SP 革命篇のジャケット写真

<簡単な解説>
要人警護を任務とするSPの活躍を描いたアクション映画。テレビシリーズから始まり、前作「SP 野望編」を経て辿り着いたシリーズ完結編。ちりばめられたすべての伏線が一つにつながり、圧倒的スケールのクライマックスへ突入する。出演は「おと・な・り」の岡田准一、「孤高のメス」の堤真一、「あしたのジョー」の香川照之。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

革命の準備を整えるテロリスト

井上は、警視庁警備部警備課第四係に所属するSPです。幼いころ両親を目の前で亡くしたトラウマにより、五感が人より鋭い特殊能力を持ち、その能力を発揮してSPの任務を遂行しています。井上が絶対の信頼を寄せていた上司の尾形は、国家を揺るがすクーデターを企んでいました。

尾形を含むテロリストたちは、クーデターの準備を着々と進め、清掃員や記者に扮して潜入しています。議員である伊達も尾形と同じ革命側の人間です。第4係メンバーは国会議員の警備についており国会議事堂で合流しますが、尾形の指示で本会議場ではない部屋のチェックに。第4係のメンバーで、尾形の野望を知っているのは井上だけです。井上は尾形の動きにも注意しながら、警備にあたっていました。

一方革命メンバーは、第4係対策のため、もう1チーム革命側の警備チームを配備させます。本会議場の出入り口を封鎖し、尾形ら革命メンバーは、議員たちを支配しました。本会議場では、内閣不信任決議の真っ最中。クーデターの様子は、生中継されることになります。また都内某所では、革命側の若手官僚たちがワインを飲みながら、高みの見物としてその様子を見学していました。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=S8ZDaC2HI2w

本会議場を封鎖、議員の悪事を日の目にさらす

尾形が銃を放ち革命をスタートさせます。第4係メンバーは、革命側のSPから襲撃されますが、井上以外のメンバーは同じSPから攻撃されることが理解できません。しかし井上がみんなを説得し、強力な革命側SPとの戦いが始まります。革命側SPを倒し、本会議場へ向かう第4係。

一方本会議場では、尾形ら革命メンバーが議員たちの汚職の実態を自白させられています。そして尾形の真の標的である、麻田総理の順番に。尾形は麻田総理の陰謀により父親を殺害された過去があり、仇を取ることが目的でした。麻田総理に銃を向け、過去の悪事を自白させようとします。

裏切りにより追いつめられる尾形

革命側であった伊達は、尾形に銃を捨てて、SP達に確保するよう言い出します。尾形と伊達は、同じ革命側の人間という繋がりだけでなく、麻田総理の策略で殺害された成瀬議員の息子であり、ふたりは兄弟でした。伊達は麻田総理の失脚後、自らが権力を持てるよう弟の尾形を利用しようとしたのです。

実の兄にも裏切られ、これまでと悟る尾形は、麻田を殺害し自らも命を絶とうとします。そこへ第4メンバーが本会議場内へ突入。テロリストを制圧し、議員らを解放させ、伊達の計画は失敗しました。逃げる麻田総理を尾形は追いかけます。それをさらに井上が追いかけ、屋上まで追い詰めました。

ここで麻田総理は、ようやく自白し謝罪します。尾形は自殺を図ろうとしますが、井上によって止められ尾形は逮捕されました。

一方、高みの見物だった若手官僚たちは、爆弾により家ごと吹き飛ばされ抹殺されます。さらに警察内部にいた革命側の幹部もトイレで首をつり、命を落とします。自ら命を絶ったのか、何者かに口封じのため消されたのか。真実は闇へと葬り去られます。

事件の謎が深まるラストシーン

革命側のクーデターは、失敗に終わりました。全てが終わり、井上はデスクの引き出しにあった尾形からの手紙をひとりで読んでいます。

一方、尾形は取り調べを受けるため、看視と歩いていました。そして看視のひとりが尾形に「もうすぐだからな」と話しかけます。尾形の手紙の内容、看視のことばの真意は誰にもわかりません。通常の任務に戻った第4係メンバー。井上は特殊能力による頭痛が、和らいでいました。

しかし警備に向かう先で、また特殊能力が発動します。井上らの平穏な日々は、まだまだ遠いことを感じさせるラストシーンです。

SP 革命篇の作品情報

SP 革命篇のジャケット写真
レンタル開始日
2011/08/26
監督
波多野貴文
キャスト
岡田准一 真木よう子 香川照之
上映時間
128分
GEOで購入!
SP 革命篇のユーザ評価

評価数:2824件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 良かった!でも、もうちょい尾形の過去を掘り下げて欲しかったし、香川照之がそのままで終わってしまったのも納得いかんな。他の仲間は捕まったり死んでるのに。もっと続きが観たいな。
  • 岡田淳さんと堤真一さんの迫真の演技に、最後まで目が離せません。ストーリーも「え、そうなっちゃうの!?」という感じで意外性もあり楽しめます。日本のアクション系はイマイチなイメージですが、この作品はリアリティがあって飽きがこないのでオススメです。
  • 見てください。とにかく、是非。貴方にお伺いいたします。自分の親が殺されて、復讐を思い立った時、その復讐の仲間、幼いときから誓い合った仲間がいたとしたら、そうV6の「WAY OF LIFE」の歌詞のように、信じていた仲間が裏切ったとしたらどうします?堤(尾形)が、裏切った彼を撃つ時の表情、怒り、逡巡、あきらめ、彼の表情は非常に豊かです。 また、あきらめて、見捨て、忘れ、縁を亡き者と思い、気を持ち直すのも見事。本当に、堤さんの目ヂカラをご堪能ください。

本作を観る前に押さえておきたい「SP 野望篇」

革命篇と同じくテレビドラマ「SP 警視庁警備課第四係」の劇場版作品「SP 野望篇」。2010年に公開され、革命篇の序章になる物語です。ドラマのラストから続き井上が、尾形に疑惑を持つところから始まります。尾形は井上を革命側に引き入れようと説得しますが決裂。井上を排除すべく伊達が、第4係にテロリストを送り込みます。革命篇をより深く理解できる作品となっていますので、こちらも合わせてご覧ください。

SP 野望篇の作品情報

SP 野望篇のジャケット写真
レンタル開始日
2011/04/23
監督
波多野貴文
キャスト
岡田准一 真木よう子 香川照之
上映時間
98分
GEOで購入!
SP 野望篇のユーザ評価

評価数:2509件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 革命篇よりは規模がまだ小さかったですが、ドラマの感じに似ていました。相変わらずアクションは素晴らしいです。いいところで最後が終わっていて、革命篇が早く見たくなる映画です。ぜひ、革命篇と一緒に見てください。
  • 岡田くんが、格好良かったです!アクションがすばらしい。ただ、カメラワークがいまいちです。せっかくのアクションシーンが、画面がぐらぐらして目が回りそうになります。
  • 理解ある優しい上司だったはずなのにTVドラマの最後で化けの皮をはがした尾形係長に壮大な野望が・・・・いけ好かない感じのキャリア官僚の仲間と共に。 要人じゃなくSP目当ての沢山の腕利きテロリストとの格闘シーン、良かったです、岡田君ナイスバッティング。

参考URL
・youtube.com