Comicbookによると、ルーカスフィルムのエグゼクティブが今後のスターウォーズプロジェクトについて気になる情報を漏らしたようだ。

Youtubeに公開された「Star Wars: The Last Jedi Secrets Explained」――そこで、ミレニアムファルコンのコックピットにあるゴールドのダイスついて議論が及んだ。「フォースの覚醒で持ち込まれたはずのダイスだけど、最終的にそのショットは変えられた」と語っている。

当初、JJエイブラムスはハン・ソロがダイスをファルコンに持ち込んでコックピットにかけるシーンを撮った。そして、ライアンジョンソンも『最後のジェダイ』に、ダイスのシーンを盛り込んだ。

しかし、『フォースの覚醒』では最終的にダイスのシーンを取り除いたため、『最後のジェダイ』はエピソード4に近いカタチに落ち着いたようだ。

コアなスター・ウォーズファンは、オリジナルのフィルムにもミレニアムファルコンのコックピットにダイスがかかっていることは知っているだろう。

2018年5月に公開となる『ハン・ソロ:スターウォーズ・ストーリー』では、ゴールドのダイスが出てくるのではないだろうか。そして、このダイスの裏にあるエピソードも明らかになるだろう。

詳しくはcomicbook.comもどうぞ!

参考URL
・http://comicbook.com/starwars/2018/01/11/star-wars-the-last-jedi-gold-dice-han-solo-easter-egg/