『ブラックパンサー』でいよいよワカンダ国の世界が明らかになる――ファンにとっては早くワカンダ国の世界を見たい気持ちが強いだろう。だが、もうひとつ望んでいるものがあるはずだ。それはアイアンマンの最新アーマーだ。

インフィニティ・ウォーで最新スーツが出てくるのは間違いないだろうが、ブラックパンサーでその布石を投じてくるのではないだろうか。

トニー・スタークが開発するアーマーは、私たちが触れている科学技術では生み出すことは出来ないものだ。そして、ワカンダ国もまた、とんでもなくテクノロジーが発達した国である。ワカンダ国のテクノロジーが、アイアンマンスーツにも応用されると考えるのは、MCUの流れを考えると自然だろう。

ただ、ワカンダ国の人々は、肉体能力において人間を超えているのかもしれない。その片鱗は『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』で、チャラが国王である父親を守ろうとした時にみせた、超人的な動きがまさにそれだ。

ワカンダ国のテクノロジーがアイアンマンのスーツにどのような付加価値を与えるのか。楽しみに待とう!

詳しくはscreenrantもどうぞ!

参考URL
・https://omegaunderground.com/2018/02/20/wbs-joker-standalone-movie-might-begin-filming-may/