HERO(2015)劇場版のジャケット写真

大ヒットドラマ「HERO」の映画版「HERO(2015)劇場版」。一見チャラい風貌の検察官・久利生(木村拓哉)が挑むのは国境の壁。事件を解決するために、文字通り東奔西走を繰り返します。外交問題にまで発展しかねないところまで踏み込む久利生は事件を解決できるのでしょうか?気になるネタバレあらすじを最後までお楽しみください!

監督:鈴木雅之、脚本:福田靖、音楽:服部隆之、出演:木村拓哉 北川景子 杉本哲太 濱田岳

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

HERO(2015)劇場版のあらすじ-1:再会する雨宮と久利生

東京地検で働く久利生は、ネウストリア公国大使館の裏通りで一人の女性が死亡した交通事故の担当になります。事故死ではないと直感した久利生はシリーズおなじみのしぶとい捜査を開始。一方、大阪で検事になった雨宮は暴力団の恐喝事件を担当していましたが、その重要参考人こそが今回謎の死を遂げた女性と一致したのです。

2つの事件が交錯したことから久利生と雨宮は再会。久利生には新しいパートナーで勝気な美女の麻木がいます。過去のもどかしい関係もある久利生と雨宮、そしてそれを知らない麻木は奇しくも3人で捜査を進めることになります。空気を読めない麻木は雨宮の心の傷に触れるような発言を次々と繰り出しますが、久利生と雨宮の揺るがない絆のようなものを垣間見て何とも言えない状況に…周囲もハラハラしながら3人を見守ります。

HERO(2015)劇場版のあらすじ-2:難航する捜査

事件の真相を暴くには大使館の敷地内に謎があることがわかる3人ですが、大使館は日本の司法が及ばないゾーンです。しかし、死亡した女性は事故の数時間前にネウストリア人と交流があったことが証拠として残っており、謎の鍵は大使館内にあると踏みます。

捜査を強行する久利生は国交を脅かすレベルのタブーとして扱われてしまい、上からの圧力をかけられて捜査をストップせざるを得なくなります。それでもあきらめない久利生は、ネウストリア公国について知識を深めようと専門料理店に足を運び、ネウストリア人との交流を図り伝統のスポーツに参加するなど努めます。

久利生の捜査方法に疑問を抱きながらも、麻木は雨宮と久利生の動きを見ながら自身に欠けているものについて感じ始めます。

HERO(2015)劇場版のあらすじ-3:狙われる久利生と開花するチームワーク

真相に近づいた久利生は命を狙われ、ダンプカーにひかれて入院することに。彼の努力と事の重大さに気付いたチームメンバーは手分けして捜査を続行。それぞれが分散して捜査を進めた結果、大阪での暴力団事件とネウストリア公国の間に黒い影がうごめいていることが暴かれます。

違法薬物に関わる巨大な金の動きが見えてきた捜査の結果、更に圧力が高まりますが、正義の名のもと支部のメンバーは決定的証拠を導き出されました。復活した久利生と雨宮はキーパーソンであるネウストリア人を追って大使館内への潜伏捜査に挑みます。雨宮がお見合いした相手のコネで手に入れた大使館内で行われるパーティに招待客として忍び込む久利生と雨宮。

今まで決して入ることのできなかった事件現場の裏側の通路を初めて訪れますが、怪しい動きに気付かれて捜査は遮られます。

HERO(2015)劇場版のあらすじ-4:信念が久利生を突き動かす

ようやく物的証拠をそろえ、死亡した女性が死亡直前ネウストリア公国大使館内にいたことを証明した久利生。しかし国交を鑑みて再三久利生の動きを圧迫してきた外務省は、この動きを制します。久利生は金の動きや表面上のことよりも、国そのものの文化や人を理解することの大切さを訴えました。

すると、久利生が国を理解しようと以前交流したネウストリア人がネウストリア公国の大使だったことで、久利生の想いは届き、重要参考人の引き渡しを受け入れてもらえたのです。無事に国境を横断した事件解決が導かれましたが、事件を操っていた黒幕・大使館のNo.2だったヴェルネは本国へと強制送還されます。

日本の法では裁けないことはわかっていつつも、久利生はネウストリア公国へと事情聴取のためプライベートの時間を使って出向きます。一方、雨宮は当初もらっていたお見合い話を断るのでした。2人の関係の結末は、まだ先になりそうです。

HERO(2015)劇場版の作品情報

HERO(2015)劇場版のジャケット写真
レンタル開始日
2016/01/13
監督
鈴木雅之
キャスト
木村拓哉 北川景子 杉本哲太
上映時間
119分
GEOで購入!
HERO(2015)劇場版のユーザ評価

評価数:16747件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 久しぶりにHEROシリーズを観ましたが、やっぱり木村拓哉演じる久利生検事がかっこよかったです! あと、雨宮さんとの恋愛模様がどうなるのか、テレビシリーズが終わった時にもすごく気になっていたんですが、映画の中で個人的に納得いく終わり方してくれて、よかったです。
  • 松たか子が再び木村拓哉とタッグを組むところが懐かしさを感じ、よかった。笑いもありながら、正義感の強い主人公が、次々と事件への鍵を解いていくところは引き込まれる。木村拓哉の演技力にも注目。
  • 序盤からテンポ良く相変わらずのHEROでした。 雨宮との懐かしいハラハラ?の場面があったり、展開もしっかりしていて、もう次回作が観たくなる程でした。邦画の代表的な作品だと思います!

HERO(2015)劇場版の関連映画をご紹介!

大人気ドラマシリーズの続編として描かれた『HERO(2015)』。いつでも正義の芯を揺るがすことなく捜査に立ち向かう久利生の姿がカッコいい本作は、堅物の雨宮とのもどかしい関係性も魅力のひとつ。『ハンコック』も一見正義の芯が見えないけれど純粋なヒーローが大活躍するアクション映画です。しかも、ヒロインとの関係性がなんとももどかしいのです。まずヒロインは他に大切な守るべき男性がいます。しかも、どうしても主人公とはうまくいかないある重大な秘密を持っているのです。どうか幸せになってほしいと願うのですが、果たして……?!一筋縄ではいかないヒーロー像と恋愛模様が楽しめる『ハンコック』もあわせてお楽しみください。

ハンコックの作品情報

ハンコックのジャケット写真
レンタル開始日
2009/01/28
監督
ピーター・バーグ
キャスト
ウィル・スミス(ジョン・ハンコック) シャーリーズ・セロン(メアリー・エンブリー)
上映時間
92分
GEOで購入!
ハンコックのユーザ評価

評価数:1239件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ウィルスミスがカッコイイ話。 不思議な力を持ち過ごす男。そのせいで人々には疎まれていた。 その力の使い道をほんの少し変えて彼をヒーローに変えていく初めての友達。 素敵なお話です。ウィルスミスがカッコイイ話。不思議な力を持ち過ごす男。そのせいで人々には疎まれていた。その力の使い道をほんの少し変えて彼をヒーローに変えていく初めての友達。素敵なお話です。
  • マーベルコミックのようなアクションは楽しめました。想像を実写で表現できるのが、ハリウッドの資金力とアイデアの力ですね。 日本もコミックの実写映画化で巻き返して欲しい。 ホラーとアニメはもう世界標準です。
  • 奇抜な映画体験をできて大満足でした。 今となってはさほど衝撃度は落ちると思いますが、重力を感じさせないお粗末なCGがかえって映像の凄さを際立たせている稀有な映画だと思います。

参考URL
・youtube.com