JKローリングの書き下ろしで全5部作を予定している『ファンタスティック・ビースト』の第2作『黒い魔法使いの誕生』の撮影が終わったようだ。

1作目は1926年のニューヨークを舞台にニュートと彼の冒険を描いたものだった。また、グリンデルバルド(ヴォルデモート)の誕生を描いたものでもある。

第2作の舞台はパリで、キーマンの1人であるアルバス・ランブルドア(ジュード・ロウが演じる)も登場する。

グリンデルバルドにジョニー・デップを抜擢したことについては、批判的な声も幾つか上がっているが、ローリングと監督デビッドイエーツは今回のチョイスを支持する立場を示している。

今回の撮影完了にあわせて、twitterでショートムービーが公開されたので紹介しておこう。

詳しくはcolliderもどうぞ!

参考URL
・http://collider.com/fantastic-beasts-2-filming-wraps-video/#synopsis