Mr. インクレディブルのジャケット写真

家族全員がスーパー・パワーの持ち主である一家が、世界の命運をかけて立ち上がる姿をユーモラスに描いたファミリー・アニメーション。数々のメガ・ヒット作を世に送り出してきたピクサー&ディズニー共同による長編フルCGアニメの傑作です。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

スタッフ・キャスト

監督:ブラッド・バード
吹替声優:三浦友和 黒木瞳 宮迫博之 綾瀬はるか 海鋒拓也 斎藤志郎 後藤哲夫 小倉智昭 高田延彦 渡辺美佐

姿を消したスーパーヒーローたち

世界の平和のために戦っていたスーパーヒーロー。スーパーヒーローの中でも中心的人物で人気の高かったMr.インクレディブルことロバート・パー(通称:ボブ)は、強盗を引き留めるため大きな木を抜いて、進路をふさぎ強盗犯を捕まえたことで地元警察から感謝される、そんな日々を送っていました。ある日のこと、自殺をしようとしていた男性を助けますが、直後に熱烈ファンのMr.インクレディボーイと名乗るしつこい少年の迷惑行為で線路が爆発し、列車に乗っていた市民が怪我を負います。

そのことがきっかけで自殺しようとしていた市民や列車に乗っていた市民から訴訟を起こされ、政府は莫大な損害賠償を支払うこととなります。しかも他のスーパーヒーローたちも次々に批判されるようになり、政府はスーパーヒーローを守るため保護プログラムを発足。今後スーパーヒーローは市民と同等の生活をし、スーパーヒーローを引退をするよう条例を決めます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=_yFj9xILy0Y

会社員となったボブ

それから15年が経ち、ボブは同じくスーパーヒーローだったイラスティガールことヘレンと結婚し3人の子供と一緒に生活していました。職場は保険会社でボブは正直鬱になりそうなほど退屈な毎日を送っていました。しかも会社の利益を第一に考える上司から怒鳴られたりとストレスが溜まる一方で、唯一発散できることといえばスーパーヒーロー時代からの仲間・フロゾンと一緒に、警察無線を盗聴して正体がバレないように隠れて人助けをすることでした。

翌日ボブはまた上司に叱られていた時に、窓から強盗現場を目撃します。ボブは上司に助けたいと申し出ますが、上司は冷たく流したことでボブの怒りが爆発。上司に大怪我を負わせてしまいます。その後政府の担当者が来て会社の口留めや損害賠償をしに来たり、ボブは当然会社をクビにされ引っ越しするように言われますが、これ以上引っ越しはできないとボブは言いました。ボブは落ち込みながら自宅へ帰りますが、ヘレンにクビになったことは言えませんでした。

再びスーパーヒーローとなれるのか?

会社から持ち帰った書類をゴミ箱へ捨てていた時に、見慣れない封筒が入ってたことに気づきます。ボブは中身を開けると、それはミラージュという女性からで極秘任務の依頼が録画されたメッセージでした。もう一度スーパーヒーローになれるという誘い文句に、ボブはすぐ依頼を引き受け指定された無人島へ向かいます。依頼の内容は高機能のロボットを倒し、回収することでした。ボブは何年も運動していなかったためロボットに倒されそうになりますが、なんとか退治できました。

そして次の依頼までは会社に行くとヘレンに嘘をつき、トレーニングをし続けます。その間、破れたスーツを製作者でデザイナーのエドナに直してもらうのと新しいスーツを作ってもらいます。そして次の任務に出掛けたボブでしたが、ロボットに隙を突かれ今度は倒されそうになりますが、そこにシンドロームという男が現れます。なんと彼はMr.インクレディボーイと名乗っていたバディでした。

バディの罠

バディは自作のロボットを強化するために何人ものスーパーヒーローたちを犠牲にしていたのです。ボブはバディに捕らえられてしまいます。一方その頃ヘレンはボブの部屋に置いてあったスーツが直されていることに気づき、エドナに会いに行きます。エドナは家族全員のスーツも作っていてヘレンはボブが隠れてヒーローの仕事をしていたことにショックを受けます。新しいスーツにはGPS機能が付いていたためヘレンもボブを探しにジェット機を操縦し向かうことにします。

しかし娘のヴァイオレットと息子のダッシュも隠れて飛行機に乗っていたため、3人でボブを探すことになりました。バディはヘレンの乗った飛行機をミサイルで撃破。ヘレンと2人の子供たちは泳いでボブのいる島へ向かいました。無事島へ到着後、ヘレンは子供たちを残し一人で基地内を潜入し、バディの最終目的を知ることになります。

スーパーヒーロー復活!

その頃ボブはミラージュの助けによって解放され無事ヘレンと合流。子供たちはバディの手下に見つかり逃げ続け、途中でボブとヘレンとも会うことことができ皆で戦います。ところが、バディのゼロポイントエネルギーという体が動けなくなる光線によって再び捕らえられました。その間ロボットを乗せたロケットが町に投下され、バディがスーパーヒーローになりきり、あたかも退治しているかのようにリモコンを使いロボットを操作していましたが、ロボットが暴走してバディは気絶します。

一方ボブたちは、ミラージュの助けで町へ戻ってきて家族全員で戦いロボットを退治することができました。目を覚ましたバディは家に残っていたボブの息子・ジャックジャックを誘拐しようとしますが失敗。最後はマントがエンジンに吸い込まれて爆死してしまいます。

それから3ヶ月後――ダッシュの陸上大会の帰りに突然悪人が登場し、ボブ一家はスーツに着替え、敵に立ち向かいます。

Mr. インクレディブルの作品情報

Mr.インクレディブルのジャケット写真

レンタル開始日
2005/06/15
監督
ブラッド・バード
キャスト
ブラッド・バード(エドナ・モード) クレイグ・T.ネルソン(Mr.インクレディブル[ボブ・パー])
上映時間
115分
さらに詳しく見る>
Mr. インクレディブルのユーザ評価

評価数:4877件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 久しぶりに見たくなってレンタルしました!ヒーローに憧れるのはみんな一緒かな!?家族の絆っていうのが伝わる作品!
  • 一家全員がヒーローというヒーロー一家の並外れた能力や、ちょっと人間っぽい悩みまで楽しむことができる作品!個人的には末っ子の赤ちゃんがとっってもかわいい!
  • 一言で言うと家族の絆と成長が良いです。ディズニーらしい王道鉄板ストーリーと構成なので安心して見れます。続編もでるそうなのでこの一家がまたどういった物語を紡いでくれるのか楽しみです♪

参考URL
・youtube.com