ライアン・レイノルズは『デッドプール2』でケーブルを演じるジョシュ・ブローリンの50歳の誕生日を、ウェイド・ウィルソン(デッドプール)スタイルでお祝いしたようだ。

デッドプール2に出演するケーブルは、マーベルの中でもファンが多いキャラクターだ。エゴの強いデッドプールとのタッグがどう展開されるのか心待ちにしている人は多いだろう。

また、コミックのケーブルとジョシュ・ブローリン演じるケーブルの乖離も大きくはなさそうだ。ファンとしては一安心だろう。

今回、デッドプールがキャンパスに描いたのは、若かりし頃のジョシュ・ブローリン。1985年の作品:Gooniesに出演したときのもので、この作品をきっかけにブローリンは「タフガイ」なイメージを焼き付けることに成功した。直近ではMCUの『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』でサノス役も演じている。

Happy Birthday, Bright Eye. You don’t taste a day over 40.

Ryan Reynoldsさん(@vancityreynolds)がシェアした投稿 –

詳しくはscreenrantもどうぞ!

参考URL
・https://screenrant.com/ryan-reynolds-deadpool-josh-brolin-cable-birthday/