HERO(2007)のジャケット写真

木村拓哉主演で高視聴率を記録した大ヒットドラマの劇場版。東京地検・城西支部の型破りな検事・久利生公平が、刑事裁判無罪獲得数日本一の豪腕弁護士と対決する。松本幸四郎ら豪華キャストが共演。

監督:鈴木雅之、脚本:福田靖、音楽:服部隆之、出演:木村拓哉 松たか子 大塚寧々 阿部寛 勝村政信

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

東京へ戻ってきた久利生公平

那覇地方検察庁・石垣支部、札幌地方検察庁、山口地方検察庁・虹ヶ浦支部を経て、6年ぶりに東京地方検察庁・城西支部に戻ってきた久利生公平(木村拓哉)。検察事務官の雨宮舞子(松たか子)は久利生との再会に内心は嬉しいのに6年間も放っておかれたことに怒っていてそっけない態度をとります。城西支部に到着してすぐ久利生は同僚の芝山(阿部寛)から自分の離婚調停で手一杯だから言われ、芝山が起訴した傷害致死事件の公判検事を任されることになりました。

被告人の梅林圭介(波岡一喜)は三軒茶屋にある自販機前で接触した被害者の里山裕一郎(山中聡)と口論になり暴行を加え、里山は転倒した時に運悪く縁石に後頭部を強打し死亡します。里山は数日後に結婚式を予定していて婚約者のめぐみ(国仲涼子)に会いに行く途中でした。久利生は梅林が逮捕された時は罪を認めていたため簡単な内容の事件だからすぐ決着がつくだろうと考えていました。しかし裁判が始まった途端に梅林は態度を一転し無罪を主張してきたのです。

裁判は意外な展開となる

梅林の弁護を刑事事件では無罪獲得数日本一を誇る蒲生一臣(松本幸四郎)弁護士が担当していることに気付いた久利生は違和感を感じます。調べてみると梅林は代議士である花岡練三郎(森田一義)の贈収賄の疑惑を払拭させることができる重要な証人だったのです。

代議士の花岡と大手ゼネコンが神楽坂の料亭で金銭のやり取りがあったのではと疑われている日時に、赤坂の歯科医院が入っているビルで警備のバイトをしていた梅林が通院に来た花岡を目撃していると証言していました。となると三軒茶屋での障害事件が有罪になると同時に花岡のアリバイが崩れてしまいます。

蒲生は「自白は強要されたものだ」と無罪を勝ち取るため久利生を追いつめていきます。連日テレビにて政界の大物である花岡のスキャンダルが放送されていたため、久利生が扱う障害致死事件も注目されるようになりました。東京地検特捜部の検事で花岡の贈収賄疑惑を追っていた黛雄作(香川照之)の協力もあり久利生と雨宮は梅林が乗っていた車に証拠のヒントがあると思い探し始めます。

証拠を探しに韓国へ向かう久利生と雨宮

梅林が乗っていた車が不正に輸出されていることを知った久利生と雨宮は韓国へ向かいます。現地で韓国・釜山地方検察庁の検事:カン・ミンウ(イ・ビョンホン)に協力してもらいますが、結局有力な情報がなく見つけることはできませんでした。久利生と雨宮が日本へ帰国する際、久利生はカンからスペイン語で何か話をされますが久利生は言葉が解からないまま帰国をします。その後久利生は花岡を呼び、もう一度詳しく話を聞くことにします。

花岡のアリバイを崩す作戦に変えた久利生は梅林と花岡の証言を照らし合わせ、ある矛盾に気がつきました。歯科医院が入っているビルの駐車場は4台のスペースがあり、その日はビル内にある企業の営業車が既に3台分使用していたため駐車できる車は残り1台だったにも関わらず、梅林は車通勤をしてビルの駐車場に置いたと証言していて、花岡も自家用車で歯科医院へ向かったと証言していました。この矛盾について法廷で久利生は蒲生と戦いますが、一筋縄で勝ち取ることができず久利生は苦しみます。

