【スカーレット・ヨハンソンンともお別れ?!】『ブラック・ウィドウ』の舞台は、シビル・ウォーとインフィニティ・ウォーの間!

マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4でお披露目となる『ブラック・ウィドウ』。本作でスカーレット・ヨハンソンはMCUを卒業することになる予定だ。ストーリーは『キャプテンアメリカ:シビルウォー』と『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』の間を舞台としているとのこと。

本作の監督はCate Shortland氏、脚本はJac Schaeffer氏がそれぞれ担う。これまでのMCUの単体作品とは異なり、『ブラック・ウィドウ』はナターシャのオリジン(起源)を描くのではなく、直近のストーリーを描くタイトルとなっている。

キャストについてもいくらか明らかになっている――ブラック・ウィドウ演じるスカーレット・ヨハンソンの他、ナターシャとは異なる“ブラック・ウィドウ”をフローレンス・ピューが、謎多き女性アイアン・メイデンをレイチェル・ワイズが演じる。

オリジナルとは大きく異なると想定されるストーリーがどのように仕上がっているのか、楽しみだ。続報をまとう。

参考URL : https://screenrant.com/black-widow-movie-cast-character-guide-comic-comparison/