どうやら『スパイダーマン:ホームカミング2』の撮影が予定よりも早まりそうだ。撮影は2018年の5月にスタートし、ロケーションの幾つかは決まっているとの情報がTHSから入った。 撮影場所はイギリスかドイツになるだろうとのことだ。

Chillin all weekend finally ?

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 –



快進撃を続けるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)だが、今後も公開スピードを緩める気配は見られない。

2018年には3本の作品を公開(『ブラックパンサー』『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』)、2019年は『キャプテン・マーベル』を皮切りに、複数の映画公開を計画している。『アベンジャーズ4』も2019年以降解する予定だ。

タイトルが未定の『スパイダーマン:ホームカミング2』は、『アベンジャーズ4』の後に公開となり、MCUのフェーズ4のキックオフ作品となる。

ケヴィン・ファイギが語るに、アベンジャーズ4で一区切りを迎えるMCU。アベンジャーズのメンバーも変わると予想されるが、スパイダーマンは入ってくるのはほぼ間違いないだろう。フェーズ4の『トニー・スターク』的なポジションで活躍するのか?ご近所さんを助けつつも、世界を救う活躍が期待される。

前作『スパイダーマン:ホームカミング』は、MCUのストーリーラインを維持しつつもスケールは小さめの作品だった。

ご近所さんの脅威に対応する程度の舞台だっただろう(作中でピーター・パーカーも認めている)。だが、『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ4』でスパイダーマンは、今までに出会ったことのない超巨大なヴィランと退治する経験を得るだろう。

数段グレードアップしたスパイダーマンは、ホームカミングで退治した敵を一網打尽にすることは容易い強さになっているだろう。となると、さらに強いヴィランが出てくるはずだ。もしかすると、X-MENやファンタスティック・フォーの世界とクロスし、彼らの世界のヴィランが登場するかもしれない。

詳しくはscreenrantもどうぞ!

参考URL
・https://screenrant.com/spider-man-homecoming-2-filming-start-locations/