THE LAST MESSAGE 海猿のジャケット写真

<簡単な解説>
人命救助のエキスパート、海上保安庁の潜水士たちの活躍を描く海洋アクション。劇場版二作とTVドラマ全11話が製作された人気シリーズ待望の劇場用第三弾。シリーズ初の3D版も上映。出演は「カムイ外伝」の伊藤英明、『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』の加藤あい、「ROOKIES -卒業-」の佐藤隆太。

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

バディと離れた仙崎

海上保安庁に勤務している仙崎大輔は、一児の父となり結婚3周年のプレゼントとしてバディの吉岡哲也と一緒に仙崎の妻:環奈へ向けた感謝のメッセージを録音していました。一方その頃、日本と海外とで協力して作り上げた天然ガスプラント「レガリア」が浮かぶ福岡玄界灘に巨大台風が接近し異常が発生しました。原因はレガリア付近にあった海洋掘削装置:ドリルシップがレガリアに激突し、火災が発生したためでした。

海上保安庁は救助命令を出し、仙崎や吉岡たちは現場に向かいます。レガリアに取り残された救助者は300人以上で、しかも海上石油プラントの事故は日本で初めてのケースだったため難しい任務でした。そして仙崎チームは設計士の桜木と一緒に事故現場に向かうことに。

荒波の中での救助は予想以上に難しく、救助の途中で爆発がおき吉岡は脱出に成功しますが、仙崎は現場に取り残されてしまいました。現場に取り残されたのは仙崎、レガリアの常駐医、作業員2名、設計士の桜井、そして新人潜水士の服部でした。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=E_QVya26CeY

仙崎は新人潜水士と組むことに

設計士の桜井はレガリアはそう簡単に沈まないと自信満々に説明しますが、衝突した掘削装置がまだ動いていたため避難していた仙崎達の部屋まで大量のオイルと泥が今にも流れてきそうな状態でした。そして桜井は掘削装置をスリープモードにして食い止めるよう仙崎に伝えます。そして仙崎は新人潜水士の服部とバディを組むことにします。

仙崎と服部は掘削機へ向かいますが荒波で歩くことも困難な状態の上、大量の泥とオイルが噴射していてなかなか進めません。服部は恐怖のあまり逃げ出してしまいます。その後なんとか止めることができた仙崎はみんなの元へ戻り、服部を責めることなく自分の経験や仕事への思いを服部に向けて話します。

潜水士になって2年目の服部は、前職を辞め親を納得させるために潜水士になったので好きで潜水士になったわけではない、そしてこれまで困難にぶち当たったときはいつも逃げてきたと仙崎に告白します。救助を待つ仙崎たちはレガリアで待つことにします。

しかしレガリアの損傷は予想以上に大きく、さらに天候も悪化し少し離れた場所で待機していた吉岡と無線連絡もできなくなり、仙崎たちを乗せたレガリアは完全に孤立してしまいました。

人命か国益か?

台風が過ぎないと救助ができない状況を仙崎が残された常駐医や乗組員に説明しますが納得してもらえず、しかも設計士の桜井はレガリアは1500億円もかけた国家プロジェクトのため人命救助よりもレガリアを残すことを優先すべきと発言し、口論が始まります。

そんな時大きな破裂音と共に火災が発生します。仙崎たちは逃げ続け、何とか外へ逃げることができました。そして無線も繋がり仙崎たちの無事も海上保安庁の本部へ伝えられますが、まだ強風のためあと1時間は救助へ向かえないと説明されます。そうしている間にガスタンクの下には火が迫ってきている状態、これ以上待てないと判断した仙崎と本部にいた救難課長の下川は船を沈めることを考えます。

しかし国の役人たちはたった5人の人命のために国家プロジェクトのレガリアを沈めるわけにはいかないと言い猛反対。下川は内閣参事官の吉森を説得し、レガリアを沈めるよう仙崎に指示します。下川は地下のバルブを開放し海水を入れて沈めるよう仙崎に説明し、仙崎は服部を任務の重要性を話し、服部は仙崎と一緒に目的地へと向かいます。

仙崎たちの運命はいかに?

