PとJKのジャケット写真

三次マキ原作の大人気漫画「PとJK」を亀梨和也と土屋太鳳の共演で実写映画化した作品。JKとのいけない恋愛に気づいたPは、とっさの判断をとりますが、恋の誘惑はpをとらえて離しません。それでは気になるストーリーのあらすじネタバレをどうぞ。

監督:廣木隆一、原作:三次マキ、脚本:吉川菜美、音楽:大橋好規、出演:土屋太鳳 亀梨和也 高杉真宙 玉城ティナ

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

警察官(P)と女子高生(JK)の恋愛事情

本谷歌子(土屋太鳳)は、恋愛経験ゼロの女子高生。ある日、友人の矢口三門(玉城ティナ)から、大人の合コンに無理やり誘われます。女子高生という身分を偽り、22歳の女子大生として参加する歌子。無理やり注がれたお酒の対応に困っていると、飲めない歌子に代わりお酒を飲んでくれる佐賀野功太(亀梨和也)。歌子は彼の優しさに惹かれ、功太もまた歌子に惹かれ、帰りで二人はいい雰囲気に。

しかし、うっかり歌子が女子高生だと打ち明けてしまうと、急に功太の態度が一変。「今すぐ帰れ!」と、冷たく突き放します。逃げ出すように走り去った歌子の前に、不良たちが溜まっていました。不良に絡まれている若者たちの中には、歌子と同じクラスの大神平助(高杉真宙)の姿も。そこへ、先ほど別れた功太が警察手帳を持って現れます。なんと彼は警察官だったのです。

二人の秘密の結婚生活がスタート

スケボーで殴られそうになった大神を思わず庇い、額に怪我をしてしまう歌子。功太は救急車を呼び、朝まで歌子に付き添います。意識が戻った歌子に、功太は「結婚しようか」と突然プロポーズをし、歌子を驚かせます。

警察官である功太は、未成年である歌子と交際をするわけにはいきません。でも、結婚なら問題にはなりません。そこで、功太は「交際」ではなく「結婚」という方法で、歌子と一緒にいる道を選んだのです。

その後、功太は歌子の両親に結婚の挨拶をしに行きます。最初は結婚に猛反対の父・誠一ですが、功太の歌子へ対する思いと、彼の誠実さを認め、「歌子が学生の間は、妊娠するような行為は絶対にしないこと」を条件とし、通い婚としての結婚を許可します。

気になる功太の過去

功太と歌子の初めてのデートの日。功太は防犯ブザーをプレゼントします。観覧車の頂上でプロボーズをし、功太は歌子に指輪を贈ります。二人の秘密の結婚生活がスタート。

歌子は、指輪はネックレスにして、身に着けておくようにしました。歌子は功太の上司の山本から、功太の若い頃の写真を見せてもらいます。今とは違って、不良っぽい雰囲気の功太に驚く歌子。功太が変わったきっかけは、10年前に起きた連続殺人事件が原因だろうと、山本から聞きます。

功太の父親は、犯人に襲われそうになった功太をかばって殉職してしまったのです。功太の過去が気になる歌子…。

すれ違う二人の思い

合コンの日の事件のせいで、停学中だった大神が学校へ戻ってきました。大神は、自分のせいで歌子が怪我をしてしまったことを謝ってきます。歌子も、不器用ながら真っ直ぐな大神に心を許します。大神は不良グループを抜けて真面目に学校に来るようになりました。

グループを抜けたのに、いつも顔に傷がある大神のことが気になる功太。実は大神は母子家庭で、母親の愛人から暴力を振るわれていたのです。学校では文化祭の準備が始まりました。準備をきっかけに大神はクラスのみんなに溶け込みます。文化祭準備で忙しい歌子と、仕事に追われる功太。次第に二人にすれ違いが生じてきます。

功太の過去と、大神の事情が知りたい歌子ですが、功太は答えてくれません。そんな功太に距離を感じ、寂しく思う歌子と、それに応えられない功太…。そんなとき、大神の家はとうとう近所から通報されます。功太が駆けつけ、愛人の男は連行。母親と男は別れることになりました。

大切な人が教えてくれた大切なこと

文化祭当日。功太は歌子に内緒で文化祭にやってきますが、歌子に見つかり、二人は校内デートを楽しみます。そこへ、大神の不良時代の仲間がやってきて、大神の代わりに歌子を連れ去ってしまいます。

大神と共に助けに来た功太は、歌子を庇い、不良にお腹を刺されて病院に運ばれます。やがて意識を取り戻した功太。歌子は、功太に自分のことをもっと大切にしてほしいと責め、指輪を返してしまいます。月日は流れ、功太は「防犯対策講習会」として歌子の学校へやってきます。そこで三門が、警察官という危険な仕事をなぜやっているの?と問いかけます。

功太は、自分の父親が自分を庇って殉職したことを話し、「警察官は、愛する人と生きていくためにある仕事だと思う」と言い、それを大切な人が気づかせてくれたと答えます。講習会の後で、歌子と功太は抱きしめ合い、お互いの大切さを改めて実感します。その後、功太は観覧車で再び指輪を渡し、キスをしました。

PとJKの作品情報

PとJKのジャケット写真
レンタル開始日
2017/09/13
監督
廣木隆一
キャスト
土屋太鳳 亀梨和也 高杉真宙
上映時間
124分
GEOで購入!
PとJKのユーザ評価

評価数:2956件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 娘と2人で鑑賞♪レンタルされるのを楽しみにしてた作品です!久々、亀梨くん主演映画を観たがキュンキュンして楽しかった‼
  • 流石に漫画原作なので、設定に少し無理がある印象を感じましたが、亀梨ファンや土屋ファンにはお勧めの作品だと思いました。
  • 奥様は18歳と刑事くんを足して二で割った様な超ベタな話やけど面白かった。土屋太鳳を克服出来てお気に入りになりました。函館に行きたくなりました。

参考URL
・youtube.com