決定的な証拠が裁判を一変させる

裁判中、追い込まれながらも久利生は結婚を控え幸せを夢見た男性が亡くなっている重大さを訴え続けます。そして裁判中、決定的な証拠が届きます。

障害致死事件が起こった同日、三軒茶屋から1キロほど離れた場所で連続放火事件が起きていました。放火犯の郷田(古田新太)が自分で放火した現場を撮影していてその写真に梅林が写っていたのです。その場所から花岡を目撃した時間に到着することは不可能だったため、この写真が決定的な証拠となり梅林は有罪判決となります。

花岡は「これは捏造だ!」と叫び否定しますが蒲生が証拠として認めたため花岡のアリバイが無くなり、その後贈収賄捜査によって逮捕されました。一段落した久利生は馴染みのバーへ行き、韓国でカンから言われたスペイン語の事を思い出します。お店にあった翻訳機を借りて調べてみると「彼女(雨宮)を絶対に離すなよ」と話していたことが分かり、久利生は「絶対に離さないよ」と真剣な目をしながら呟きました。

HERO(2007)の作品情報

HERO(2007)のジャケット写真
レンタル開始日
2008/03/08
監督
鈴木雅之
キャスト
木村拓哉 松たか子 大塚寧々 阿部寛
上映時間
130分
GEOで購入!
HERO(2007)のユーザ評価

評価数:1357件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • HEROのドラマの第二弾を見たら、昔の映画も観たくなりました。やっぱりおもしろい!北川景子ちゃんもいいですが、雨宮役の松たか子さんもやっぱりいいなぁ、、、久利生と雨宮の掛け合いが好きです。映画ならではの海外ロケやスケールの大きさで、まぁ現実的にはないかな?と思うこともありますが、やっぱりHEROは面白かったです。
  • 同名ドラマ作品の映画版です。映画というだけあって、何かと大規模な作りになっていますが、内容の根本はドラマとそう違わない印象で、期待通りに楽しめました。 ドラマから数年経過しているので、キャラクターたちのその後もいろいろと描かれており、面白かったです。
  • ドラマを見ずに映画を見ましたが、 やはり人物関係等の細部はドラマから見ないと理解しにくかったです。 ので、ドラマから見直しました。 話題作かつ出演者が豪華なので、非常に面白かったです。 木村さんはどんな役を演じてもかっこいいですね。

HERO (2015) 劇場版もオススメ!

2001年からテレビドラマが放送され、高視聴率を記録し大人気となった「HERO」。久利生公平は無類の通販好きで誰に何と言われようとラフな服装をし続ける我が道を進むタイプ。しかし真実を追求する熱意は誰よりも強く魅力溢れた検事で、久利生を演じた木村拓哉さんにピッタリの役でした。2007年の映画「HERO」ではドラマから引き続き出演したキャストはもちろん、新たに登場する方も豪華でタモリさんや松本幸四郎さんが出演し親子共演としても話題となりました。2015年に第2段の「HERO」が公開されています。あらすじは、ある事件がきっかけで久利生が大使館の不正行為や外交官特権の壁にぶつかりながら真実を明らかにしていくストーリーとなっています。新しいキャストとして久利生の検察事務官を女優の北川景子久さんが担当していたり外務省欧州局長役で佐藤浩市さんがキーマンとして出演しています。久利生と雨宮の関係も変化していくシーンも見所となっています。

HERO (2015) 劇場版の作品情報

HERO (2015) 劇場版のジャケット写真
レンタル開始日
2016/01/13
監督
鈴木雅之
キャスト
木村拓哉 北川景子 杉本哲太 濱田岳
上映時間
119分
GEOで購入!
HERO (2015) 劇場版のユーザ評価

評価数:16886件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 勧善懲悪だから楽しいです♪あまり複雑さがないところも見やすくていい(HERO自体がそういう作品だから当たり前か…)しいて言えばTVの特別番組枠でもいいんじゃないかな…って思うのは駄目かな?
  • 木村拓哉感、満載の物語。ほんとの検事だとできないんだろうなーとか思いながらも見てしまうので面白かった。
  • もともとHEROが好きで、ドラマも映画も全て見ています。映画館でも見ましたが、いつでも見れるようにと購入しました。安定の面白さで、満足です。

参考URL
・youtube.com