『ジョン・ウィック3』の監督が、撮影開始日とキャストについて明らかにした。ジョン・ウィックのブラッドな世界観がさらに広がることはファンにとっては願ったりであるに違いない。

『ジョン・ウィック2』で、キアヌリーブスが演じるジョン・ウィックは、ターゲットをぶっ壊し、コンチネンタルの約束(コンチネンタルでは殺人を行ってはいけない)を破ったことで、追われる身となってしまった。

一方、コンチネンタルの存在は、それ自身で広がりを持たせることが出来るモニュメントでもある。何せ、暗殺者が集まるところだから、様々なストーリーをそこに集めることは容易なはずだ。事実、コンチネンタルを題材にしたスピンオフ作品がTVシリーズで始まろうとしている。ジョン・ウィックに引けをとらないハイクラスのアサシンたちの暗躍が展開されるに違いない。

The Hashtag Showによると、『ジョン・ウィック3』は引き続きチャド・スタエルスキが監督につく。撮影は3月1日にニューヨークから始まり、スペイン・ロシアへと場所を移す予定だ。また、ローレンス・フィッシュバーンやCassianらも引き続き登場する見込み。ジョン・ウィックの新しい敵キャラは真田広之が演じる予定のようだ。

TVのスピンオフはそのまま映画の世界観を広げることになるだろう。キアヌ・リーブスにとっては、マトリックス以来の大型シリーズになる可能性もある(ジョン・ウィック・ユニバースとでも名づけようか)。
R-指定作品でどこまでストーリーを展開してくれるのか、今から楽しみでならない。

詳しくはscreenrantもどうぞ!

参考URL
・https://screenrant.com/john-wick-3-director-filming-start-returning-cast/