GODZILLA ゴジラ(2014)のジャケット写真

映画「GODZILLA(2014)」はゴジラシリーズのアメリカ版リブート作品として制作されました。舞台こそアメリカですが、ゴジラの生まれた経緯やその強さは日本のゴジラをしっかりとトレースしています!最新のテクノロジーを使った迫力満点の怪獣バトルは、ゴジラファンにとっては必見!それではストーリーのあらすじネタバレをお楽しみください。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:ギャレス・エドワーズ
原作:デヴィッド・キャラハム(ストーリー)
脚本:マックス・ボレンスタイン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン ジュリエット・ビノシュ サリー・ホーキンス デヴィッド・ストラザーン ブライアン・クランストン

原発倒壊の原因はなんだ?

1999年、フィリピンの炭鉱に一機のヘリが降り立ちます。乗っていたのは生物学者の芹沢博士とグレアム博士。彼らの目的は坑内で発見された巨大生物の化石と、それに寄生していた2つの蛹でした。蛹の一つはすでに孵化した後で、その生物が残した巨大な痕跡が、炭坑を突き破って海岸へと続いていました。一方その頃日本の「ジャンジラ市」では、原発付近に不審な振動が確認されていました。

発電所に勤めるアメリカ人スタッフのジョー・ブロディ博士は、原子炉の即時停止を訴えます。ジョーの妻サンドラは原子炉のチェックに向かいますが、その時巨大な揺れが原発を直撃。原子炉は破損し、サンドラは避難が間に合わずに命を落としてしまいます。それから15年。ジョーとサンドラの息子フォードは、海軍の爆弾処理エキスパートとして成長していました。

そのフォードの元に、ジョーが日本で捕まったという知らせが入ります。今は避難区域として封鎖されているかつての家に戻ろうとしたのです。ジョーは15年前の事故が地震によるものではないと感じ、真相を探ろうとしていました。日本で父と再会したフォードは、彼の熱意に押され、避難区域に同行します。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=a_WRsHyOTjY

2種類の巨大生物

しかし、汚染されているはずの避難区域に放射能はありませんでした。二人はかつての家から振動に関するデータを回収しますが、その直後に捕まってしまいます。連行されたのはかつての原発跡の施設。そこには芹沢博士らの姿もありました。彼らが管理していたのは巨大な繭で、それこそが原発事故の原因であり、フィリピンの炭坑から移動してきた「MUTO(ムートー)」と呼ばれる生物だったのです。

ムートーは放射線を吸って成長し、今まさに羽化しようとしていました。電磁パルスを発して電気を遮断したムートーは、ついに繭を破って原発跡地を飛び立ちます。その衝撃によってジョーは致命傷を負い、帰らぬ人に。フォードは父の言葉が本当だったことを知り、信じなかったことを悔やむのでした。

一方芹沢博士はフォードに対し、次のような真実を明かします。はるか古代、地球上に放射能をエネルギー源とする巨大生物が2種類存在したこと。一つはムートーで、もう一つはそれらが寄生する「ゴジラ」と呼ばれる生物であること。両大国の水爆実験は、再び目覚めたゴジラを殺すためのものであったことなど。芹沢博士らが所属する機関「モナーク」は、ゴジラ研究を目的として作られたものでした。

ついにゴジラ現る!

ジョーの研究から、芹沢博士はムートーが何者かにコンタクトを取ろうとしていることを知ります。一方フォードは、ハワイ経由で家族の待つサンフランシスコに戻ろうとしていました。しかし突如そこにムートーが出現。軍が攻撃を仕掛けますが、電磁パルスによって電波が遮断され、攻撃不能に陥ります。

その時、ハワイに近づくもう一つの巨大な影が。ムートーの活動を察知し、それを阻むためにやってきた自然界の神、ゴジラ(やっと)参上!2大怪獣の大バトル勃発・・・と思われましたが、ムートーはあっさり東へと飛び去ってしまいます。それを追うゴジラも東へ。

一方芹沢博士は、ムートーが呼び掛けていたのが、ネバダ州に保管されているもう一つのムートーの蛹であることに気づきます。しかし時すでに遅く、蛹は羽化した後でした。より巨大なそのムートーはメスで、呼びかけは繁殖のためのものだったのです。2体が目指すのはサンフランシスコ。軍は核弾頭を餌におびき寄せ、海上でゴジラともども爆破する計画を立てます。フォードはミサイルを運ぶ列車に同乗し、サンフランシスコへと向かうのでした。

巨大生物バトル勃発!

しかし核弾頭は輸送中メスのムートーに襲われ、一基を飲み込まれたほか、時限装置が起動したもう一基も奪われてしまいます。このままでは爆発で多数の犠牲者が出ることに。フォードらの部隊は起爆装置解除のため、パラシュート降下によってムートーの巣へと侵入します。そこにはおびただしい数の卵が孵化の時を待っていました。

しかし起爆装置は容易に解除できない状態にあり、やむなく持ち出してボートで海上に運ぶことにします。その際フォードは巣の内部を爆破し、卵を全て破壊。一方ゴジラもサンフランシスコに上陸し、2体のムートーと死闘を繰り広げていました。苦戦するゴジラでしたが、巣を焼かれて怒り狂ったメスムートーは、ミサイルを追ってボートへ向かってきます。

ゴジラは尻尾の一撃でオスムートーを粉砕しますが、その時メスはフォードの乗るボートに迫っていました。万事休すと思われたその瞬間、ゴジラ現る!メスの口をこじ開けると、その中へ熱線を注ぎ込み勝利。一方フォードは海上でミサイルを爆破させ、自らは救助のヘリに救われます。傷ついたゴジラは倒れますが、数時間の眠りの後立ち上がると、雄叫びと共に海の彼方へ去っていくのでした。

GODZILLA ゴジラ(2014)の作品情報

GODZILLA ゴジラ(2014)のジャケット写真

レンタル開始日
2015/02/04
監督
ギャレス・エドワーズ
キャスト
アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン
上映時間
123分
さらに詳しく見る>
GODZILLA ゴジラ(2014)のユーザ評価

評価数:13411件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • アメリカ人が考えるゴジラは、放映の関係もあって昭和のゴジラが色濃いためか、本作も昭和のゴジラのノリを思わせる。アトミックブレスの迫力に欠けるのが残念だが、全体を通したら面白く仕上がっている。ハリウッド版ゴジラは日本のゴジラと違う方向に進んでもらいたいので、このクオリティを下げずにシリーズ化してもらいたいところ。
  • 迫力ある、いい怪獣映画だと思います。何度も驚かされた。日本人俳優の出演が嬉しいですね。いろいろなゴジラ像があると思いますが、ハリウッドのゴジラとして私は好きです。
  • 初代ゴジラを彷彿させるゴジラでした。ゴジラは人間の味方ではない。『畏怖』される『災害(天災)』のようなもの。人間はただ恐れ、対策もなく逃げ惑うしかない。今回はたまたま敵を倒すのが、人間の為になったもの。シェーしてるゴジラやコミカルなゴジラが好きな人には、是非初代ゴジラを観てみて是非『深く』考えて欲しい。ゴジラワールドは奥が深いですよ。

参考URL
・youtube.com