GANTZのジャケット写真

同名SFアクションコミックを原作に佐藤信介監督が映画化。敵を殺さなければ脱出できないという不条理な世界に生きる若者の姿を描きました。二宮和也・松山ケンイチ・吉高由里子の豪華キャストに引けを取らないクオリティの高い作品に仕上がっています。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:佐藤信介
原作:奥浩哉
脚本:渡辺雄介
出演:二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 夏菜 綾野剛 水沢奈子 千阪健介 白石隼也 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之

幼馴染と再会した地下鉄ホームで命を落とす

大学4年生、玄野計。普通の大学生と同じように就職活動をし、平穏な日々を過ごしていました。一方、玄野の幼馴染である加藤勝は、小学生の弟、歩と一緒に暮らしており、進学をせず働いています。ある日、地下鉄のホームで出会った二人。二人の目の前で酔っぱらいの男性が、線路へ落ちてしまいます。真っ先に加藤は、男性を助けるため線路に降りました。男性をホームへ押し上げると、自分も上がるため、ホームにいる玄野に助けを求めます。一度は無視をした玄野ですが、意を決し加藤の手をとりました。しかし二人とも線路へ落ちてしまい、快速列車に轢かれてしまいます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=7zuWbaxXpYM

目を覚ました二人に待ち構える黒い球と試練

二人は駅で電車に轢かれたはずですが、黒い球のあるマンションの一室で目を覚まします。この黒い球によって、人間が部屋に転送されているようです。そこへ裸のまま転送されてきた、岸本恵が表れます。加藤は、ほかの男性に襲われそうになる岸本を助けます。誰もこの部屋から出られず、そして死んだはずなのに、なぜか生きている奇妙な空間。そして黒い球からラジオ体操の音楽が流れ、部屋にいるメンバーに、「星人」と戦うよう指示を出します。球が開くと、それぞれの名前が入ったスーツケース、黒いスーツと銃などの武器があり、スキンヘッドの人間が入っていました。充分な説明もないまま、部屋にいたメンバーは、どこかへ転送されます。状況を呑みこめないメンバーたちに、西はテレビの収録だと話します。彼は、部屋にいるメンバーで唯一最初からスーツを着ていました。ここから星人たちとの戦いが始まります。

それぞれの思いが交差するガンツのミッション

男性メンバーは西から「指令をクリアすると、お金がもらえる」と聞き、星人を探し始めます。子どもの「ねぎ星人」を見つけると、黒い球から持ち出した銃で仕留めます。そこに現れる大人のねぎ星人。子どもが殺された現場を見て、男たちを皆殺しにします。
加藤や玄野では全く歯が立たない強さのねぎ星人。そこに西が表れ、銃で撃ち仕留めました。生き残ったメンバーは、また黒い球のある部屋に転送されます。黒い球は「ガンツ」と呼ばれ、ガンツに集められた一度死んだ人間は、指令をクリアし続け100点まで到達すれば解放されるとわかります。
西は、すでに星人と戦っており、男性メンバーは西の犠牲に。この日から玄野たちは、ガンツに呼び出され、地球を侵略するという星人との戦いの日々が始まります。ガンツのことを教えてくれた西は、怪力の「田中星人」との戦いで敗れてしまいました。戦いを重ねていくうちに玄野はガンツから渡されたスーツや銃が、人並み外れた力を持たせてくれると知り、現実世界で特訓を重ねます。幼い頃夢だったヒーローのように、悪と戦うことを決意した玄野。一方、加藤は戦うことを嫌い避けてきました。

加藤との別れにより、玄野に新たなる決意

3回目のミッションは「おこりんぼう星人」。国立博物館へワープし、入口にいた金剛力士像を玄野が破壊。ところが、加藤に好意を寄せていた岸本は、敵の攻撃を受けそうになった加藤を守り、命を落としてしまいます。しかし、その加藤もまた、千手観音のめった刺し攻撃によって敗れてしまいました。
息が絶える前に加藤は「計ちゃんは昔から変わらない、自分も計ちゃんみたいになりたかった」と玄野に話します。残された玄野は力を振り絞って千手観音を破壊します。ミッションはクリアされ、ガンツ部屋に戻されました。そして星人との戦いで命を落としたメンバーの一覧に加藤と岸本の写真が追加されます。玄野は、100点を取り加藤を生き返らせるためガンツ世界で戦う決意をします。

GANTZの作品情報

GANTZのジャケット写真

レンタル開始日
2011/07/13
監督
佐藤信介
キャスト
二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子
上映時間
130分
さらに詳しく見る
GANTZのユーザ評価

評価数:2005件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 原作読んだことないのですが、とても激しいアクションで楽しめました!二宮和也、松山ケンイチ、夏菜、本郷奏多・・・と結構豪華な役者だと思います!
    雰囲気の変わる二ノに目が離せません!
  • 謎な部分が多くありその分続編が気になります!時々入るほっこりとしたシーンが過酷なアクションシーンを際立てせてます。
  • 原作の世界観を損なうことなく映画化したのは立派。配役を見てアイドル映画なのかとの先入観を持って観ると、見事に裏切られる。

「GANTZ PERFECT ANSWER」に続く!

3か月後に公開されたGANTZの続編。GANTZの終わりから物語が始まります。玄野は現実世界の同級生多恵との仲が深まり、戦いで敗れた加藤の変わりに弟の歩の面倒を一緒に見ています。さらに現実世界でも、ガンツの存在が知られていくことに。謎の多いガンツ。玄野は加藤たちを生き返らせることができるのか。GANTZや玄野たちの結末は、「GANTZ PERFECT ANSWER」で確認できます。

GANTZ PERFECT ANSWERの作品情報

GANTZ PERFECT ANSWERのジャケット写真

レンタル開始日
2011/10/14
監督
佐藤信介
キャスト
二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子
上映時間
141分
さらに詳しく見る
GANTZ PERFECT ANSWERのユーザ評価

評価数:2118件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 前作同様凄いクオリティで面白く観れました。偽加藤やら偽西なんか出てきて展開も面白かったね〜。小島多恵が星人じゃないかと思っていたのは俺だけでしょうかねぇ
  • 1より今作の方が断然良かった!内容充実、アクションも満載、殺陣もキレキレで、前作は今作の為にあったんじゃないかと思うほど!
    綾野剛の変わらずの怪しさも良かった。
  • 地下鉄内での決闘アクションは凄い。完全結末は続編までお預けか?百点ゲットで一人蘇生できるとしたら誰にしようか?

GANTZの関連ネタバレ記事