「アメリカン・ホラー・ストーリー」のサラ・ポールソンは、DCのヴィラン:Cheetah(チータ)を演じることに興味津々のようだ。

今回、とあるファンがパティ・ジェンキンス宛に「ワンダーウーマンの続編にチータを出すなら、サラ・ポールソンか社リーズ・セロンがパーフェクトだよ!」とツィートしたところ、サラ・ポールソンが「是非とも!」と回答した。

暗い光が落ちがちなDCに華々しくダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)をスクリーンに呼び込んだパティ・ジェンキンス監督。『ワンダーウーマン2』でもガル・ガドットとタッグを組んで、前作以上の成功を見込みたい意気込みだろう。

コミックのワンダーウーマンのヴィランの歴史を遡ると、多くの人はワンダー・ウーマン2で“Cheetah(チータ)”が出てくることを望んでいることだろう。

『ワンダーウーマン2』の舞台が現代に置かれていることを考えると、ヴィランとしてチータが出てきてもなんらおかしなところは無い。

ジェンキンス監督は、神をテーマとした作品作りにこだわっている可能性ももちろんあるわけだが、ファンとしてはチータの方がずっと“慣れ親しんだ”キャラクターであるはずだ。

詳しくはscreenrantもどうぞ!

参考URL
・https://screenrant.com/wonder-woman-2-cheetah-sarah-paulson/