『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の監督:ライアン・ジョンソンは、新しい3部作は、今のスター・ウォーズとは関連性を全く持たないだろうとコメントしている。

ライアン・ジョンソンはお世辞にもJJエイブラムス程の実績を持ち合わせていたわけではない。

ただ、彼がスター・ウォーズの一連のプロジェクトを上手くやりとげてきたことは間違いないだろう。そして、その功績が新3部作の監督に繋がったのも間違いない。

『フォースの覚醒』に始まる3部作は、過去のストーリーの延長線上にあることもあり、コアなスター・ウォーズファンにとっては、ちょっと物足りないと感じたところもあったのではないだろうか。

もっとドラスティックにオリジナリティを目指した作品を期待しているファンも、相当数いることだろう。

間もなく公開となる『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』にも、挑戦的な展開を盛り込んでいるはずだ。これがファンに受け入れられるかどうか――それを見極めて、スタジオはライアン・ジョンソンの独創的な新スター・ウォーズ3部作に最終的なGOサインを出すことになるだろう。

詳しくはscreenrantもどうぞ!

参考URL
・https://screenrant.com/star-wars-trilogy-rian-johnson-episode-10/