『ジャスティス・リーグ』が不振に終わったDCだが、2016年に公開した『ワンダーウーマン』は大ヒットを記録した。1.49億ドルの予算に対して、8.22億ドルの興行収入をたたき出したのだから、DCにとってはホクホクの作品だったに違いない。もちろん、すぐに続編の制作に取り掛かることが発表された。

続編『ワンダーウーマン2』には、遂にファン待望のチーターが登場するだろう。ガル・ガドット演じるワンダーウーマンに肩を並べるヴィランを揃える必要があるのは間違いない。チーターは最有力候補のはずだ。

チーター役についてはまだ誰が演じるのかは確定していないが、スタジオはオスカー女優のエマ・ストーンにラブコールを送っているような噂も出ている。

目下、ジェフ・ジョーンズとデイヴ・カラーハンが脚本の完成度を高めているところだという。 『ワンダーウーマン2』の公開は2019年11月1日を予定している。

詳しくはomegaundergroundもどうぞ!

参考URL
・https://omegaunderground.com/2018/02/26/cheetah-set-appear-wonder-woman-2-chris-pine-returning-steve-trevor/