2018年1月の公開作品イメージ

2017年が終わり、いよいよ2018年へ。皆様、新年最初にみる映画は決まりましたか?
今回も期待度が高いと思われる邦画4作品について『一番観てみたい邦画』についてtwitterで投票いただきました。

2018年1月公開の邦画

  • 伊藤くん A to E
  • 嘘を愛する女
  • 祈りの幕が下りる時
  • 悪と仮面のルール

※順不同

どの作品も人気俳優・女優が出演している注目作ですが、さて結果は?!

第4位|得票率7% 祈りの幕が下りる時


阿部寛司主演の「祈りの幕が下りる時」が4位。連続ドラマから始まった東野圭吾原作『新参者』シリーズの完結編。滋賀在住の押谷道子が都内で絞殺される。道子は同級生だった演出家・浅居博美を訪ねようとしていた。

 

第3位|得票率24% 嘘を愛する女


第3位は高橋一生と長澤まさみが出演している「嘘を愛する女」。一流企業に勤める由加利は同棲相手の桔平が倒れたと知らされるが、彼は素性を全て偽っていた。

 

第2位|得票率25% 伊藤くん A to E


イケメン俳優岡田将生が主演の「伊藤くん A to E」が第2位にランクイン。落ち目の脚本家・莉桜は恋愛相談をネタにし新作で再起を図ろうとするが、相談者4人を振り回していたのは莉桜のシナリオスクールに通う伊藤だった。

 

第1位|得票率44% 悪と仮面のルール


1位に輝いたのは玉木宏主演の「悪と仮面のルール」。財閥・久喜家に生まれた文宏が10歳となった。狂気であり、巨悪である文宏の実父は、文宏の出生の秘密を息子に告げる。それは文宏が純粋悪となることだけを望まれて生まれた存在で、さらに「悪」となるための教育として、14歳の誕生日に「お前に地獄を見せる」というものだった。

 

twitterで回答いただいた皆様、ありがとうございました!

調査方法: twitterで投票を行い集計したものです。
有効回答者数: 346件
調査期間: 2017/12/12 ~ 2017/12/15
投票URL: https://twitter.com/geo_kuchico/status/941561556977852417