俳優のライアン・レイノルズ、『名探偵ピカチュウ』の実現を望んだ理由は?!

ライアン・レイノルズは『デッドプール』を映画化すべく数年にわたって活動を行ったのは、映画ファンならよくご存じのことだろう。そして『名探偵ピカチュウ』もまた、レイノルズは映画化したいと思っていたタイトルだ――今度は子どもたちも観られる映画として。



ライアン・レイノルズのタイトルを振り返ると、そのほとんどはR指定がかかっている。だが、『名探偵ピカチュウ』はR指定がない――つまり、レイノルズは子どもたちと一緒に映画を楽しむことができるということだ。

全世界で愛されてきたポケモンなだけに、R指定のタイトルでも受け入れられただろうが、これまでのゲームやアニメの特色を考慮し、だれしもが楽しむことができる映画に仕上げたようだ。

『名探偵ピカチュウ』はゲームが原作の映画として大成功を収めた。今後は続編の制作や他のポケモンを主役にしたスピンオフの制作も進むかもしれない――ポケモンファンの一人としては、忍者ゲッコウガの活躍をみてみたいところだ。

参考URL : https://www.cinemablend.com/news/2477818/why-ryan-reynolds-wanted-to-make-detective-pikachu