テレビの世界は益々広がりを見せる中、ディズニーも新たな取り組みを開始する予定だ。それは、オンラインストリーミングサービス。ネットフリックスやアマゾンへの対抗策を打ち出したい考えなのだろう。 そして、そのラインナップが少しずつではあるが判明しつつある。

Deadlineによると、ディズニーは新しいストリーミングサービスについて、クリエイティブコミュニティとコンタクトし始めたとのことだ。立ち上げ当初はR師弟の作品は含まないとし、R指定作品はHuluで提供していく考えとのこと。

ちなみに、ディズニーはHuluにも出資をしており、Foxの持分を買収しようと動いている。これが上手く行けば、自動的にFoxの映画がラインナップに並ぶことになるだろう。

ディズニーのストリーミングサービスは2019年の秋にローンチする予定だ。最初は国内で、その後海外でも提供されていくようになる。

初年度には4-5のオリジナル映画とTVシリーズを提供したい狙いだ。コストは10エピソードで2500万ドル程度を見積もっている――この金額は、ゲームオブスローンズに肩を並べるくらいの予算になる。また、先日スターウォーズのブランチ作品も計画していることが報じられ、スターウォーズファンの心もガッツリ掴んだはずだ。

ローンチまでは1年以上ある。はやくラインナップが知りたくて仕方がない!

詳しくはcolliderもどうぞ!

参考URL
・http://collider.com/disney-streaming-service-details/