バルブの開放は成功し逃げる途中、仙崎が足を骨折してしまいます。服部はなんとか仙崎を連れて避難しようとしますが、レガリアは既に沈みかけていて絶体絶命の危機。仙崎は自分を残して乗組員を誘導し一緒に逃げるように言いますが服部は仙崎を一人残すことに反対します。しかし仙崎は人命救助が最優先という事を服部に説明し、服部は躊躇しながらも乗組員たちと逃げることに成功します。

その直後レガリアは海に沈み、服部は地上の海猿たちに仙崎が残された場所を伝え吉岡をはじめ、大勢の海猿たちと一緒に救助へ向かいました。なんと仙崎は近くにあったボンベのおかげで奇跡的に生きており無事救助に成功しみんなで歓喜します。その後地上へと戻ってきた仙崎は迎えに来ていた環奈と息子に会い、笑顔で再会することができました。

THE LAST MESSAGE 海猿の作品情報

THE LAST MESSAGE 海猿のジャケット写真
レンタル開始日
2011/04/06
監督
羽住英一郎
キャスト
伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太
上映時間
129分
GEOで購入!
THE LAST MESSAGE 海猿のユーザ評価

評価数:1933件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 基本的にあまり邦画は見ませんが、これはその中でも本当に見て良かったと思える作品(シリーズ)。やっぱり音楽と映像がハリウッド上位級なのと、主要キャスト陣の演技が並外れてる。ちょっと現実的じゃない展開も少しはあるけど、細かいところは気にし過ぎずに観ると、本当にストレートに感動します。鳥肌ものです。
  • ビジュアル・サウンド・ストーリーと全てにおいて最高であり最強。素晴らしい作品。始まりから終わりまで全く飽きさせず、必ずあなたを満足させるであろう作品である。
  • スケールがでかい!なのに、登場人物が少ない!いつもと同様ハラハラドキドキですが、今回は加藤あいちゃんがいっぱい出てたのでもしかして・・と嫌な予感がしたりして・・。でも最後は良かった☆ヨカッタ☆

おすすめの関連作品

2010年に公開された「THE LAST MESSAGE 海猿」は当初完結編として公開されましたが、ファンの熱望もあってか2012年に続編として「BRAVE HEARTS 海猿」が公開されました。ストーリーは海上保安庁の中でもトップクラスと言われる特殊救難隊に配属された仙崎と吉岡たちは、飛行中のジャンボジェット旅客機が東京湾に着水するという事故現場へと向かい、救助活動のタイムリミットが15分という極めて困難な救助活動をバディの吉岡と共に立ち向かいます。今作品は吉岡の恋愛シーンや仙崎自身も二児の父になるという新しいストーリーが登場してきます。スケールもどんどん大きくなり見応えある作品で男の友情や、時に笑いどころのシーンもありおすすめの作品となっています。

BRAVE HEARTS 海猿の作品情報

BRAVE HEARTS 海猿のジャケット写真
レンタル開始日
2013/01/18
監督
羽住英一郎
キャスト
伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太
上映時間
116分
GEOで購入!
BRAVE HEARTS 海猿のユーザ評価

評価数:13910件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 「海猿」の映画とドラマを拝見して海上保安官や潜水士の存在を初めて知りました。長きに渡り、海猿の大ファンでしたがこれで最期かと思うととても悲しいの一言に尽きました。最期にふさわしい内容になっているのではないかなと思いました。期待を裏切らない作品です!
  • 助けられない人間は例え生きていても助けない。助けられる人を優先しより多くの人間を救う。なぜなら、救助隊員が巻き込まれ死んでしまっては誰も助けられないから。それが海猿の鉄則。 自分の命をかけて目の前で助けを求める人を救い出す、仙崎大輔がめちゃくちゃかっこいい。
  • 海猿もついにこの作品がラストでしたが、かなり良かったです!仲里依紗が普通の役で終わるとは思ってなかったので、やはり少しハラハラさせてもらって安心しました(笑)。佐藤さんは、さすがに今回はダメだ…と思いましたが本当に良かったです。笑いあり、涙ありの海猿は本当に最高です!

参考URL
・youtube.com