発事故で、伊藤英明が演じる海上保安官の仙崎大輔と、佐藤隆太が演じる吉岡哲也たちが救助活動で大活躍をしてから二年が過ぎていました。仙崎たちは海上保安官の精鋭のみが入隊できる「特殊救難隊」へ志願し、厳しい訓練の日々を送る中、加藤あい演じる妻還菜は二人目の子供を妊娠します。

一方吉岡は客室乗務員の仲里衣沙演じる矢部美香と愛を育み、プロポーズをするも断られていました。そんなある日、美香が乗務する乗員乗客346名が搭乗するジャンボジェット機206便で飛行中にエンジン火災が発生します。206便は羽田空港への緊急着陸を試みますが、火災の影響で機体に損傷が発生し、車輪が降りないことが判明し、海上保安庁を含め関係省庁により対策本部が立ちあげられます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=43bIPYFPt2k

BRAVE HEARTS 海猿 のネタバレあらすじ – 2.爆発と浸水が発生!救助活動は時間との勝負に。

対策本部の会議では様々な救助案が提案されますが、時任三郎演じる下川が提案したジェット機の海上への緊急着水案を採用することに。

しかし既に陽が落ち視界が悪く、海上に着水するには困難な状況であり、しかもジェット機は着水後20分しか浮いていられないことがわかります。 そこで待機する仙崎たち海上保安庁の特殊救難隊や警察関係の船団は、206便のために海上に誘導灯を整えます。

ところが、346名の乗員乗客を救助するには船舶が足りず、一般船舶も救助活動に加わることとなり、ジェット機はなんとか洋上に着水することに成功します。ところが着水後エンジンが爆発し、仙崎たちにとって救助活動が難しい状況に。追い討ちをかけるように、機体は前後に大きく分断され浸水が始まり、救助活動は一層困難さを増します。

BRAVE HEARTS 海猿 のネタバレあらすじ – 3.機体と共に海底に沈んでいく仲間

救助に向かった特殊救難隊副隊長嶋と仙崎はコックピットにパイロットたちを見つけますが、身体が機体に挟まり身動きができません。

しかも分断された機体から脱出できるのは機体後方であり、時間だけが過ぎていきます。そんな救助活動が進まない中、本部は隊員の安全確保のため現場離脱命令を出します。副隊長の嶋と先崎はそんな命令を無視し、救助を続行。沈みかけた機首からパイロットたちをなんとか救出することに成功します。

一方吉岡は機内に残された乗客100余名と恋人美香の救出を始めますが、散乱した荷物や崩れた天井で吉岡は機体に取り残さてしまいます。しかもボンベを外していた吉岡は機体と共に海中へと沈んでいってしまいます。関係者たちが落胆する中、仙崎と嶋は深々度潜水許可を得て、吉岡の救出に向かう。

BRAVE HEARTS 海猿 のネタバレあらすじ – 4.勇気ある救出劇

身動きできないままジャンボ機の機体と共に沈んでいく吉岡は一端は助かることを諦めかけますが、機内にある酸素マスクを使って辛うじて生き延びます。

一方彼の生存を信じ、潜水士たちのサポートで潜水救助に向かった仙崎は、沈没した機体の中に生存している吉岡を発見し、吉岡の救出に見事に成功します。救助活動を見守っていた関係者たちは吉岡の生還を喜び、仙崎の勇気ある救助行動を称えます。

そんな中すでに救助され救護されていた美香は喜びと共に複雑な表情で吉岡を迎えます。そして突然プロポーズを断った理由がバツ一であることを告白します。吉岡は一瞬驚きますが、改めて二人の幸福を約束するプロポーズをして、美香も涙ながら喜んで受け入れます。

BRAVE HEARTS 海猿の作品情報

BRAVE HEARTS 海猿のジャケット写真
レンタル開始日
2013/01/18
監督
羽住英一郎
キャスト
伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太
上映時間
116分
GEOで購入!
BRAVE HEARTS 海猿のユーザ評価

評価数:13885件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 「海猿」の映画とドラマを拝見して海上保安官や潜水士の存在を初めて知りました。 長きに渡り、海猿の大ファンでしたがこれで最期かと思うととても悲しいの一言に尽きました。 最期にふさわしい内容になっているのではないかなと思いました。 期待を裏切らない作品です!
  • 助けられない人間は例え生きていても助けない。助けられる人を優先しより多くの人間を救う。なぜなら、救助隊員が巻き込まれ死んでしまっては誰も助けられないから。それが海猿の鉄則。 自分の命をかけて目の前で助けを求める人を救い出す、仙崎大輔がめちゃくちゃかっこいい。
  • 伊藤英明さんが大好きでこのシリーズは全部観ました。この作品は映画館のスクリーンで観ましたが迫力があって良かったです。命をかけて人助けの為に働いている男の人はカッコ良すぎる。すごく感動しました。1人で大泣きしました…

火災現場の救助劇「バックドラフト」もオススメ!

マカフレイ家は父、兄ステイーブンが消防士として街の安全を守る一家。弟ブライアンはそんな自慢の父が火災救助で同僚アドコックスを助けるため殉職する現場を目撃し、消防士にはならず、転職を繰り返します。しかし結局消防士になり、兄と同じ第17分隊に配属されますが、消防士のヒーローとして活躍するステイーブンには遠く及ばず落胆し、スウェイザク議員の紹介で火災調査官リムゲイルの助手になります。そのころ管内では連続放火が発生し、リムゲイルはその放火が延焼を最小限に抑えたバックドラフトを利用したものと分析します。そんな中議員とリムゲイルは放火事件で負傷し、ブライアンが調査を続けますが、集めた証拠から犯人が兄ステイーブンと疑います。しかし実際の放火犯は17分署の閉鎖と開発を進める議員や利権者を逆恨みしたアドコックスで、ブライアンが迫ると爆発が起こり、救助に努めた兄と共に亡くなり、彼は消防士として再出発します。

バックドラフトの作品情報

バックドラフトのジャケット写真
レンタル開始日
1999/06/25
監督
ロン・ハワード
キャスト
カート・ラッセル ロバート・デ・ニーロ ウィリアム・ボールドウィン
上映時間
137分
GEOで購入!
バックドラフトのユーザ評価

評価数:1197件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 私の人生をかえた作品です。この映画はセリフがすごくカッコいいんです。特に兄のクライマックスのセリフが鳥肌です!観ないとわからないかっこよさ。すごく書きたいけど我慢します。逆にセリフがない場面の役者の表情や目線が映画を引き立てていて、胸を熱くさせます。男の友情、家族愛、人生で大切なものを教えてくれる作品です。
  • 幼い主人公の目の前で優秀な消防士だった父親がバックドラフトで亡くなるシーンから始まる。優秀な消防士になった兄の所にダメダメな弟(主人公)が配属される。アメリカらしい適当な所はあるが、兄弟のドラマと主人公の成長物語。
  • 兄弟の熱い友情、そして意外な展開、文句のつけようがないくらい最高の映画でした! 本当に涙無くしては見られないほどでした! 明日から頑張ろうって気持ちになれる映画に久しぶりに出会えた気がしました

参考URL
・youtube.com