『ジュラシックワールド3』にオリジナルのキャストが集結?!トレボロウ監督の願いは叶うか?!

遂にコリン・トレボロウが『ジュラシックワールド3』の撮影に取り掛かる準備ができたようだ。前作『ジュラシックワールド:炎の王国』では、監督をJ.A.バヨナが務めたが、ファンからは厳しい声も多かった。その影響もあってか、シリーズ3作目では再びトレボロウが帰ってくる。

ただ、公開は2021年以降と少し先になる模様。また、撮影に入る前に、シナリオの精査、キャストの調整等まだまだ決めていかなければいけないことが山積みのようだ。とりわけ、オリジナルの『ジュラシックパーク』のキャスト(ローラ・ダーンやジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール)が登場するかについては、ファンも気になっていることだろう。トレボロウも「一緒に仕事ができたらこの上なく嬉しい」と述べているようだ。

ちなみに、『ジュラシックワールド:炎の王国』ではイアン・マルコム博士役でジェフ・ゴールドブラムが出演していることもあり、次はエリー・サトラー博士役でローラ・ダーンが登場するのではと期待されているのも事実。キャストの詳細については今後の情報を待ちたい。

スターウォーズシリーズ新3部作の最終章(エピソード9)の監督を降板したトレボロウなだけに『ジュラシックワールド3』には相当力を入れて取り組んでくれるだろう。完成度にも期待がかかる。

参考URL : https://movieweb.com/jurassic-world-3-franchise-celebration-original-cast-returning/